冬のカジュアルコーデ30選 | 30代40代レディースファッション | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION春夏秋冬着こなしまとめ

2018.11.15

冬のカジュアルコーデ30選 | 30代40代レディースファッション

30代・40代レディース向け冬のカジュアルコーデを大特集!大人らしいきれいめなカジュアルスタイルをつくるおすすめの着こなしをアイテム別(パンツ・スカート)にご紹介します。

Tags:

【目次】
パンツを合わせる冬カジュアルコーデ
スカートを合わせる冬カジュアルコーデ

パンツを合わせる冬カジュアルコーデ

【1】ボーダーニット×スニーカー×青コーデュロイワイドパンツ

【1】ボーダーニット×スニーカー×青コーデュロイワイドパンツ

カジュアルに差がつく、ベージュ×パープルのボーダー。定番のボーダーニットは、オーバーサイズ&カラーボーダーでトレンド感を意識。襟やそでの切りっぱなし風アレンジにもラフさが漂い、きれい色のコーデュロイパンツとも好相性。ビッグシルエットニット×ワイドパンツのゆるバランスで今年っぽく。

[Domani2018年11月号 153ページ] 〝デミリー ハーツ ロンハーマン〟のニット¥25,000・〝ラディオーセ〟のバッグ¥45,000(ロンハーマン) パンツ¥32,000(ebure) ストール¥69,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店〈ベグ&コー〉) 靴¥58,000(カオス表参道〈WOMAN by COMMON PROJECTS〉)

【2】キャメルカーディガン×白カットソー×デニムパンツ

【2】キャメルカーディガン×白カットソー×デニムパンツ

べルトループに結ぶだけの、気負いのなさが◎。デニムのベルトループに通してただ結ぶだけの、テクニックいらずなあしらい方がかえって新鮮。ベージュのカーディガン×ウォッシュドブルーデニムの配色に合わせて、スカーフもペールグリーンでトーンをそろえると、いつものカジュアルも品よくブラッシュアップ。

[Domani2018年11月号 71ページ] スカーフ¥17,000(martinique丸ノ内〈martinique〉) カーディガン¥26,000(アダム エ ロペ〈アダム エ ロペ〉) カットソー¥5,500(アルアバイル〈アルアバイル〉) パンツ¥23,000(ゲストリスト〈upper hights〉) サングラス¥55,000(SUNRISE〈BARTONPERREIRA〉) バッグ¥34,000(ショールーム セッション〈POTIOR〉)

【3】ベージュニット×スニーカー×ネイビーパンツ

【3】ベージュニット×スニーカー×ネイビーパンツ

ノーブル配色でカジュアルなバランスを大人顔に。ざっくりニット&細身パンツというカジュアルスタイルも、ベージュとネイビーならこんなに上品。また、ざっくりニットの首元やそでから白ニットをのぞかせると、着こなしに立体感が生まれる。

[Domani2018年11月号 42ページ] ニット[ベージュ]¥38,000・[白]¥17,000(ショールーム セッション〈アダワス〉) パンツ¥2,990(UNIQLO) メガネ¥34,000(アイヴァン PR〈アイヴァン〉) 時計¥9,000(アイスウォッチ 原宿〈アイスウォッチ〉) バッグ¥42,000(アマン〈ペリーコ〉) ソックス¥1,500(ブロンドール 新丸の内ビル店〈17℃〉) 靴¥7,000(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉)

【4】茶色ジャケット×ジレ×ボーダーカットソー×茶色パンツ

【4】茶色ジャケット×ジレ×ボーダーカットソー×茶色パンツ

ブラウンのボーダーカットソーを〝エスプレッソ〟配色で!カジュアルな印象の強いボーダーカットソーを、旬ブラウンに替えてみたら…、ぐっとシックで大人っぽく。ジレ×ワイドパンツのセットアップやジャケットも、ブラウンで統一した『エスプレッソ』配色でメンズライクに振り切るとかっこいい。こんなアイディア溢れる着こなしにチャレンジできるのも、休日の醍醐味。

[Domani2018年11月号 35ページ] カットソー¥18,000(SANYO SHOKAI カスタマーサポート〈マッキントッシュ ロンドン〉) ジャケット¥95,000(ハルミ ショールーム〈アキラ ナカ〉) ジレ¥49,000・パンツ¥54,000(SUPERA MARKET〈ガブリエラコールガーメンツ〉) メガネ¥33,000(アイヴァン PR〈アイヴァン〉) バッグ¥316,000(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)

