Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE シングルマザー・再婚

2023.11.13

先輩ママの言葉に涙。中受に後向きな私にかけてくれた言葉とは【39歳、子連れ再婚の365日vol.32】

 

ずっと感じていた中受への後ろ向きな気持ちがついに解決へ!【毎週月曜日19時更新】

登場人物
あん(私)…メーカー勤務のシングルマザー。8年前に離婚し、実家に出戻り。39歳。
…生意気盛りの小学生。11歳。
臣斗くん…あんの会社の後輩・海斗くんの大学の同級生で再婚相手。34歳。
結衣…蓮の彼女。4年生からS塾に通い中受予定。
お母様…臣斗の母。英語教師で蓮の中学受験を強力プッシュ。

【前回までの話】
シングルマザー歴8年を経て、事実婚という形で再婚に踏み切ったあん。義母から中学受験を進められるもあんは反対派でいたが、息子・蓮の前向きな気持ちと、夫・臣斗のサポートもあり中受へ臨むことを決意。臣斗と新居の選択を巡って意見の食い違いが見られた頃、あんの母親が癌の手術を受ける。術後の経過が良く、あんは家族3人で初の家族旅行へ行くも臣斗と大げんか。その後、あんは臣斗とのセックスレスに気づいてしまう。また追い討ちをかけるよう疑惑の女性からのメッサージを見てしまうが、臣斗の姉と判明し、セックスレスについても話すことができ、家族として新しい一歩を踏み出した。一方、最後の夏休みと呼ばれる受験生にとっての正念場を過ごした蓮は、原因不明の夜泣きを始めるも理由が分からないまま1週間で止まる。蓮を支える中、あんは吐き気が止まらず妊娠を疑うがストレスによる逆流性食道炎と判明するもそれがきっかけで夫婦間のズレに気づいてしまう。9月に入り日曜日まで塾になる中、連が塾講師に暴言を吐かれていたことを知る。謝罪を受けるも先生への信用は戻らず、あんは中受をさせたことへの後悔が膨らむ。そんな中、母の定期検診で癌の再発を知る。

前回の話▶︎もう限界!!義母のありがた迷惑な電話に大爆発!【39歳、子連れ再婚の365日vol.31】

Season1『シングルマザーの恋愛』はコチラから

中受が抱える闇って、実は親のエゴ!?

こんにちは。小学6年生の息子を連れ、年下の男性と事実婚という形で再婚をしたあおいあんです。

前回は夫・臣斗くんのお母様と、電話で大喧嘩をしたところまでお伝えしました。

義母と喧嘩をしたことで、直前期になっても、中受が本当に必要なのか、いろんなものを犠牲にしているのではないかと後ろ向きな気持ちに再び火がついてしまった私。蓮の彼女・結衣ちゃんのママに話を聞いてもらっても、同じような感情を少なからず持っていて、あまりスッキリした気持ちにはならなかった。

とはいえ、ウジウジしてもいられなく、第3回目の合判テストも控えていた。最近はイライラも少なくなり、毎日夜遅くまで真剣に勉強を頑張っている蓮に、大好きなちょっといいプリンを買いに出かけたところ、後ろから私の名前を呼ぶ声が。

写真

早苗さん!

振り向くと、そこには先輩ママの早苗さん。

写真

早苗さん

何、お買い物?

写真

毎日頑張ってる息子に、大好物のプリンを買いに。勉強を教えられないし、私ができることってこれくらいしかなくて

写真

早苗さん

今の時期、ほぼ家にいないもんね。ひとりの時間が増えて、なんか色々考えちゃってたな。直前期だから母親は焦るんだけど、子供は全くその気配がなくて、のんびりしててね

写真

早苗さんも? 私、大きな声で言えないんだけど、今さら中受に後ろ向きな気持ちが大きくなってきちゃって。この間、義母とも電話でバトったんです…中受のマイナス面ばかりが目についちゃって

写真

早苗さん

あんちゃん、時間ある? ちょっとお茶しない?

私たちは近くのカフェに立ち寄った。

写真

早苗さん

私も去年、初めて子供の中受を伴走したけど、あんちゃんみたいに何度もやめた方がいいんじゃないか、辛いだけなんじゃないか、万が一合格がひとつももらえなかったらどうしようって、毎日考えてたよ

写真

毎日?

