バブル世代との上手な付き合い方って?各世代とのギャップやおもな特徴をご紹介 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE働く

2020.04.29

バブル世代との上手な付き合い方って?各世代とのギャップやおもな特徴をご紹介

職場での人間関係に関する悩みの中に、バブル世代の人達とうまく接することが難しいといったケースがあります。これは、経験してきた時代の背景が大きく異なることによるものがほとんどです。バブル世代と他世代の人達との違いをご紹介します。

Tags:

【目次】
主な世代と年齢の目安
バブル世代に多いとされる特徴
バブル世代と職場
価値観の違いを受け入れよう

主な世代と年齢の目安

生まれた年によって、各世代に名前が付けられています。どのような世代があるのか、年齢の目安も見ていきましょう。

団塊の世代

1947~49年頃に生まれた世代を、「団塊の世代」と呼びます。第二次世界大戦が終わった45年以降に生まれたこの世代は、学生運動が盛んであった時期に学生になっている人や、社会人になり日本の高度経済成長を実感した人達です。

家族を養うことや戦後の日本を復興することに尽力し、とにかく働いて生きることに必死であった時代です。この世代の名称は、堺屋太一氏が76年に発表した小説「団塊の世代」から名付けられました。

バブル世代

バブル世代」は、1965~69年頃に生まれた世代を指します。日本がバブル経済であった86~91年頃の時期に、社会人となった人達です。企業が大量に雇用を拡大した時期でもあります。

栄養ドリンク剤の宣伝の大ヒットに見られるように、長く働くことが美徳とされていました。接待ゴルフや接待麻雀など、勤務時間外でも仕事の付き合いを優先することが受け入れられていた時代です。

特に飲み会は仕事の延長線上に位置付けられ、コミュニケーションを図る「飲みニケーション」を大切にしていました。普段、会社では言えない仕事に関する話や、相手に思っていることを打ち明けられる場として、重要なものと捉えています。

バブル世代

ショック! 上司に「気が利かない」って言われました…【働く女性の質問箱】

就職氷河期世代

1971~1982年頃に生まれた人達は、バブル経済がはじけて景気が悪化する時代へ突入した時期に、社会人をスタートさせました。正社員としての雇用が減少し、契約や派遣などの非正規雇用が拡大した時期です。

リクルート社の雑誌に92年に初めて「就職氷河期」という言葉が出てきたことで、就職氷河期世代と呼ばれるようになりました。バブル世代とは正反対で危機感が強く、先を見越した考えを持つ人が多い世代です。

正社員になれただけでも有難いと感じる人が多く、多少の苦労や理不尽さは諦める風潮が強い世代でした。

バブル世代

バブル上司と平成部下の板ばさみで悲惨!?40代女子「プチ管理職」って!?

ゆとり世代

1987~2004年頃に誕生した世代は「ゆとり世代」と呼ばれます。詰め込み教育の弊害から80年代以降、授業時間数や科目の内容が削られ、ゆとりを持った教育へ転換した時代に学生を経験している人達を指します。

会社の飲み会などの付き合いを断り、自分のワークライフバランスに重きを置く人が多い世代です。物欲やステータスなどに縛られてきたバブル世代からは、野心がないと物足りなく感じられていることも。

プライベートを大切にするので、昇進や昇給の意識が低く、会社で自発的な行動を取る人が少ない世代でもあります。ゆとり教育を受けてきたため、叱責やストレスへの耐性が低いとも言われています。

バブル世代

就職氷河期ではなく「採用氷河期」。企業がやるべきことは【原田曜平の「後輩世代のトリセツ」】

バブル世代に多いとされる特徴

バブル世代の人達にはどのような特徴があるのでしょうか? 多くの人に見られる傾向を紹介していきます。

消費を好む傾向

1965~69年頃に生まれたバブル世代はお金の回りがよい時代を経験しています。新卒でも100万円を超える給料をもらう人もいました。支出したとしても収入が多いため、高いものでも惜しみなく買う人が多かったのです。

消費が多い特徴があり、ブランド物や高級サービスを好む傾向があります。欲しいものは値段を見ずに購入することや、高いものほどよいといった価値観が強いのです。

たとえば、車はステータスを示すものとされ、高級スポーツカーが人気だったり、若い社会人でもローンを組んで車を購入することが多かったりした時代です。

このような時代の背景もあり、消費を好む一面を持った人達が多いと言えます。

自信があり忠誠心高め

1986~91年頃のバブル経済期は、周囲のライバルと日々競い合っていた時代です。そのためバブル時代に成功した人は「自分は賢い」「自分は優秀だ」と自信にあふれていることが多いのです。