【5】ツイードコート×ベージュカットソー×黒パンツ

【5】ツイードコート×ベージュカットソー×黒パンツ

表情豊かなロングコートが辛口カジュアルをエレガントにまとめあげて。白、黒、ベージュの糸に光沢感のあるオレンジの糸が混じった、ファンシーツイードがほかにない印象。ロング丈でも軽やかに着こなせ、ONにもOFFにも活躍。

[Domani2018年10月号 76ページ] コート¥98,000(TOMORROWLAND〈トゥモローランド コレクション〉) カットソー¥5,500(PLST〈upper hights〉) パンツ¥18,000(エストネーション) 帽子¥18,500(TAH tokyo〈TAH〉) サングラス¥4,800(フォーティーン ショールーム〈パラフィナ〉) バッグ¥88,000(ロンシャン・ジャパン〈ロンシャン〉) 靴¥140,000(リエート〈サントーニ〉)

【6】チェックコート×グレーパーカ×赤パンプス×白パンツ

【6】チェックコート×グレーパーカ×赤パンプス×白パンツ

パーカレイヤードで攻めるカジュアルトラッドなチェック柄コートだからラフになりすぎず、大人の遊びスタイルに。

[Domani2018年2月号 105ページ] コート¥89,000(ヴァリアス ショールーム〈ATON〉) パーカー¥14,800(INED)パンツ¥19,000(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)ピアス¥2,500(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉)バッグ¥12,000(アリガインターナショナル〈ケルティ〉)靴¥14,000(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

【7】ベージュロングカーディガン×白Tシャツ×デニムパンツ

【7】ベージュロングカーディガン×白Tシャツ×デニムパンツ

男前カジュアルがストライクな着こなし。「黒のハットや靴で、カジュアルスタイルを格上げ。クセのあるものこそ価格の差が出やすいので、ここは投資します。定番の白Tは、プチプラをがんがん洗って、きれいに着ます。使用感もこなれ感として取り入れて」

[Domani2018年2月号 45ページ] 葛岡 碧さんのコーディネート KNIT : eimy T-SHIRT : HANES PANTS : MOUSSY RING(Right) : TIFFANY&Co. RING(Light) : CADEAUXHAT, BAG : L’Appartement SHOES : GUCCI

【8】白ニットチェスターコート×ニット×白ブーツ×デニムパンツ

【8】白ニットコート×ニット×白ブーツ×デニムパンツ

デニムをクリーンにまとめるハンサムなチェスターデザイン。コートをニット素材に替えるだけで、いつもよりカジュアルさとやわらかさが増して。濃いめのデニムで、ネイビー×白配色でまとめると真冬のマリンスタイルが完成。

[Domani2018年2月号 39ページ] コート¥63,000・ニット¥29,000・インに着たカットソー¥13,000・バッグ¥55,000(アー・ペー・セー カスタマーサービス〈アー・ペー・セー〉) デニム¥14,800(ボナム 表参道店〈ボナム〉) 帽子¥7,000(クオリネスト〈LAULHERE〉) サングラス¥30,000(モスコット トウキョウ〈モスコット〉) 手袋¥9,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉) 靴¥13,000(コロンビアスポーツウェアジャパン〈ソレル〉)

【9】ニット帽×茶色ニット×白ニット×白パンツ

【9】ニット帽×茶色ニット×白ニット×白パンツ

暖かいニットのレイヤードはブラウン×白で、脱・ほっこり。休日カジュアルだって、ただゆるくまとめるのは避けたいのが大人の本音。大きめサイズのジップアップニット×タートルも、正統派の白のセンタープレスパンツで引き締めればモダンさが宿って。

[Domani2018年2月号 38ページ] ニット¥56,000(メイデン・カンパニー〈アンデルセン-アンデルセン〉) インに着たニット¥22,000(スローン) パンツ¥18,000(ユナイテッドアローズ 丸の内店〈ユナイテッドアローズ〉) 帽子¥10,000(レイク・タホ〈ネサーンス〉) リュック¥49,000(ステディ スタディ〈リュニフォーム〉)

【10】ハット×黒ジレ×白ブラウス×ブーツ×デニムパンツ

【10】ハット×黒ジレ×白ブラウス×ブーツ×デニムパンツ

旬のそでコンシャスブラウス発想で辛口カジュアルに奥行きを出して。トップスだけにラインナップした白は、着こなし幅の広さもピカイチ。デニムにジレのモードめな着こなしに差せば、ちょっとボヘミアンなニュアンスの週末スタイルが完成する!

