Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHION着こなしのお手本

2022.03.31

大人カジュアルなスタイル52選|おすすめの着こなしを季節別に紹介

30代・40代女性向けの大人カジュアルコーデを大特集!旬なアイテムを取り入れた大人のおしゃれカジュアルコーデを季節ごとにご紹介します。

Tags:

大人カジュアルコーデのポイント

大人の女性がおしゃれに着こなす「大人カジュアル」とは? 今までのカジュアルコーデをワンランク上げる、トレンドをおさえた季節の着こなしをご紹介します。

【POINT】
・女性らしいアイテムをプラスして〝大人のかわいげ〟に
・カジュアルなアイテムには、上質なアイテムを取り入れて上品さを
・1枚で存在感が出るワンピースは初心者にもおすすめ

春・秋の大人カジュアルコーデ

【1】緑ニット×白トップス×チェック柄パンツ

【1】緑ニット×白トップス×チェック柄パンツ

ともすればほっこりしがちなチェック柄パンツも、鮮やかグリーンのメリハリでキレのいいカジュアルに昇華。スキッパーデザインが抜けになって、強い色も軽やかに着こなせます。足元は深Vパンプスで、ほんのり女っぽいスパイスをプラス。

▶︎ちょっと挑戦なカラーアイテムこそ、お手軽に手に入れたい!【大人のコスパ服】

【2】黒ニット×黄色スカート

【14】黒ニット×黄色スカート

トゥマッチすぎないかわいさが気分にはまる、カラーフレア合わせ。人気のカラーフレアスカートは、とことん甘く着るよりもクルーニットでカジュアルにこなすくらいがアラフォーの気分。 ニットとパンプスを黒で締めれば、さりげなくも〝大人かわいい〟着こなしが完成。

▶︎かわいさ漂う〝カラーフレア〟はカジュアルに着こなすのが今っぽい!

【3】水色カットソー×グレーデニムパンツ

【10】水色カットソー×グレーデニムパンツ

デニム合わせでとことんラフにきめても、きちんと見えるのはパールネックレスのおかげ。おうち時間や子どもとの公園ミッションで頼りになるスエットトップス。 おでかけ仕様に格上げすれば、おしゃれの幅が広がります。

▶︎カジュアルコーデをきれい見えさせるたったひとつの投入アイテムって?

【4】グレーカーディガン×オレンジ色パーカー×茶色パンツ

【9】グレーカーディガン×オレンジ色パーカー×茶色パンツ

肉厚ながら軽く柔らかな着心地がたまらない、〝ギャルリーヴィー〟のガウンカーデ 。丸みのある肩のラインや、裾がすぼまるコクーンシルエットが今どきのリラクシーな印象。ひざ上丈なので重すぎず、バランスがとりやすいのも高ポイント。 フーディ×レザーパンツの辛口カジュアルを優しげにこなして。

▶︎ガウンカーデ&パーカでつくるこなれ辛口カジュアル

【5】白シャツ×白タンクトップ×カーキパンツ

【14】】白シャツ×白タンクトップ×カーキパンツ

カーキパンツにあえてバサッとはおりオフモードに印象チェンジ。オフの日に着る白シャツはカーデ感覚でラフにはおるのが気分。カーキパンツ&コンバースにさらっと合わせるだけで、清潔感あふれるカジュアルスタイルが楽しめる。

▶︎オフの日の白シャツコーデはとことんカジュアルに【今日のコーデ】

【6】グレーブラウス×黒パンツ

【2】グレーブラウス×黒パンツ

ふわっと女らしさが漂うフリル袖のロングブラウスは、細身パンツをさらりと合わせてそのシルエットを存分に味わいたい。かごバッグで大人のかわいげと遊び心を添えて。

▶︎サラッと1枚で着映える華ブラウスはワードローブの即戦力!