自分に自信があるため、新しいことにチャレンジすることに積極的で、環境変化に対応できることや、失敗をあまり恐れないという特徴も見られます。

また、企業では終身雇用が一般的な考えであったことや、売り手市場で自分の実力以上の会社に入社できたということもあり、会社に対する貢献意欲が高く愛社精神も強い面があります。

自信家で見栄っ張りな特徴もありながら、会社のために身を粉にして働くことを厭わない世代と言えます。

バブル世代

(C)Shutterstock.com

【自信過剰な人】とうまく付き合っていくには?特徴や心理を知り上手に対処

バブル世代と職場

バブル世代の人達は、会社でどのように振舞い、どのような特徴があるのかを紹介します。

パワハラ上司になりやすい?

1986~91年頃のバブル時代にもパワハラ上司がいましたが、あまり問題視はされていませんでした。成長期にあった日本社会は、パワハラを受けても我慢して頑張れば、昇給や出世といった見返りが多く、結果も出しやすかったのです。

職場のメンタルヘルス意識も低く、もちろんうつ病も認識されていましたが、それは「精神力が弱いから」という程度の認識でした。

このような時代を経験してきた人達が今では社員を指導する立場になり、昔の考えを引きずることで問題視されるようになりました。

これまでの自分の考え方で結果を出してきた人が、「自分は善」だと思い込み、自分のやり方や思考を部下に押し付けることで、パワハラ上司になってしまうのです。

バブル世代

会社を辞めたいのに、上司が辞めさせてくれない。どうすべき?【働く女性の質問箱】

氷河期世代に無能や使えないと思われてる?

1971~82年頃に生まれた就職氷河期世代は、就職難を経験してきた世代であるため、65~69年頃に生まれたバブル世代とは対照的な考え方を持っています。

就職するために資格で武装するといったストイックなタイプが目立つ就職氷河期世代に対し、バブル世代は楽観的でノリで対応する一面が多くが見られるため、折り合いが悪く、対立が激しいと言われています。

就職氷河期世代はとにかく慎重かつ、根拠のあるものしか信用しません。そのため、正反対であるバブル世代の大風呂敷を広げる考え方が苦手な傾向があります。

大量採用で実力以上の会社に入社してきたバブル世代の人に対し、就職氷河期世代は少し見下しがちになることも。

バブル世代

すべて実話です!まさか!?バブル上司のあるある事件簿

価値観の違いを受け入れよう

それぞれの時代を生きてきた人達には、時代の背景も影響した価値観の違いがあります。まずはこの事実を受け入れることが、バブル世代とうまく接していける入り口になります。

異なる背景によりギャップが生まれる

日本の経済は1954~71年頃の高度成長と86~91年頃のバブル、バブル崩壊の極端な不景気といった目まぐるしい環境の変化が20年の間で起きました。

65~69年頃に生まれたバブル世代の家庭は、男性が働いて女性が専業主婦になるという形が多い時代です。そのため、男は仕事をするべきだという考えが強く、家庭よりも仕事を大切にする風潮がありました。

しかし、共働きの家庭が増えた今では、男性も家事や子育てに参加する機会が多くなっています。残業をせずにすぐ帰る若者に対し、あまりいい気がしないバブル世代もいるのです。

同じ職場で働いていても、社会人になった時期の背景が大きく異なるため、そのギャップはお互いのことが理解しづらいほど深いことは認識しておきましょう。

バブル世代

バブル上司と平成部下の間でてんてこ舞い!?プチ管理職世代の「困った」「助けて!」エピソード

優先順位の違い

1965~69年頃に生まれたバブル世代と若者では、仕事とプライベートに割く時間の割合や優先順位が異なります。たとえば、仕事後の飲み会よりもプライベートを優先する若者は、バブル世代から見れば物足りなさを感じることもあります。

1987~2004年頃に生まれたゆとり世代は、努力しても報われるとは限らない低成長の時代が当たり前です。終身雇用の崩壊も目の当たりにしてきたため、会社のために働くことよりも、ワークライフバランスを重要視する人が多くなります。

時代の背景により、優先すべき考えや主張がぶつかり、バブル世代との溝が生まれることも。このことを認識して、お互いが歩み寄ることが大切です。

バブル世代

もはや制御不能!?すべて実録・平成部下のあるある事件簿

あわせて読みたい
何でもセクハラと言われそうで女性の部下がコワイ【オンナのトリセツ〜オトコの悩み相談室6】
職場で支持される人、されない人の差って?求められてるのは「サクセス」志向ではなく「サンクス」志向

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事