「すだれみたいなおくれ毛」は疲れて見える!救世主はスタイリング剤です【こなれたおくれ毛のつくり方】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

BEAUTYワーママ的“神”ヘアって!?

2019.06.10

「すだれみたいなおくれ毛」は疲れて見える!救世主はスタイリング剤です【こなれたおくれ毛のつくり方】

おしゃれなおくれ毛のつもりが、なんだか疲れた人に見える…。アレンジの決め手はおくれ毛なんです。きちんと巻いてスタイリングする。そのつくり方をマスターすれば、こなれアレンジもお手のモノ。ヘアアイロンでの巻き方のポイントも教えます。

Tags:

シンプルなひとつ結びでも、おくれ毛が素敵にできていれば気の利いた印象に。あれこれアレンジするのは難しいけど、おくれ毛にほんの少し手を加えるだけでおしゃ見えするなら、やらない手はないですよね。そこで、人気美容家の神崎 恵さんのスタイリングを担当するひとり、Un ami omotesandoの工藤由佳さんに詳しいつくり方を教えてもらいました。

「きちんと巻いてきちんとスタイリング剤をつけるのが鉄則!」

加賀美詠子さん(アクセサリーデザイナー・38歳)のお悩み
「全体にパーマをかけているので、ひとつ結びにするときは特に巻きません。パーマのせいか髪がパサついていて、おくれ毛を出してもすだれみたいになり、よく“疲れているの?”と聞かれるんです」

工藤さん:ひとつ結びの毛先はパーマの効果でニュアンスがつきますが、部分的なおくれ毛は巻きを足さないと動きが出にくいです。すこしずつ巻く、巻いたら散らしてスタイリング剤をつけるということを意識すると、見違えるほど完成度が高くなりますよ。パサついた髪のときは、ツヤが出るようにオイルをプラスするのを忘れずに。

【プロセス1:シアバターとオイルを混ぜて髪全体になじませる】

▲シアバターとオイルを1:1。オイルを足すことでのびよく髪になじみ、ツヤも出る。手のひらでよーく混ぜて指の間にも広げてから、髪の内側から手ぐしを通すようにしながら全体にしっかりなじませる。その後ひとつ結びにして、こめかみの上の髪をおくれ毛として出す。

【プロセス2:おくれ毛はストレートアイロンで曲線をつける】


▲ストレートアイロンで毛束の中間部分を挟み、手首をひねって返しながら毛束に曲線をつける。そのまま毛先までスルーさせて。これを2〜3回ほど繰り返し、自然なカールに。

【プロセス3:シアバターをつけて束感を出す】

▲指先にシアバターをほんの少しつけて、毛束を細かく取って指先でこすりながらなじませていく。パサつきがちな髪の場合、丁寧につけて。

できあがり!

見比べると分かりますが、おくれ毛が巻かれると毛先の位置が上がり、全体がリフトアップして見える効果も。これだけで老け見えが回避できるので、ぜひやってみてくださいね。

カットソー¥11,000(ゲストリスト〈ステートオブマインド〉) ヘアゴム¥18,000(ギャップインターナショナル〈コレットマルーフ〉) ピアス¥2,917(アビステ)

※この特集で使用した商品の価格は、すべて本体(税抜)価格になります。
※この特集で使用した商品についての問い合わせ先はこちらのページになります。

Domani6/7月号 「教えて! “神崎 恵さんみたい”なまとめ髪のつくり方」より
撮影/当瀬真衣(TRIVAL)  スタイリスト/角田かおる ヘア/工藤由佳(Un ami) メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) 構成/斉藤裕子

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事