Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEエンタメ

2022.05.05

【佐々木 希さん】のワンマイルウェアブランド『iNtimité』が5周年「私自身の楽しておしゃれしたい気持ちを詰め込んだ」Specialインタビュー

Domaniのミューズ・佐々木希さんSpecialインタビュー。プロデュースするブランド『iNtimité』が5周年を迎えた今の心境をうかがいました。

Tags:

佐々木 希さんSpecialインタビュー!プロデュースするブランド『iNtimité』が5周年を迎えて思うこと

現在発売中のOggi5月号・美的6月号 別冊付録 Domani春号にてDomaniのミューズとしてカバーを飾っている佐々木 希さん。プロデュースするワンマイルウェアブランド『iNtimité』がデビューから5周年を迎えて、ますますパワーアップ。佐々木さんが今、思うことやこの先の展望についてじっくりお話をうかがいました。

佐々木希インタビュー

――佐々木さんのプロデュースされているブランド・『iNtimité』が5周年を迎えたということでおめでとうございます。着心地のよさや日本製など、佐々木さんのこだわりが詰まったワンマイルウェアに定評がありますが、改めて5年前、どんな思いでブランドを立ち上げましたか?

ありがとうございます。仕事柄、若い頃からたくさんお洋服を着る機会があり、“ここがこうだったらいいのにな”とか、“このデザインでチクチクしなければよかったのにな”と、いろんな思いを募らせていたんです。たとえば、かわいいと思った服でも肌触りがチクチクしたり、少しでも違和感を感じたりすると、一日中気になってストレスを感じてしまうことってありますよね。

若いときは着心地よりも見た目重視なところがあったのですが、年齢を重ねていくうちに考え方も変わってきて。そんなときに、『お洋服づくりをしませんか?』というお話をいただきました。日本製の着心地のよさや、縫製の細かさにすごく感動していたので、そこを突き詰めたい!という思いで、5年前ワンマイルウェアブランド『iNtimité』を立ち上げました。

――5周年を迎えた今、ブランドの立ち上げの頃と比べて心境に変化はありますか?

この5年間、少しずつ経験も増えていって本当に勉強になりました。いまだに勉強することだらけですが、私なりに少しずつ進化していっているかなと思います。原点に何度も立ち返って、『ワンマイルウェアとはなんだろう?』をじっくり考えてきました。日々柔軟な考えを持って、こだわるところはちゃんと突き詰めていくぞ、という心づもりでやってきた5年間でした。

心境や環境の変化、そして世の中が求めるものと自分が着たいもののバランスを取りながら、ラインナップも変化してきました。たとえば、ふわふわしたワンピースが多かったのが、生活スタイルの変化に合わせてパンツスタイルが増えた、という風に。

そんな中、ずっと変わらないのは日本製へのこだわり。細かい部分の仕上がりを見た時に日本製のものは縫製のきれいさが違うんです。素材も上質なので、とにかく持ちがいい。ブランド立ち上げ当初に購入してくださった方から『今も使ってるよ。全然へこたれないね!』とか『洗濯しても全然平気だね』と言ってもらうことがあるんです。もちろん、私自身もいまだに着ているものもありますし、リピーターになってくださる方が多いのはうれしいですね。これからも期待を裏切らないものづくりをしたいです。

佐々木希インタビュー

――そのほかには、どんなこだわりがありますか?

最近はUVケア、接触冷感、撥水加工など、機能性がある素材も取り入れるようにしています。せっかく同じような生地で、値段もあまり変わらずに作れるなら機能性がある方がいい。私自身、子供と公園に行く時は日傘なんて差していられないですから服でカバーできたらいいなと。

『iNtimité』でも過去にUVケアの羽織りを作りましたが、なるべく撥水や速乾の機能も付いているほうがいいですし、帽子でもUVケアができたほうがいい。なので、最近では生地選びの段階から機能面をすごく気にするようになりました。以前はシワにならないよう、ねじってシワの具合をチェックしていたのですが、今はさらに一歩踏み込んで、機能面や素材選びへのこだわりも細かくなってきていますね。いろいろ経験させていただいて、やっとその先の違うものを、という段階にきたと感じています。

“シワができにくいのはあたりまえ”にしたいと思っていますが、綿やリネンを使うとどうしてもシワになってしまう。素材の特性上、仕方ないことではあるのですが、その中でもシワになりにくいようにはどうしたら…など、とにかく考え抜いています!

