Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE 働く

2024.06.25

2児のママでジュエリーデザイナー兼フリーモデル・小林有里さんのキャリア

 

働く女性のキャリアをインタビュー。今回は、フリーモデル&ジュエリーデザイナーであり2児のママ・小林有里さんです。

Tags:

モデルとジュエリーデザイナー、異業種のダブルワーカー

――これまでの職務経歴を教えてください

「新卒で不動産系の会社に入社。体調を崩して1年ほどで退社し、その後は企業の受付をしていました。結婚・2008年の長女出産を機に専業主婦に。出産後に読者モデルやモデルのお仕事をいただくようになり、ご縁があってジュエリーブランドを手掛けることになって今に至ります。2015年に次女を出産し、プライベートでは2人姉妹(高校1年生・小学3年生)の母です」(小林さん)

――保有資格を教えてください

「人とかぶらない資格が欲しくて、高校生のときに色彩検定とカラーコーディネーター検定試験を受けました。内定が決まった後の数か月間は1日のうち数時間を勉強に費やし、独学で宅建を取得。今の仕事に直接結びついているという感覚はあまりありませんが、基礎になっているのかもと思うことはあります。学ぶことが好きなので、今後もっといろいろな資格取得に挑戦してみたいと思っています 」(小林さん)

――モデルの仕事をすることになったきっかけは?

「夫と長女と表参道を歩いている際に『SAKURA』(小学館)というママ雑誌のスナップ撮影で声をかけられたことがきっかけです。そのスナップが好評いただいたようで読者モデルとして呼んでいただくようになりました。インスタグラムを見たブランドさんなどからお声がけいただくことも増え、ありがたいことにだんだんと活動の場が広がっていったんです。振り返れば、スナップ撮影から私の人生が変わったように思います」(小林さん)

黒白ベージュで断然あか抜け!大人気インスタグラマー小林有里さんの在宅コーデを拝見

Domaniでもおしゃれに定評があり、特集が組まれるほど大人気!

小林有里 黒スキニー黒スキニスト・小林有里さんの伝説の【黒スキニー】Styleをプレイバック!

――体形維持で気をつけていることはありますか?

「朝走ったり、暴飲暴食をしないようにしたりしています。体形維持のためというより、健康目的という方がしっくりきますね。走ることで持久力をつけたいと思っています。お気に入りのスニーカーを買って『20分空いたから走りに行こう! 疲れたら引き返そう』という気軽さ、1人で完結できることの方が続けやすいタイプです」(小林さん)

小林有里さん 春夏のランニングスタイル

小林有里さん 寒い時期のランニングスタイル

――美容面で気をつけていることはありますか?

「肌が荒れやすいので、最近は〝やりすぎないケア〟を意識し、自分の肌に合ったものを使い続けています。おすすめをあれこれと試していた時期もありましたが、〝普通に過ごすこと〟の方がわたしの肌は調子がいいことに気づいたんです。特別意識していることといえば乾燥しやすいので、朝晩2回のシートマスクでうるおい補給を心がけています」(小林さん)

――ジュエリーデザイナーの仕事をすることになったきっかけは?

「はじめはレザーブランドを立ち上げたんです。知人がシザーケースを作っていて、端切れがもったいないからアクセサリーを作ってみないかというお話をいただいたのが始まりでした。その端切れを使ってレザーのリボンなどを作って販売していたころ、読者モデルをしていた『SAKURA』がオンラインショップを始めることになってお声がけいただき、本格的にブランドとしてスタート。そこから転じて、天然石やシルバーアクセサリーを扱うように。今は〝自分が身に着けたいもの〟を軸に作っていて、シルバーが使いやすいと思ったらシルバーアクセサリーを多めに作ったりすることもあります」(小林さん)

白Tシャツ×ジャケット×デニム×アクセサリーの置き画写真

――もともとアクセサリーが好きだったのですか?

「大好きです! 子供のころからビーズなどを使ってよく自分で作っていました。娘たちも私のやることを見ていたせいか、2人ともアクセサリー作りが大好きです」(小林さん)

アイボリーのケープカラーブラウス×アイボリーのスリムパンツ

仕事と育児を両立する「働くママ」として

――出産後の仕事復帰で困ったことや悩んだことはありますか?

「保育園が決まらないときは不安でした。働きたいけれど子供を預けられなければ難しいし、保育園が決まらなければどうしたらいいんだろう? と。そんなときにたまたま空いている保育園を見つけて電話し、順調に決まったので幸運でした。すでにフリーで活動していたので、体調と相談しながら無理せずに仕事ができたという点はよかったと思います」(小林さん)

――2人目の妊娠時において不安だったことはありますか?

「夫は子供が2人欲しいという考えだったのですが、わたしは1人でも手一杯に感じていたので不安もありました。長女の妊娠の際につわりがひどかったので、またあんな思いをするのは…という気持ちもあったんです。でも実際2人目ができたとき、長女の出産から7年空いていたこともあり、また1から始めるような心持ちに。長女が大きくなりある程度手が離れていたことでの安心感も大きかったかもしれません」(小林さん)

小林有里さん 妊婦時の写真

――妊娠中や出産後のお仕事はどうしていましたか?