[Domani2018年1月号 167ページ] ブラウス¥12,000(TONAL) ジレ¥36,000(プルミエ アロンディスモン〈プルミエ アロンディスモン〉) パンツ¥19,800(ショールーム セッション〈SERGEde bleu〉) 帽子¥37,000(ドローイング ナンバーズ 南青山店〈ミュールバウワー〉) バッグ¥9,000(TONAL) 靴¥48,000(wb)

【11】ファーコート×白スエット×白コーデュロイパンツ

【11】ファーコート×白スエット×白コーデュロイパンツ

スエットトップス×コーデュロイパンツというヴィンテージライクなカジュアル。ファーコートをラフに肩がけすることで、クラス感がUP。パールネックレスとゴールドフレームのめがねのツヤ感で女らしさもプラスして。

[Domani2018年1月号 113ページ] プルオーバー¥11,000(アダム エ ロペ〈チャンピオン フォー アダム エ ロペ〉) パンツ¥27,000(ビームス ハウス 丸の内〈ヴィガノ〉) コート¥180,000(エリオポール銀座〈エリオポール〉) めがね¥37,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) ネックレス¥340,000(アーツワークス〈チェリーブラウン〉) 時計¥38,000(フォッシルジャパン〈TORY BURCH〉) バッグ¥14,000(フラッパーズ〈マルシェ〉)

【12】ニット帽×ピンクコート×水色シャツ×スニーカー×カーキパンツ

【12】ニット帽×ピンクコート×水色シャツ×スニーカー×カーキパンツ

ボーイッシュなワーク調カジュアルは甘めカラーのコートでほんのり女らしさを加味!デニムシャツにベイカーパンツを合わせたスーパーカジュアルにカラーコートをはおって大人の余裕を表現。

[Domani2017年12月号 168ページ] コート¥23,000(スローブ イエナ 広島店〈スローブ イエナ〉) パンツ¥18,000・シャツ¥20,000(BYMITY) 帽子¥27,000(アース アトレ恵比寿〈アシーナ ニューヨーク〉) イヤリング¥30,000(ココシュニック) ソックス¥1,300(タビオ〈靴下屋〉) バッグ¥37,000(ケイト・スペード ジャパン〈kate spade new york〉) 靴¥5,800(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉)

【13】ストール×デニムジャケット×ボーダーカットソー×キャメルパンツ

【13】ストール×デニムジャケット×ボーダーカットソー×キャメルパンツ

デニムとボーダー、親近感のあるネイビーを味方につけて。コンサバリッチなベージュストール&キャメルパンツの組み合わせを、デニムジャケットとボーダーカットソーのカジュアルなネイビーで引き締めて。仕上げにベージュのバックパックで、大人のアクティブさをトッピング。

[Domani2018年11月号 42ページ] デニムジャケット¥15,000(ゲストリスト〈ヘルシーデニム〉)カットソー¥9,500(ボウルズ〈ハイク〉) ストール¥12,038(バナナ・リパブリック) パンツ¥28,000(Theory) ピアス¥10,000(CPR TOKYO〈ルーカス ジャック〉) バッグ¥6,900(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉) 靴¥42,000(ザ・グランドインク〈ロランス〉)

【14】カーキダウンベスト×グレーカットソー×グレーパンツ

【14】カーキダウンベスト×グレーカットソー×グレーパンツ

全身グレーにカーキを足してこなれ感アップ。肌寒い時期、通勤服に足したいのは楽に着られて温度調整できるベスト。薄手だからもこもこせず、カジュアルすぎない着こなしに。

[Domani2017年12月号 43ページ] 〝自由区〟のベスト¥29,800・カットソー¥16,900・パンツ¥23,900・バッグ¥19,000・〝CHEMBER〟の靴¥35,000(オンワード樫山〈自由区〉) ピアス/スタイリスト私物

【15】ストール×赤ニット×水色シャツ×スニーカー×黒パンツ

【15】ストール×赤ニット×水色シャツ×スニーカー×黒パンツ

着心地がよくてフレッシュな発色の赤ウールニット、ネイビーのウールパンツ、カシミアのチェックストール…。〝上質さ〟をちりばめて、ワンランク上のカジュアルに。存在感のあるジュエリーや眼鏡もいい引き締め役。