佐々木希インタビュー

――今日着ているワンピースもシワにならなそうですね。

はい!ダブルガーゼなのでシワになりにくい上に、洗濯機で洗えて、赤ちゃんにも優しいです。夏は暑いですし、洗濯物が増えるのもいやなので、なるべくインナーを着たくないですよね。ダブルガーゼなら下着が透けないし、デザインが効いていて一枚でキマるので、さらりと着られる。ラクチンなのがいいですよね!夏の汗をかく時期に、クリーニングに出さずに家の洗濯機で気軽に洗えるのは大切なポイントだと思います。

――アニバーサリーブック『iNtimité ANNIANNIVERSARY BOOK』が5/2(月)に発売、『iNtimité POP UP STORE at ISETAN SHINJYUKU』が5/4(水)〜5/10(火)に開催、とニュースが目白押しですが、今季注目してほしいアイテムはありますか?

今回はデニムのアイテムを多く揃えているので、注目してほしいです。デニムのワンピースやウエストがゴムになっているデニムパンツなど、すごくかわいいものが出来上がりました。
機能素材のワンピースや、日本で数台しかない機械で編まれたレースを使用したボーダーのワンピースなど、大切に作られたものが多いです。アイテム一つ一つ語りたいくらいストーリーがあります。

佐々木希インタビュー

――アイウェアブランド『EYEVAN』との初コラボレーション『iNtimité by EYEVAN』(5/4(水)〜先行受注)が発表されて話題ですが、コラボレーションのきっかけやこだわりポイントを教えてください。

今回コラボレーションが出来てすごくうれしいです。『EYEVAN』さんはもともと、お店に行くと気になるものがたくさんあり、大好きなブランドです。日本製で本当に繊細な作りが多くてデザインもかわいいですし、何よりずっとつけていても疲れない。耳が痛くなったり、かけているうちに下がってくることもなく、しかもお店に行ったらすぐ直してくれます!今回、『EYEVAN』さんからお話をいただいて、目指す先や考え方が一緒だったので、是非ご一緒させていただきたいなと思って受けました。

“大人の抜け”というのをテーマにしました。カチカチで堅すぎる印象のメガネではなく、カチカチしていてもどこかに女性らしさや抜けを作って…など、どこかにこだわりポイントを入れ、シーンやファッションに合わせて選べる7型のバリエーションを。カラーもこだわって全型5色以上作りました。特に気に入っているのが、乳白色っぽいカラーリングのフレーム。つけると肌色がワントーン上がって透明感が出るんです。

他にも、シンプルな黒や茶色のタイプでも、ちょっとジュエリーっぽく見えるように金属部分にハンマー打ちを施して横から見るとキラッとゴールドが映えるなど、“自分自身の気分が上がる“さりげないこだわりを詰め込みました。もはや自己満足な部分もありますが(笑)、繊細なおしゃれを大切にしたくて。丸い金具にして柔らかさを出したり、いぶし系のゴールドを使ってアンティーク調にしてみたり、メガネにもいろんな作りがあると今回すごく勉強になりました。

Tシャツ×デニムにワンポイントでかけると一気にオシャレ度が高まるものもあるし、ワンピース系に合うものもあります。豊富なパターンで作ったので、きっと自分にぴったりなものを見つけていただけると思うので、ぜひお手に取っていただきたいです。

佐々木希インタビュー

――女優として、iNtimitéプロデューサーとして、母親としてと、すごくお忙しい日々だと思いますが、子育てと仕事の両立はどうやっていますか?