【7】ボーダーカットソー×黒スカート×黒サンダル

【3】ボーダーカットソー×黒スカート×黒サンダル

「服がサラッとしているぶん、足元にハズしをプラス。スカートと足元を黒でつなげば、違和感なくまとまります」(川人未帆さん)

▶︎定番だからこそ難しい!ボーダートップスを「脱ほっこり」に着こなすには…

【8】黒ジャケット×水玉プリーツスカート

【4】黒ジャケット×水玉プリーツスカート

甘いきちんと感は黒ジャケットとドラマティックなプリーツで完成。ボタン全留めでプルオーバー風に着たジャケットと、揺れが華やかなプリーツスカート で、サマ見えコーデに。

▶︎忙しい朝はこれで決まり!サマ見えコーデに役立つアイテムは!? 【明日何着る?】

【9】ベージュブラウス×デニムパンツ

【5】ベージュブラウス×デニムパンツ

ブラウスの知的なハイネック&上品なピンクベージュがカジュアルなデニムスタイルを格上げし、〝大人のかわいげ〟を表現してくれる。足元はヒールで、いい女っぷりを強調させて。

▶︎春のデニムコーデは〝女っぽさをひとさじ〟で楽しみたい!

【10】黒スエット×カーキスカート

【6】黒スエット×カーキスカート

もともとトップスを選ばないタックスカートだけど、スポーティな黒のスエットでひねりを利かせれば新鮮に。襟元からTシャツをちらりとのぞかせるのも大事なテクニック。小物は女らしいデザインで、クリーンな雰囲気を保って。

▶︎黒スエットをおしゃれに着こなす最大のポイントはインから白をのぞかせる抜け感です!

【11】茶色ニット×白タンクトップ×カーキパンツ

【7】茶色ニット×白タンクトップ×カーキパンツ

一見ハンサムなコーデは、ニットの透け感とシルバーバッグのきらめきで女らしさをのぞかせて。パッと見はデートっぽくない、カーキ系のシアーなニットとチノパンの辛口コーデ。ほんのりとした肌の透け感と、旬のシルバーバッグでいつもとは少し違う〝気合い〟を見せて

▶︎一見ハンサムなスタイル。でも女っぽいそのワケは…

【12】ベージュカーディガン×黒カットソー×ベージュスカート

【8】ベージュカーディガン×黒カットソー×ベージュスカート

ロング&リーンのこなれ感漂うセットアップは 黒を効果的に差してメリハリを。ロングカーディガンとミディ丈タイトという 変化球セットアップで、ベージュの振り幅を広げて。主張のある小物使いでトレンドの空気感を添えるのが、ふたりめママ流のテクニ ック。

▶︎なんだかんだ言ってやっぱり便利なのはベージュのセットアップ!

【13】ベージュカットソー×黄色シャツ×黄色パンツ

【9】ベージュカットソー×黄色シャツ×黄色パンツ

女らしい透明感やフェミニンさをもちながら、おしゃれの現役感もある、ピーチ&ハニー。安心感のある色だからこそ、トレンドや遊び心を加えながら、大人の余裕を漂わせて着こなしたい!

▶︎春です!色を楽しむコーディネートが気分です

【14】白カットソー×ベージュパンツ×スニーカー

【10】白カットソー×ベージュパンツ×スニーカー

ラフになりがちな白カットソー×ニットパンツは、パイソン柄やパンツと同色の〝コンバース〟で洗練度を高めて。

▶︎ATONの白カットソーはカジュアルすぎないのが◎ラフなのに洗練された雰囲気に

【15】黒ブラウス×白パンツ

【12】黒ブラウス×白パンツ

女っぽいブラウスにダボっとしたボトムを合わせた、きれいめカジュアル。シアーブラウスは色々なブランドから出ていますが、これは首が詰まったデザインが今年っぽい。 上品さもあるので、大人にも着やすいのが嬉しいポイント。

▶︎こなれ感が半端ない! シアーブラウス × カジュアルパンツの組み合わせ

【16】黒Tシャツ×ピンクチュールスカート×黒ブーツ

【1】黒Tシャツ×ピンクチュールスカート×黒ブーツ

「ロングスカートは脚が隠れる気楽さで、地元での登場率が高いアイテム。パステルの服もただ甘いだけにまとめるより、黒の力を拝借して、ドラマティックなコントラストをつけるのが好き。ガツンとレースアップブーツを合わせて足元に重さを出します」(川人未帆さん)

▶︎Tシャツ&ウエストゴムスカートが〝ご近所スタイル〟に見えないそのワケは?

