デジタル依存症から脱したい!【働く女性の質問箱】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE働く

2020.07.03

「気づけばまたスマホを見てる」デジタル依存症から脱したい!【働く女性の質問箱】

お悩みでも多い「デジタル依存症」について。ひと足先に実践しているワーキングママがお答えします。働く女性の質問箱!

Tags:

Q:私、デジタル依存症みたいです。どうしたら抜けられますか?

答える人/浅倉利衣(フードインストラクター)

A:腕時計と目覚し時計を使い始めてみませんか

今はほとんどの人が感じているであろう、現代病ですよね。私自身も、仕事のためにSNSをやっていたつもりがいつのまにかスマホ依存症になっている、と危機感を覚え、今年の抱負は「デジタルデトックス」に決めました。

私が実際に行っていることで効果があるなと思うことをご紹介しますね。

1:外出時は腕時計をつける。
   →携帯で時間を見なくてすむ。食事中も会話をより楽しめるようになる。
2:目覚まし時計を使い、携帯のアラーム機能は使わない。
   →ついつい気になって見てしまうので寝室に携帯を持ち込まない。

まだまだ対策法はあるかと思いますが、今の時代、完全にデジタル遮断するのは難しいので、できることから少しずつ。特に2は、結果的に良質な睡眠をとれるようになって心身共に調子がいい。今後もずっと続けていきたいと思っています。

写真/(C)Shutterstock.com

フードインストラクター

浅倉利衣(あさくら りえ)

エルメスジャポン(株)に入社し、販売とバイイングを経験。その後、ミス・ユニバース・ジャパン元ナショナルディレクター、イネス・リグロンのパーソナルアシスタントをつとめる。長女妊娠をきっかけに、食について本格的に学び始め、Smart Foodヘッドインストラクターを経て独立。講演にも定評がある。プライベートでは、アメリカ人の夫と国際結婚し、6歳・3歳の娘をもつ。インスタ上でも垣間見せる飾り気のない性格やもの言いが人気。Instagram:@rietokyo_

●ご相談ごとは、domani2@shogakukan.co.jp までメールでどうぞ! 件名に「働くアラフォー質問箱」と書いてお送りください。すべてのご相談にお答えできるとは限りません。あらかじめご了承ください。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事