Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.01.23

恨み・怒りは「持つだけ無駄」と言える納得の理由 |不満をぶちまけるのは「一種の快感」だが…

衣食住には困らず、娯楽もあふれている現代の世の中で、なぜかいつも心が満たされない。まじめに頑張っているのに、なぜかうまくいかない。なんだか疲れるばかりで、前に進めない……。そう感じているなら、まずは、自分自身を解放するために“ネガティブな感情”を手放すべきだというのは、アップル、グーグルほか名だたる企業のコンサルティングを行うグレッグ・マキューン氏です。「不足思考」から「充足思考」へと変えるべき理由や心のあり方についてお伝えします。 ※本稿は『エフォートレス思考』より一部抜粋・再編集してお届けします。

Tags:

フランス文学でも描写される「不足思考」

恨み怒り無駄ネガティブ嗜好ポジティブ思考

(C)Shutterstock.com

フランスの作家モーパッサンの作品に「紐(ひも)」という短編がある。

まじめな実業家がひょんなことから、無実の罪を着せられる。道ばたで紐を拾っただけなのに、誰かの財布を盗んだという噂が立ってしまったのだ。なんとか無実を証明しようとしたが、噂はとどまるところを知らず、誰もが彼を泥棒だと信じ込んでしまう。町中の人が彼から距離を置き、村八分の状態になる。

放っておけば、そのうちみんな忘れたかもしれない。噂が立つのは仕方のないことだし、気にせずいつもどおりに過ごしていれば、人々も普通に接してくれるようになったかもしれない。

だが、彼はあきらめられなかった。意地でも真実を認めさせようと奮闘し、誰にも聞き入れられないせいで心身を病んでしまった。体はどんどん衰弱するが、彼はどうしても町の人が許せない。

死ぬ直前まで「紐だ。ただの紐だ」と、うわ言のようにつぶやいていた。

1 2 3 4 5
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事