冬の大人カジュアルコーデ

【1】グレーコート×黒トップス×白シャツ×スカート

【1】グレーコート×黒トップス×白シャツ×スカート

カシミア100%のリッチな着心地を存分に楽しめるロングコート。体を包み込んでくれるガウン風コートは、はおるだけで佇まいがサマになるから、コートが着こなしの主役になる季節の相棒として手に入れたい。大きめのポケットも着映えのポイント!

▶︎上質なカシミアロングコートは旬のゆるっとシルエットで今どきに!

【2】白フーディ×ピンクプリーツスカート

【1】白フーディ×ピンクプリーツスカート

ホワイトフーディでクリーンでアクティブな印象に。オーバーサイズのフーディとプリーツスカートというボリューミーなアイテム同士なので、重心が下がりすぎないようヒールパンプスでバランスよく。ミニショルダーバッグであくまで女っぷりよく仕上げるのがポイント。

▶︎春も着たい!フーディ&プリーツスカートは相思相愛の組み合わせ

【3】グレーブラウス×グレープリーツスカート

【2】グレーブラウス×グレープリーツスカート

セットアップこなれた甘さをニュアンスカラーのグレージュで表現。コットン混のハリのある素材が、重たい印象になりがちな冬スタイルを軽やかに仕上げる。

▶︎HYKEのセットアップが美人見えすぎる!と評判です

【4】グレーカーディガン×白Tシャツ×白プリーツスカート

【3】グレーカーディガン×白Tシャツ×白プリーツスカート

パステルブルー&ふわふわ素材がフェミニンなロングニットカーディガンが主役のスタイル。辛口なミニバッグとスニーカーで甘さをやわらげて。

▶︎無敵のかわいさ!ブルー&白の配色は冬こそ着たい組み合わせ

【5】ベージュプルオーバー×ベージュスカート

【4】ベージュプルオーバー×ベージュスカート

もこもこ感が大人かわいいプルオーバーは、×タイトスカートで甘辛ミックスに仕上げるのが正解。レオパードやヒールパンプス、スカーフの女っぽ小物で、コーディネートがぼやけないようポイントをつくって。小物の色の濃さを少しずらすのもニュアンスを生むポイント。

▶︎圧倒的にかわいい!大人のふわもこコーデはこれでいく!

【6】グレーコート×グレーカーディガン×グレーパンツ

【5】グレーコート×グレーカーディガン×グレーパンツ

リラックス感のあるニットのセットアップでゆるカジュアルを堪能。グレーでも部屋着っぽくならないのは、くたっとしたレザーバッグやニット帽…、なにげないけどしっかり計算された黒小物のおかげ。

▶︎ニットアップ×カジュアル小物で、休日もかわいい女!【今日何着る?】

【7】白ダウンベスト×黒ニット×黒スカート

【6】白ダウンベスト×黒ニット×黒スカート

カジュアル度の高いダウンベストは、思いっきり〝女っぽく〟着こなすのが正解。 マーメイドスカートの利点は、腰回りがタイトなところ! ボリュームのあるダウンベストとのバランスが取りやすく、コーディネートにメリハリをつけてくれます。 さらに、マットなレザー素材を選べば、リッチ感が加わり上品さも増し増しに!