両立、確かに大変なこともありますよね。子供とも全力で向き合いたいし、仕事も頑張りたい。でも実際は、どっちも全力で、というのは難しいところ。だから私は、仕事と休みをきっちり分けて、思考を切り替えることを意識しています。子供と一緒に過ごす時間をちゃんと作って、仕事する時間は集中して働く。周りのサポートも本当にありがたく、おかげさまで頑張れています。

ちゃんと力を抜くところは抜かないとですよね。正直、洗濯とかも面倒だな…と思います。アイロンをかける時間があったら、子供と一緒にいたいと思っちゃう。ですから、シワができにくい素材選びをする『iNtimité』は、そもそも私が楽したい気持ちが詰まったブランドでもあるかもしれません(笑)。

――働くママたちみんなが願っていることが叶いますね。

楽に過ごすことができるけれど、おしゃれに見せたい。そういう気持ち、暮らしに寄り添った洋服作りをしていきたいです。働くお母さんにも、ぜひ着ていただきたいです。

佐々木希インタビュー

――40代に向けての目標や展望はありますか?

40代…どうなるんでしょう?生活の基本は子供なので、子供が小学生に入る頃には入学式や授業参観に使えるようなスーツとか作っていたりして…(笑)まだ先のことは全く想像つきませんが、仕事も子育ても楽しみながらやりたいなと思います。

――もうすぐ運動会シーズンですが、Domani読者の皆さんからも「運動会に着ていく服のカジュアル加減に悩む」といった学校行事の服に関するお悩みが届きます。とても需要がありそうですね。

Domani読者の皆さんはワンランク上のおしゃれを楽しむ方が多い印象です。学校行事って確かに難しそうで、私も悩む時が来るのでしょうか。そういうお洋服は色々出ていると思いますが、どこかにおしゃれなポイントが一つ入っていたら素敵だなと思います。運動会の服とは、良い情報をいただきました!また一つ課題ができました(笑)。私自身の生活も変化していくので、洋服もどんどん進化させたいですね。

――世の働く女性、子育てをしている女性にはとても心強いと思います。

「この服、本当に使いやすい」と言ってもらえると、本当に幸せな気持ちになるので、またそう言っていただけるように頑張りたいと思います!

佐々木希インタビュー

――毎日頑張っている働くママに向けて、メッセージをお願いします。

色々やらなくちゃいけないことに追われる日々、本当に毎日お疲れ様です。働きながら子育てって大変だけど、少しでも気持ちに余裕を持つことが子育ても仕事も楽しむことにつながると思うので、そんなママたちが楽してハッピーになれるお洋服作りができたらいいなと思っています。20代は突っ走って、30代、40代は自分が喜ぶことを自分自身でしてあげて、自分を労って…また明日から頑張ろうという気持ちになれたらいいですよね!私自身も頑張ります!

――ちなみに「自分が喜ぶこと」とは、佐々木さんにとってどんなことですか?

お洋服作りもそうですし、あとは編み物の時間かな。仕事が集中する時期ほど、家では子供が寝たあと、ちょっとお酒を飲みながら編み物をするのが最高のリラックス(笑)。編み物 × ナチュラルワインが「自分のための」大切な時間ですね。

5周年アニバーサリーブック
『iNtimité ANNIANNIVERSARY BOOK』
【発売日】5/2(月)
【販売価格】2915円(税込)

人気アイウェアブランド『EYEVAN』との初コラボレーション
『iNtimité by EYEVAN』
【発売日】5月4日(水)より先行受注。5月中旬〜下旬より一般販売予定。(iNtimiteHP含む)
【先行販売店舗】
◆iNtimité POP UP STORE(新宿伊勢丹)
◆Ms. SeeP EYEVAN NEWoMan 新宿
◆SeeP EYEVAN NEWoMan 横浜

2022年春夏ポップアップストア開催!
『iNtimité POP UP STORE at ISETAN SHINJYUKU』
【期間】5/4(水)〜5/10(火)
【場所】伊勢丹新宿店 本館2F イーストパーク プロモーションスペース
※期間中、15,000円(税抜)以上お買い上げの方にノベルティとしてオリジナルバッグをプレゼント。ノベルティはなくなり次第終了です。

iNtimité公式サイト

撮影/杉江拓哉(TRON) 構成/佐々木怜菜

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事