[Domani2018年11月号 41ページ] ニット¥33,000(FUN Inc.〈VONDEL〉) シャツ¥20,000(アパルトモン 青山店〈アパルトモン〉)パンツ¥38,000(ebure) 眼鏡¥27,000(モスコット トウキョウ〈モスコット〉) ストール¥62,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉) ブレスレット[太]¥168,000・[細]¥398,000・リング¥74,000(hum 伊勢丹新宿本店〈hum〉) 靴¥7,000(スピック&スパン ルミネ有楽町店〈コンバース〉)

スカートを合わせる冬カジュアルコーデ

【1】オレンジニット×チェックシャツ×水色コーデュロイタイトスカート

【1】オレンジニット×チェックシャツ×水色コーデュロイタイトスカート

アイシーなくすみパステルで流行のキレイ色MIXも成功!トップスの厚みが増すこれからの季節も、適度に地厚なコーデュロイならボトムインもスッキリはきこなせる。鮮やかなオレンジニットにシャツを重ね、知的さをプラス。

[Domani2018年11月号 120ページ] スカート¥4,500(アダストリア〈グローバルワーク〉) ニット¥17,000(シップス アトレ恵比寿店〈アダワス〉) シャツ¥7,399(ザラ・ジャパン〈ザラ〉) イヤリング¥12,000(アルアバイル〈ドミニク・ドゥネーヴ・パリス〉) バングル¥38,000(フラッパーズ〈シンパシー オブ ソウル スタイル〉) バッグ¥35,000(オルサ〈オルセット〉) 靴¥34,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉)

【2】茶色コート×茶色ニット×ボーダーニット×白プリーツスカート

【2】茶色コート×茶色ニット×ボーダーニット×白プリーツスカート

靴を脱いでも恥ずかしくない、5本指タイツ。冷たい風が通り抜けて意外と寒いゆるニット。ぴたりとボディにフィットするリブニットを、あえて見せちゃうレイヤードテクで、薄軽コートも暖かく! 

[Domani2018年2月号 109ページ] コート¥39,000(ユニバーサルランゲージ ラゾーナ川崎店〈ユニバーサルランゲージ〉) ニット[ボーダー]¥20,000(feerique) タイツ¥3,200(タビオ〈タビオレッグラボ〉) ニット[茶]¥20,000(TONAL) スカート¥28,000(エストネーション〈エストネーション〉) ピアス¥21,000(ココシュニック) バッグ¥15,000(フィルム〈ザ キャットウィスカーズ〉) 靴¥15,000(SANYO SHOKAI〈マッキントッシュ フィロソフィー〉)

【3】水色タートルネックニット×ベージュサテンスカート

【3】水色タートルネックニット×ベージュサテンスカート

艶スカートもゆったりタートルでカジュアル方向にシフト。エレガントなサテンスカートをラフなタートルでこなれた感じに。

[Domani2018年2月号 37ページ] ニット¥27,000(ビームス ハウス 六本木〈エーケーワン バイ エッフェ ビームス〉) スカート¥25,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈ヴィクターヴィクトリア〉) 椅子に置いたファージャケット¥150,000(伊勢丹新宿店〈ルーガ〉) ネックレス¥4,000・ブレスレット¥12,000(アイコアンドコー東京〈ペンタ〉) ソックス¥7,200(リーミルズ エージェンシー〈パンセレラ〉) 靴¥75,000(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム〈トリッカーズ〉)

【4】赤ニット×靴下×パンプス×ネイビータイトスカート

【4】赤ニット×靴下×パンプス×ネイビータイトスカート

ざっくりニットとソックスで感度の高いカジュアルコンサバ。スカートはパッと見、きれいめ専用な印象ながら、実はシンプルだからこそのベーシック力で、カジュアルだってお手の物。赤のルーズニットをフロントだけインしてバランスよく。

[Domani2018年1月号 166ページ] スカート¥13,000(TONAL) ニット¥34,000(MOGA) 眼鏡¥27,000(モスコット トウキョウ〈モスコット〉) バッグ¥46,000(カリテ スケープ コレド日本橋店〈POTIOR〉) 靴¥27,000(BOSCH) 靴下/スタイリスト私物

【5】黄色ニット×茶色ロングプリーツスカート

【5】黄色ニット×茶色ロングプリーツスカート

After6に予定のある日はカラーonカラーで華やかに。さりげなく特別感を出すために、イエローのニット×テラコッタカラースカートの華やか色ワントーンスタイルに。ゆるめのシルエットで程よくカジュアル感もあるから「今日何かあるんですか」なんて後輩からのツッコミもなし。