▶︎〝大人カジュアル〟が裏目に!? 「ダウンベスト」は女らしく着るのが正解です【やってはいけない冬服バランス】

【8】白フーディ×ベージュパンツ×レオパード柄ブーツ

【6】白フーディ×ベージュパンツ×レオパード柄ブーツ

存在感のあるレオパード柄はフーディやニットパンツでやわらかく。レオパード柄ブーツはカジュアルにこなすのが怖く見えない近道。フーディやニットパンツなどリラクシングなアイテムの引き締め役にして。

▶︎強すぎず品良く主張!存在感のあるレオパード柄投入で、いつもの着こなしが一気にモードに

【9】ネイビーコート×ベージュフーディ×ベージュパンツ

【7】ネイビーコート×ベージュフーディ×ベージュパンツ

チェスターとパンプスでロゴフーディをきれいめにまとめて。開けても身ごろが広がりすぎず、すっきり見えるチェスターコート。コンサバな着こなしはもちろん、フーディなどカジュアルなアイテムとも好バランス。

▶︎カジュアルコーデにもハマる超優秀「チェスターコート」、それどこの?

【10】白カーディガン×白ニット×グレーデニムパンツ

【8】白カーディガン×白ニット×グレーデニムパンツ

デニム=カジュアルのイメージを裏切るニュアンスのあるストーングレー。ローゲージのざっくり感がほっこり見えてしまうこともあるニットカーディガンも、程よい色落ちが大人にぴったりのグレーデニムを合わせれば、カリッとかっこよく攻略できる。靴と帽子、2点使いの黒で締めているのもポイント。

▶︎白のざっくりカーデを脱ほっこりを狙うなら合わせるのはこのアイテム!

【11】黒ニット×水色スカート×黒ブーツ

【10】黒ニット×水色スカート×黒ブーツ

はくだけで美人度が増すブルーのレーススカートが主役。フェミニン派なら、いつだって心惹かれるレーススカート。今までは黒が定番だったけれど、こんなサックスブルーに買い替えて。黒いニットや黒小物にも映え、忙しくても〝余裕のあるママ〟感が漂う。足元はパンプスやブーティ的な靴より、筒が長めのショートブーツを。今シーズンは、このボリューム感がカギ。

▶︎ストイックな黒と甘いブルーのギャップがクセになる!【明日何着る?】

夏の大人カジュアルコーデ

【1】黒Tシャツ×ブロンズ色スカート×黒スニーカー

【1】黒Tシャツ×ブロンズ色スカート×黒スニーカー

ドラマティックなアイテムをカジュアルな雰囲気に傾けるのが、今どきのおしゃれの解釈。布地の多い量感マキシスカート×重厚感のある黒のミドルテクスニーカーこそ、そんな気分を体現したマストな組み合わせ。白のライン使いやミッドソールで、 キレのある黒レザースニーカーながら無骨な印象は皆無。ヒール合わせのいかにもな装いは気分じゃないから、ぽってりした黒のミドルテクスニーカーを合わせてそれぞれの持ち味をミックスさせることで、こなれ感が一層アップ。

▶︎やっぱり相思相愛♡マキシスカート&スニーカーの組み合わせ

【2】グレーTシャツ×黒パンツ×白スニーカー

【2】グレーTシャツ×黒パンツ×白スニーカー

クールな黒スキニークロップドのコーデをさわやかに中和する白ミドルテクスニーカー。街へお出かけから公園、アウトドアまでいろんなシーンに対応するグレーT×黒スキニークロップドの着こなし。重たくなりすぎないよう、足元は白のミドルテクでクリーンに。

▶︎晩夏の週末コーデはシンプルカジュアルでいく!【今日何着る?】

【3】ベージュジレ×白Tシャツ×ベージュパンツ×白スニーカー

【3】ベージュジレ×白Tシャツ×ベージュパンツ×白スニーカー

“セットアップに白ミドルテク”は今旬のきれいめカジュアルが叶うワンツーコーデ。白スニーカーできれいめ感は死守。

▶︎セットアップにスニーカー。この組み合わせならおしゃれが即叶う

【4】白Tシャツ×グレーパンツ×白スニーカー

【4】白Tシャツ×グレーパンツ×白スニーカー

白スニーカーで足元に抜けを出し、クリーンにまとめるのが正解!白T×ワークパンツも旬ディテールでこんなにも新鮮!もはや夏の定番である白Tにワークパンツの組み合わせは、シンプルだからこそ旬ディテールでアップデート。クルーネック、ハイウエストの股上、足元は白ミドルテクでキレよく。

▶︎大人のワークパンツ着こなし術、ポイントは旬のディテールを取り入れること!