「特に決まった産休や育休のようなものはなく、自主的にお休み期間を設けた形です。それまでずっとやっていた仕事を長らくお休みするので、『置いていかれるんじゃないか』という不安や焦りはありました」(小林さん)

――実際に第2子の出産、妊娠時の生活は?

「長女のとき同様、つわりはキツかったです。出産においては、2人とも37週で出産。2000gほどと小さめだったこともあり、比較的安産でした」(小林さん)

小林有里さんと2人の娘さん

――第2子出産後の仕事復帰はスムーズでしたか?

「次女が生まれた後、気づいたらインフルエンサーとして認知されることが多くなり、関連したお仕事も増えました。ありがたいご縁に恵まれたこともあり、出産後は流れに身を任せてさまざまな仕事に携わらせていただいています。ジュエリーの仕事も時間に融通ができたときに創作を進めているので、環境や周囲にさほど左右されず効率的に自分の時間を使えているんじゃないかと感じています」(小林さん)

小林有里さん ストライプシャツ×黒パンツ×ビーサン

7歳差の姉妹を育てるママの顔

――子育てする上で意識していることはありますか?

「どんなに忙しくても、デリバリーなどに頼らず、ご飯はちゃんと作る! ときにはお惣菜を購入することもありますが一品程度にとどめ、何よりもまず野菜を食べてもらおうという気持ちが強いです」(小林さん)

2つのお弁当箱の写真

小林有里さんとお子さん 料理を作っている写真

あとはなんだろう…と悩む小林さんに、撮影に同席していた娘さん(長女)が「あまり干渉してこないよね」と一言。

「自主性がなくなるのは嫌だなと思っていて、『勉強しなさい! 』とかはあまり言わないですね。勉強しなかったら自分に全部返ってくる、もうそこは自己責任なので。『大丈夫なの? 』とは言います。私自身も親から『勉強しなさい』と言われたことがなく、できないのが悔しいから勉強するタイプだったので、子供たちにもそうしています。やれって言われてやったところで自分のためにならないと思いますし…。やりたいことに関しても、基本は本人の意思に任せるスタイルです」(小林さん)

――第1子と第2子の子育てで違いはありましたか?

「全然違います! 好きなものも性格も全く異なるので、子育ても手探りという感じです。長女はリーダーシップタイプ、次女はすみっこぐらしや動物が好きで控えめなタイプ。長女は夫に、次女は私に似ています(笑)」(小林さん)

川のほとり

――お子さんは何か習い事をしていますか?

「長女はチアと水泳、習字、そろばん、公文に通っていました。次女もチアを習っていましたが辞めて、今は習字を。大の動物好きゆえ、動物のお世話をする教室に通おうか検討中です。長女は自身が『これやってみたい! 』という気持ちが強いので挑戦させてみていて、次女はあまりストイックにはせず、ゆるゆると好きなことを続けてくれたらと思っています」(小林さん)

午前中に撮影仕事がある日のスケジュール例

5時半 起床
長女も同じくらいに起床。朝食の支度し、7時前に次女を起こす。
朝から外での仕事がある日は、身支度や洗濯も済ます。
7時 長女を送り出し、次女の朝食を準備する
8時 次女を送り出しながら、自身も家を出る
12時 帰宅、仕事のタスクをこなす

夕食の仕込みや、ちょっとのんびりしてから家事をすることも。
16時 次女帰宅

18時 夕食準備、入浴
19時 夕食
SNS関連の仕事があるときは、あらかじめ下書きしていたものをこのタイミングで投稿することも。
21時 次女就寝、夫の夕食準備
22時〜23時 就寝

小林有里さんとお子さん

「何事も先んじてやっておきたいタイプ。『あれをやってない! 』とプレッシャーを感じたくないので、いつどう動くか、何をするべきか、常に考えを巡らせています。家にいるときはオンオフの切り替えがなくて、『時間が空いたな』と思ったらキッチンでスマホを使って原稿を書いたりすることも。決まった時間に何かするということはあまりなく、空いた時間を使って家事や仕事に着手します」(小林さん)

お仕事コーデはこちら

小林有里さん ジャケット×白T×黒パンツ▲ジャケット:GREED インナー:UNIQLO ボトムス:NOBLE シューズ:AKIRANAKA バッグ:Maison Margiela

「フリーランスなので服装に決まりがあるわけではなく、基本は自由なスタイル。打ち合わせなどで人と会うときなどは、きちんと感を出しながらも、アクセサリーなど小物で自分らしさを加えたコーディネートを意識しています。モデルの仕事で洋服などを持参するときは、大容量バッグが大活躍! 」(小林さん)

撮影/黒石あみ ヘア&メイク/山口奈々(sui) 取材・文/近藤亜衣子

※この記事のアイテムはすべて本人私物です。今シーズンのアイテムでないものもあります。メーカー・ブランドへのお問い合わせはご遠慮ください

小林有里(こばやしゆり)

7歳差の姉妹の子育てをしながら、シルバー&天然石ジュエリーブランド「LILYS」のディレクターを務める。フリーモデルとして、雑誌やアパレルブランド・スキンケアブランドなどで活動中。SNSで発信しているコーディネート、スキンケア、インテリアなどの情報が話題を集めている。
Instagram:@lilyshandmade

あわせて読みたい



Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!