Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE夫婦・家族関係

2022.05.29

15歳年上の夫が投資で失敗…離婚したい40代妻の“人には言えない苦悩”

投資によって大きな資産を失ってしまう人も珍しくありません。夫が妻に内緒で投資をし失敗をした結果として、夫婦関係に修復しがたい亀裂が走ったという女性のエピソードをご紹介します。

Tags:

経済的に恵まれた夫と結婚。しかし結婚10年目にして地獄が…

有美さん(仮名)は、30代半ばで15歳年上の夫と結婚。結婚をした当時、夫は投資に成功しており経済的に恵まれていたことも、結婚を決めた理由のひとつだったと有美さんは話します。

「お金目当てだったわけではないけれど、15歳の年齢差があるので介護問題なども、同世代との結婚よりも近い将来の話になるだろうと悩みました。介護となると綺麗事だけではないので、夫に資産があることは、介護をしていくであろう私としては結婚を決めるにあたって重要だったのは確かです」

結婚10年目を迎えるまでは夫の投資も順調で、経済的にも不自由ない暮らしができていたという有美さん。有美さん自身もフルタイムで仕事をしていたこともあって「ウチは経済的には恵まれている」と考えていたと言います。ところが…。

妻に話していなかった投資が発覚。しかも大失敗をし大きな負債が…

結婚10年目を迎えて少し経ったときに、夫が妻に話していなかった投資話に手を出し、大きな負債を抱えてしまったとのこと。資産を失っただけでなく負債まで抱える事態へと発展してしまったそう…。

「知り合いの年下男性に騙される形で、資産を失ったと聞きました。もう驚くやら情けないやらで、夫にはかなり怒りました。だけど、怒ってもお金は戻ってこないし負債まで抱えて、これから先、どうするの!?という不安のほうが大きくなりました」

夫の年齢を考え、子作りを避けてきたという有美さん夫婦。子どもがいないこともあって、有美さんは今「離婚をしたほうがいいんじゃないか」という考えに傾いているそうです。

離婚したい。だけど“冷たい女”にはなりたくない

「このまま夫と一緒にいても苦労するのは目に見ています。だけど、お金を失ったことを理由に離婚をするなんて、自分のことを“冷たい女”のような気がして踏み出せずにいます。現実問題としては夫が抱えた負債は多額なので、ちょっとやそっとで払える額でもありません。私に夫を支えていく覚悟があればいいのですが、お恥ずかしながらその自信もありません。妻に内緒で胡散臭い投資話に手を出し、全てを失った夫でも、見捨てるのはやっぱり冷たいですよね?

本心ではそうしたいのですが、周りから冷たい女性だと見られるのも嫌なのと、離婚後に自分の冷たさを後悔する日が来るかもしれないとも思って、決断できずにいます。正直、夫への愛情はすでにないのでとても苦しいです」

結婚も離婚も、人生を大きく変える決断です。本心では「離婚したい」と考えていても、社会的なさまざまな事情によって踏みとどまっている人もいるのが現実でしょう。しかし、どんな選択をしようとも自分の人生に責任を持てるのは自分だけなのも、また現実です。

他人からの評価を気にして、自分の心に嘘をつき続けてしまえば、それも後悔を招く要因になりかねません。どんな決断にせよ、自分の気持ちに正直でいることが、結果的にベターな選択となるのではないでしょうか。

取材・文/並木まき

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事