【5】黒ブラウス×白スカート×黒サンダル

【5】黒ブラウス×白スカート×黒サンダル

鮮やかなグリーンを差して快活なムードに。モノトーンに色を足すなら、今季は断然グリーンがおすすめ。インパクトのある色で、コーディネートに華やぎとエッジを仕込んで。

▶︎安心と信頼の〝モノトーンコーデ〟。あえて色を足すなら断然この色!

【6】ボーダーTシャツ×白パンツ×サンダル

【6】ボーダーTシャツ×白パンツ×サンダル

ピッチの違うボーダー柄Tシャツでモノトーン配色をリズミカルに更新。ともするとほっこりしがちなボーダー柄も、ネックラインの詰まったメンズTならエッジィな印象。マットなレザーの黒小物で引き締め、モダンな雰囲気を意識。

▶︎【ユニクロ】のメンズTシャツで作るお洒落カジュアル

【7】グレーシャツ×黒パンツ×サンダル

【7】グレーシャツ×黒パンツ×サンダル

メンズシャツのハンサム感を引き立てるモノトーンスタイルなら都会的な印象。キリッと見せつつも、フレンチリネンシャツのナチュラルな素材感で堅苦しい印象を回避。新鮮味のあるバンドカラーがおしゃれ。

▶︎無印良品のリネンシャツがあれば、こなれ&きちんとは即手に入る!

【8】カーキブラウス×パープルパンツ×ストール

【8】カーキブラウス×パープルパンツ×ストール

ジャケットもきちんと感を出す小物感覚でトッピングして。同じブラウスとパンツの着こなしでも、すそを アウトにして揺れ感を出すことで華やいだ印象に。色で締めずに全体の彩度を優しいトーンでそろえれば、フェミニン度がグンと高まります。

▶︎ポイントは揺れ感!華やかさ漂う大人フェミニンコーデ【明日、何着る?】

【9】ボーダーカットソー×黒チュールスカート×ピンクシューズ

【10】ボーダーカットソー×黒チュールスカート×ピンクシューズ

背中のVカットからヘルシーな色気が漂う、ベビーピンク×白のボーダー カットソー。たとえばここに、淡いカラーのチュールスカートを合わせてしまうと甘く転びすぎるけれど、黒ならモードな雰囲気もプラスされていい感じ。足元はホットピンクのヒールサンダルで、かっこよく、女っぽく振り切って !

▶︎「甘すぎない」がポイント!2度見を誘う、チュールスカートコーデ

【10】ネイビーTシャツ×ベージュスカート

【10】ネイビーTシャツ×ベージュスカート

コットン100%の着心地のいいTシャツは、ヘビーオンスで幅が広めのシルエット。夏のマストアイテムであるTシャツですが、落ち着き感のあるネイビーならラフな印象になりすぎず、都会的なイメージで着こなせます。 ネイビートップスとぜひ合わせたい好相性カラーといえば、ベージュ。まろやかさが加わって全身が軽やかに仕上がる。

▶︎大人カジュアルにTシャツを着こなすなら〝ハンサムネイビー〟をご指名!