写真

早苗さん

うん。学校から帰って来て、疲れているのに塾へ送り出す小さな背中を見たら、涙が出そうになったり、実際、テストの点が悪かった日は夜ひとりで泣いたこともあった。この世に生を受けてまだ11~12年しか経ってないのに、遊びたい気持ちをいっぱい我慢して、眠いのに十分寝させられてなくて、それでも成績が上がらなくて…こんなことする必要あるんだろうかって。親としてこんな毎日を送らせて正解なのだろうか、ってね

コーヒーカップを持ち向き合って会話をする女性2人

目に涙が溜まってきた私を見て、早苗さんがティッシュを無言で渡してくれた。

写真

早苗さん

実はね、うち第一志望に落ちてるの。第二志望も、第三志望も不合格だったの。第一志望に合格すれば、たくさんの我慢も報われると思うけど、流石に熱望校が不合格だと、今まではなんだったのか?って途方に暮れたよね。生まれて初めてこれが”無”なんだなって知ったよ(笑)

早苗さんのお子さんが不合格続きだったとは知らなかった。

写真

早苗さん

でもね、子供は強くって入学するまでは”なんで~””どうして~”ってずっと不合格を受け止められなかったんだけど、合格をいただけた学校に入学した途端、ガラッと人が変わって、楽しそうに通ってるよ。それにね、中受しなかった小学校の同級生は高校受験をすることになるでしょ。その話を周りから聞くらしいんだけど、うちの子は小学生のうちに受験終わらせておいてよかったって思うらしいよ。今思うとね、勉強ばっかりで、我慢させてかわいそうと思う気持ちは、親のエゴだったんじゃないかなって思う

写真

エゴ?

写真

早苗さん

受験しない周りの子と比較するから、遊ぶのを我慢させてるって思ったりするんだよ。全員が受験生だったらどう? みんな遊んでないんだから、かわいそうとは思わないんじゃないかな? 親がしてあげられてない部分に目を向けるからであって、なんでもしてやりたいと欲張る親のエゴかなって。蓮くんは自分で受験がしたいって言ったんでしょ? それなら、やりたいことやらせてあげられてるじゃない。いいお母さんだよ、あんちゃんは。大丈夫!

先輩ママの話を聞いて、自分でも言い表せなかった不安の根源が分かった気がした。

写真

私、勉強も教えられないし、自分自身も中受をしたことがないから、ずっと足りない母親だと思ってて

写真

早苗さん

そんなことないよ。今だって、蓮くんの大好物をわざわざ買いに来たんでしょ? 過去問のコピーだって頑張ったでしょ? 毎日蓮くんの好きなメニューにしてるでしょ? 日曜は塾弁も作ってるんだよね? 自分を責めることはないよ

写真

でも、みんなやってることだし

写真

早苗さん

そんなことない。私なんて、日曜日の朝起きられなくて、コンビニのおにぎりを途中で買わせてたもん(笑)。そんなお母さんだっているんだから、蓮くんのやりたいことをしっかりサポートできてる、いいお母さんだよ。これから入試説明会もあるし、出願手続きもあるし、入試当日の準備もあるし、もうマッハのごとく過ぎていくから、いちいち悩まなくて良くなるよ

写真

対談者名前

それもそれで怖い(笑)

写真

早苗さん

よかった、笑って。今度はそんなに悩む前に連絡してね

早苗さんは何度も振り返り、手を振ってくれた。私は中受をせず、小学生時代を自由気ままに過ごしてきた。だから勉強も教えられなければ、中受の心得も伝えることが出来ない。そんな自分に引け目を感じて、不安を煽り、中受全体がマイナスイメージにつながったのかも…。蓮がやりたいことなのに、蓮の意志よりも、自分の思いを中心に考えていたのかも。

蓮のやりたいことなら、全力で応援したい。早苗さんの言葉を信じて、もう我慢をさせてるとか、中受をしない子と比べるのはやめよう。全力でサポートしよう!と気持ちを新たにしたのも束の間、成績優秀の小虎くんママからLINEが。なんだか嫌な予感…。

画像ALT
あおいあん

契約社員でメーカー勤務、現在38歳のシングルマザー。高学年になりちょっと生意気になった10歳の息子と実家に出戻り。40歳を前に「もう一度、女としての人生を!」と一念発起。離婚をしてから7年という恋愛ブランクを埋めるべく奮闘し、5歳年下の彼氏と再婚を決めた。
▶︎インスタグラム!Instagram

あわせて読みたい



Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!