[Domani2018年1月号 138ページ] コート¥90,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉) ニット¥29,000(ビームス ハウス 丸の内〈エイトン〉) スカート¥29,000(ヴェルメイユ パー イエナ名古屋ラシック店〈ヴェルメイユ パー イエナ〉) コート¥90,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉) 靴¥72,000(アマン〈ペリーコ〉)

【6】ネイビーダウンコート×白ニット×ネイビースカート

【6】ネイビーダウンコート×白ニット×ネイビースカート

のんびり公園を散歩。休日ならではのリラックスした着こなしもクールな白×紺で、脱・ほっこり。季節を問わず愛してやまない白×紺配色は、お散歩の寒さ対策もバッチリなファー付きダウンやモヘアニットなど〝ふわふわ〟アイテムで真冬のムードを呼び寄せて! 

[Domani2018年1月号 97ページ] ダウンコート¥130,000(タトラス ジャパン〈タトラス アールライン〉) ニット¥22,000(エストネーション) スカート¥44,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈バレナ ヴェネツィア〉) ネックレス¥3,000(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) リング¥22,000(H.P.FRANCE〈IOSSELLIANI〉) ストール¥62,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉) バッグ¥9,800(ビショップ〈ORCIVAL〉) 靴¥29,000(アマン〈ペリーコ サニー〉)

【7】黒ライダースジャケット×カーキロングフレアスカート

【7】黒ライダースジャケット×カーキロングフレアスカート

スタッズ付きの靴とライダースでマニッシュに振るのもアリな選択。スタッズが付いたオックスフォードシューズ&ライダースジャケットと、ハードになりがちなアイテム合わせも、フレアスカートを挟めば解決。ドライなカーキのフレアスカートが、明度を上げつつ程よいカジュアル感を出して。

[Domani2018年1月号 88ページ] 靴¥30,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈FABIO RUSCONI〉) スカート¥45,000(ドローイング ナンバーズ 南青山店〈マディソン ブルー〉) ブルゾン¥45,000(フレームワーク ルミネ新宿店〈フレームワーク〉) ニット¥26,000(Theory) バッグ¥13,000(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉) タイツ/私物

【8】グレーロングカーディガン×白Tシャツ×グレープリーツスカート

【8】グレーロングカーディガン×白Tシャツ×グレープリーツスカート

プリーツスカートとファー付きとんがりトウで、シックに華やいで。フェミニンなプリーツスカートととんがりトウのファーを、淡いグレーでリンクさせまろやかに。

[Domani2018年1月号 88ページ] 靴¥38,000(ゲストリスト〈ルチェンティ〉) スカート¥35,000(ツル バイ マリコ オイカワ) カーディガン¥22,000(Theory) Tシャツ¥12,000(ヴェルメイユ パー イエナ 東京ミッドタウン店〈ヴェルメイユ パー イエナ〉) サングラス¥36,000(ミス シープ アイヴァン〈ギャレット レイト〉) イヤリング¥5,000(アビステ) 時計¥770,000(ブライトリング・ジャパン〈ブライトリング〉) バッグ¥52,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉)

【9】青ニット×ブーツ×青フレアスカート

【9】青ニット×ブーツ×青フレアスカート

ボリューム感のあるニットを重ねてゆる×ゆるのバランスを楽しむ。デザインそでニットとの組み合わせは、同系色のなじませ配色で攻略。レザーのトート&ブーツ合わせがきちんと見えをリード。

[Domani2018年1月号 83ページ] スカート¥24,000(ANAYI〈ANAYI〉) ニット¥55,000(ドレステリア 銀座店〈M.マーティン〉) リング[薬指]¥30,000・[人さし指]¥27,000(ココシュニック) ストール¥22,000(アングローバルショップ 表参道〈ニムニムドゥアイ〉) バッグ¥14,800(シップス 有楽町店〈ミロス〉) 靴¥18,800(ハーモニープロダクツ〈アバヴ アンド ビヨンド〉)

【10】グレーコート×ベージュプルオーバー×ベージュスカート

【10】グレーコート×ベージュプルオーバー×ベージュスカート

大きなフードがポイントになった、ひとつボタンで留めるだけのシンプルなデザイン。カジュアルになりがちなフード付きアウターも、セットアップと合わせることでワンランク上のおしゃれ感が。