大人カジュアルなワンピースコーデ

【1】白ワンピース×黒ブーツ

【1】白ワンピース×黒ブーツ

アイレットレースが施されたボリュームのあるシルエットと軽やかなコットン素材が人気の「マーレット」の名品ティアードワンピース。クリーンで無垢な表情の白ワンピースには、永遠に女性の憧れが詰まっている。

▶︎着映え度抜群! マーレットのティアードワンピース

h3>【2】白ニット×ストライプ柄ワンピース×ストライプ柄パンツのセットアップ

【2】白ニット×ストライプ柄ワンピース×ストライプ柄パンツのセットアップ

この春のトレンドでもあるストライプ柄を取り入れた、パッと目を惹くキャッチーな一着。スカイブルーや白などクリーンな色使いの小物を合わせ、全身をさわやかにまとめて。シルクのような柔らかでとろみのあるツイル素材だから、ワンピースははおりとしても活躍。セットアップ、ワンピース、はおり…とこれ1枚で多彩な着こなしを楽しめます。また、パンツはこの春らしいリラクシーなワイドシルエット。シルエットでも柄でもトレンド感を満喫して。

▶︎【40代の優秀セットアップ】ワンピース×パンツ編/ロング&リーンな着こなしで、即スタイルアップが叶う♡ おすすめセットアップ3選

【3】黒ワンピース×白カットソー×ボルドー色スカート

【10】黒ワンピース×白カットソー×ボルドー色スカート

シャツワンピの着流しとボディバッグでキレよく。定番化してきているプリーツだから、ワンツーコーデよりも半歩先を行くレイヤードで楽しむのが上級。黒シャツワンピをはおって、ややハンサムに。ボディバッグを斜めがけしたスポーティカジュアルな味付けで旬を感じさせて。

▶︎定番化してきた「カラープリーツ」。半歩先を行く着こなしは!?

【4】ネイビーワンピース×白スニーカー

【11】ネイビーワンピース×白スニーカー

適度なハリコシのニットがやわらかな立体感を生んで。きゅっと目の詰まったニット素材だから、スニーカーでちょっとカジュアルに外しても違和感なし。

▶︎エレガントな〝フレアニットワンピ〟ならカジュアルに外しても違和感なし!

【5】ネイビーブルゾン×青ワンピース

【13】ネイビーブルゾン×青ワンピース

前身ごろのタックデザインがさりげないポイントに。コンサバ度の高いタンクワンピース。ブルゾンや眼鏡など、カジュアルな要素を加えることでデイリーな表情を引き出して。

▶︎コンサバ度の高い〝タンクワンピース〟はカジュアルな小物と併せてデイリー使いに!

【6】ネイビージレ×黒ワンピース×ネイビーバッグ

【12】ネイビージレ×黒ワンピース×ネイビーバッグ

スポーティーなバッグをもう一歩洗練されたムードで持ちたいなら、服とバッグの色を合わせるのがオススメ。 スポーティなバッグが程よいアクセントになって、大人っぽいカジュアルスタイルが叶います。

▶︎休日コーデのお手本! スポーティバッグを使った大人カジュアル

【7】黒ワンピース×白Tシャツ×ベージュパンツ

【2】黒ワンピース×白Tシャツ×ベージュパンツ

ワンピースをロング丈のはおりとしてそれだけで大人っぽいリラックス感が漂う。ロング丈×ワイドパンツのレイヤードスタイルも、軽快な素材感のおかげで夏らしくさわやかに。

▶︎【無印良品】の名品で作る大人のレイヤードスタイル

【8】黒ワンピース×白スニーカー

【3】黒ワンピース×白スニーカー

「黒のワンピースはコットン素材。お洗濯しやすい素材だから、気兼ねせずにご近所にも活用します。レースやパフスリーブが 甘いからこそ、ドレスアップに振らないときは思いきりカジュアルな味付けでMIX感覚を楽しんで。遊び心のあるトートバッ グやダッドスニーカーで、スポーティな要素をトッピングします。靴もバッグもいつもより分量感があるので、ヘアは高め位 置でルーズなお団子にまとめてグッドバランスを意識」(川人未帆さん)

▶︎人気ママが教える!黒マキシワンピをカジュアルに着こなす方法

【9】白ワンピース×ベージュニット×ベージュプリーツスカート

【4】白ワンピース×ベージュニット×ベージュプリーツスカート

白シャツの上からベルトでマーク、 ちょっとしたテクで〝おしゃれも現役〞感を。合わせやすいベージュのプリーツはマ ストで常備したいアイテム。バサバサ ッとボリューミィになりがちなシャツ ワンピを太ベルトで引き締めて。

