Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2022.03.17

甘塩っぱくて無限に食べられる!究極のクロワッサン PAULの「クロワッサン・ショコ」

「PAUL」といえば、パン好き御用達の〝超″有名店ですが、ひとくち食べるだけで顔がほころぶ、ハズレなしの名品を紹介します。

Text:
川口ゆかり
Tags:

あのPAULで買うべきなのはコレ!

PAULの看板メニューといえば、フランスから直輸入された生地でできた「クロワッサン」ですが、実はそれだけ、じゃないんです。隠れた名品と呼ばれているのが「クロワッサン・ショコ」(約300円)。その名の通り、「クロワッサン」をチョコレートでコーティングしたひと品です。

甘い塩っぱいの無限ループ。パン好きは絶対に食べて欲しい!!!

PAUL クロワッサン・ショコ

リッチな発酵バターがたっぷりと入ったPAULの「クロワッサン」は他店と比べると若干、大きめなのが特徴。そこにビターなチョコレートが気持ち程度かかっているのではなく、これでもか!とかかっていて、もう眼福。

後ろまでチョコが攻め込んできてる、この感じ最高!

PAUL クロワッサン・ショコ

ひとくち食べるとまず、チョコレートの甘さが。少し遅れてパン生地に含まれた塩気がやってきて、口の中がおいしいで大渋滞。これ、永遠に食べれる。完全に沼ですよ、沼。

PAUL クロワッサン・ショコ

わが家では普通のクロワッサンも人気ですが、時間がある休日にゆっくりと味わって食べる、特別なパンに認定されています。ちなみに買ったその日に食べるとサクサク、翌日の朝食べるとしっとりとした食感に変わります。ぜひお試しを。

こちらもオススメ

【コメダ珈琲の人気メニュー】シロノワールのライバル、クロネージェって?
ときめきが止まらない!〝ケイタマルヤマ〟のクッキー缶に第二弾が登場

 

画像ALT

エディター

川口ゆかり

女性誌やWeb広告でエディターとして活躍するかたわら、JSIA飾り巻き寿司1級インストラクター資格を取得。2016年夏より、東京・青山で料理教室『おもてなしごはん東京』をスタート。不定期に飾り巻き寿司レッスンを開催しながら、ファッション誌のフードスタイリングや企業のレシピ開発なども行う。プライベートでは2児の母。おしゃれ業界人がたびたび登場する本人のインスタグラムも話題

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事