[Domani2018年1月号 72ページ] コート¥59,000(TIARA〈ラ グランド クチュリエールドゥ ティアラ〉) プルオーバー¥18,500・スカート¥18,500(ELENDEEK) サングラス¥29,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) タイツ¥1,800(martinique丸ノ内〈martinique〉) バッグ¥20,000(PINKY&DIANNE) 靴¥23,000(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

【11】グレーニット×タイツ×緑レーススカート

【11】グレーニット×タイツ×緑レーススカート

ふっくらしたニットと繊細なレーススカートが織りなすギャップが、通勤服の可能性を広げてくれる。着るだけでドラマティックに見えるのに、着心地がラクちんなのも「自由型」仕事服にふさわしい。

[Domani2018年1月号 67ページ] 〝フォードミルズ〟のニット¥21,000・手に持った〝ベグ〟のストール¥28,000(アングローバルショップ 表参道) スカート¥24,000(ヴェルメイユ パー イエナ 東京ミッドタウン店〈ヴェルメイユ パー イエナ〉) バッグ¥118,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) タイツ¥2,000(福助〈フェモツィオーネ〉) 靴¥86,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ニナ リッチ〉)

【12】黒コート×チェックプルオーバー×チェックスカート

【12】黒コート×チェックプルオーバー×チェックスカート

大胆に取り入れるほど輝く知的で上品なグレンチェック。ビッグトレンドのグレンチェックは、アイテムのバリエーションも豊か。思いきって大きな面積で取り入れて、毎日の通勤服に振り幅をもたせたいもの。ドルマンスリーブのプルオーバー×ウエストリボン付きのフレアスカートというセットアップは、まとうだけで絵になるうえ、着やせも叶う。

[Domani2018年1月号 61ページ] プルオーバー¥12,800・スカート¥13,800(グランカスケードインク〈グーコミューン〉) 手に持ったコート¥69,000(INDIV〈I INDIVI V.A.I〉) イヤリング¥9,500(ヴァンドームヤマダ〈スタイルエイティーワン〉)バッグ¥133,000・チャーム¥65,000・靴¥105,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉) タイツ¥1,200(ブロンドール 新丸の内ビル店〈17℃〉)

【13】茶色ライダースジャケット×黒スエット×青フレアスカート

【13】茶色ライダースジャケット×黒スエット×青フレアスカート

こんな発色のいいフレアスカートがイチ推し。黒スエットとこげ茶ライダースで、切れ味よく。

[Domani2018年1月号 57ページ] スカート¥26,000(エンフォルド) スエット¥19,000(サザビーリーグ〈デミリー〉) ジャケット¥88,000(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉) バッグ¥62,000・チャーム¥14,000(FURLAJAPAN〈FURLA〉) タイツ¥2,300(ブロンドール 新丸の内ビル店〈17℃〉) 靴¥69,000(デザインワークス コンセプトストア青山店〈ペリーコ〉)

【14】グレーコート×青タートルネックニット×青フレアスカート

【14】グレーコート×青タートルネックニット×青フレアスカート

オーバーサイズのコートやざっくりニットをゆるっと着る余裕こそ、アラフォー女性が目ざしたいマインド。

[Domani2018年1月号 24ページ] コート¥120,000(ノーブル コレド日本橋〈ユーン ホ〉) ニット¥92,000・スカート¥66,000(ブラミンク) リング[上から]¥180,000・¥257,000(マリハ 伊勢丹新宿本店〈マリハ〉) バッグ¥143,000(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉) 靴¥39,000(ベイジュ〈ピッピシック〉)

【15】チェックコート×紺ジャケット×黒ニット×黒タイトスカート

【15】チェックコート×紺ジャケット×黒ニット×黒タイトスカート

紺ジャケットも、チェックコートとなら程よくくだけて。ブランケットのような素材感で、切りっぱなしのすそが程よくカジュアル。端正な紺ジャケットも、チェック柄コートとロングタイトの相乗効果でラフな印象に。

[Domani2018年12月号 97ページ] コート¥69,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈エーピー ストゥディオ〉) ジャケット¥74,000(ブルックス ブラザーズ ジャパン〈ブルックス ブラザーズ〉) ニット¥7,315(バナナ・リパブリック) スカート¥18,000(GALERIE VIE 丸の内店〈GALERIE VIE〉) タイツ¥800(アツギ〈アスティーグ〉) 靴¥115,000(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉)

※過去の号に関しては商品が店舗にない場合がございます。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事