▶︎着やせも叶う、シャツワンピのおしゃれアレンジ着こなしテク

【10】花柄ワンピース

【5】花柄ワンピース

人気継続中のナチュラルな小花柄のマキシドレス。華奢なリボンを複数使いすることで、ゴージャスさとは異なる繊細なインパクトを表現。ともするとほっこりしがちなプリントも、黒のパイピングをほどこすことでシックな印象に。クラス感のあるグリーンのハンドバッグで、大人のムードをプラスして。

▶︎「バックシャン」のかわいい服をデイリーに♡ 人気ママ・川人未帆さんの春夏コーデ

【11】黒ワンピース×黒レギンス×スニーカー

【1】黒ワンピース×黒レギンス×スニーカー

パンチの効いたスポーティ小物でアクティブなムードを盛り上げる。ノーブルな黒のVネックワンピースに×レギパンをレイヤードして、脚さばきのよい軽快な着こなしにチェンジ。スパイシーなカラーが効いた小物で黒ワンピースのコンサバ感を程よく崩すと、モードなスポーティスタイルが完成。

▶︎脱・コンサバ!【ユニクロ】の黒ワンピで叶えるモードなスポーティスタイル

【12】グレーニット×グレーワンピース×ブーツ

【6】グレーニット×グレーワンピース×ブーツ

ヴィンテージ感のあるレースでカシミアニットに意外性を。ゆったりしたシルエットのカシミアニットは、ハグされているような幸せな着心地。自然と表情までやわらかくなり、〝かわいい女〟へ近づけそう。ヴィンテージ感のあるレースワンピースに重ね、女っぷりよく着こなして。トレンドのロングブーツでつくる、足元にボリュームのあるバランスも新鮮で楽しい。

▶︎ハグされているような幸せな着心地♡【ZARA】で見つけた、とっておきニット

【13】黒ダウンコート×オレンジワンピース×ブーツ

【7】黒ダウンコート×オレンジワンピース×ブーツ

バサッとはおったダウンがリブニットワンピの華奢感をあおって。スポーティな雰囲気はやっぱり苦手…というワー/ママに推しなのは、キルティングステッチのない表面がつるんとした「ダウンに見えない」一枚。

▶︎真冬のお助けコーデはダウン×細身ワンピースの鉄板コンビ

【14】ネイビーダウンコート×ネイビーワンピース×ブーツ

【8】ネイビーダウンコート×ネイビーワンピース×ブーツ

簡単かつ今っぽい着こなしを目ざすならダウン×ワンピースで!スエードとの異素材使い、取り外し可能なフード付き、コンパクトなアームホールなど、ONタイムに着やすい要素を含んだダウンコート。流行中のスモックワンピとワントーンでつなげると、決して時短コーデに見えない旬の装いが完成する。赤茶のロングブーツでツヤを足せば、華やかさも加わって。

▶︎簡単かつ今っぽい着こなしを目ざすならダウン×ワンピースで!【明日何着る?】

【15】黒ワンピース×黒ブーツ

【9】黒ワンピース×黒ブーツ

ロングワンピースからちらりとのぞかせるのが今旬。女らしさを強調するポインテッドトウにスティレットヒール、キュッと絞られた足首部分が〝マノロ〟らしい全方位美しいシルエット。サイドのステッチがどことなくボヘミアンなムード。この秋冬はワンピースやスカートからのぞかせる着こなしが断然気分。

▶︎オールブラックコーデが地味にならない秘訣は

こなれ感を醸すスタイリングが大人カジュアルの鉄則!

おすすめの大人カジュアルコーデをご紹介しましたが、いかがでしたか?カジュアルコーデも品の良さを適度にプラスして大人の装いに導きたいところ。タイプのコーデが見つかった際はぜひ取り入れてみてください。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事