あの大人気2.5次元俳優・植田圭輔さんがDomani初登場! 主演舞台&アニメ『pet』について未収録インタビューを公開!Vol.01 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE明日を頑張るためのエンタメニュース

2019.07.05

あの大人気2.5次元俳優・植田圭輔さんがDomani初登場! 主演舞台&アニメ『pet』について未収録インタビューを公開!Vol.01

端正な顔立ちに、熱い役者魂! 2.5次元舞台作品を中心に活躍する俳優・植田圭輔さんがDomani初登場! 本誌に載せきれなかった独占インタビューの内容を撮りおろしポートレートとともに公開します!

Tags:

甘いマスクに熱い役者魂! 人気俳優・植田圭輔さんの未収録インタビューがたっぷり!

舞台『弱虫ペダル』シリーズ、ミュージカル『ヘタリア』シリーズなど、数多くの人気2.5次元作品に出演してきた、俳優の植田圭輔さん。Domani8/9月号では、『イケメンAtoZ』という企画内で、誌面に初登場いただきました! ぜひそちらもチェックしていただきたいのですが、載せきれなかった写真&インタビュー内容をWEB Domaniで特別公開! 

端正な顔立ちにハートの中身は”漢”らしい! 植田圭輔さんの演技へのこだわりをお伺いしました!

▲本誌には載せきれなかった撮りおろしポートレートも合わせてお楽しみください♡

大人気SFコミックス『pet』の舞台&アニメで、主人公ヒロキを熱演!

独特の世界観で熱狂的なファンの多い、SFコミックスの金字塔『pet』。そのアニメ版、舞台版どちらの主役も務めることになった植田圭輔さん。他者の脳内に潜り込み、記憶を操作することができるという特殊能力を持った男たちを描く、繊細かつ複雑な感情表現が見所の作品でもあることから、「演じる前に役作りなどで悩まなかったか」と尋ねてみると、

「実は、僕はあまり、稽古の前に特別な役作りをすることはないんです」と意外な答え。

「台詞なんかも、みんなで演じながら覚えていくスタイル。一言一句を覚えるよりも、何を伝えたいのか、流れを先に理解して、体に入れたいんです。役に関しても、自分ひとりで考えて決め打ちでいくというよりは、演出家さんやほかのキャストと一緒に作っていきたい。それが舞台の醍醐味だと思っています」。
と、その言葉からは舞台経験の豊富さを感じることができました。

「舞台では、”自分の気持ちに嘘をつかない”ことを大事にしているんです。演技や演出の仕方に違和感があったら、すぐに口に出して言うようにしています。不器用かもしれませんが、理解できないままでは演じられないんですよね。」

▲この日の衣装はカジュアルな素材感のカーキのセットアップ。白Tと白スニーカーが爽やかに効いて、とっても似合っていました!

アニメのアフレコの前に、すでに舞台版前編『pet-壊れた水槽-』の上演を行った植田さん。いまは後編『pet-虹のある場所-』の稽古と、アニメのアフレコに努めているところだそう。舞台とはまた違うスキルを求められるアニメのアフレコですが・・・?

「そうですね、他の作品ですでにアフレコの経験はあったのですが、舞台に比べると経験値は少ないので、そこは現場の先輩達に付いていこう!という気持ちで挑みました。気を付けたのは、舞台で作り上げたキャラクター像に引っ張られすぎないこと。スタッフもキャストも演出家も違うものなんだから、ディレクションが違うのも当たり前。この前はこうだった、って余計なこだわりはいらないよな、と。アニメ版も、舞台と同じく、周りの皆さんとコミュニケーションを取りながら作り上げているところです」

実は「背中で語る」タイプ!? 主役=座長としての想いとは?

舞台、アニメと、どちらも主役=座長を務める植田さん。現場での振る舞い方など、主役として心がけたことはありましたか?

「それもあまりないですね。元々、僕は我が強い人間なので、稽古場や仕事ではそれをあまり出さないように気を付けているのも大きいかもしれません」
と、こちらも気負いのない答え。

「”頑張ろうぜ! みんなで熱くなろうぜ!”って声に出すよりは、まずは自分が100%の力で演技に挑むことで、自然と周りが付いてきてくれるのかなって思うんです。”背中で語る”じゃないですけど(笑)」と、その姿勢はなんともストイック。
“すごい男らしいんですね!?”とのツッコミに、「考え方が古風だって言われることはありますね(笑)。関西出身なので、なにわ魂が根底にあるのかも」と笑って答えてくれました。

 

端正な顔立ちに、熱いなにわ魂! 植田さんの魅力がもっと知りたい!ということで、独占インタビューはVol.02に続きます。引き続きチェックしてみてくださいね!

舞台『pet-虹のある場所-』2019年7月29日~8月4日(全9公演) 劇場:神田明神ホール 原作:三宅乱丈『ペット リマスター・エディション』(ビームコミックス/ KADOKAWA刊)協力:TVアニメ「pet」総合監修:なるせゆうせい 演出・脚本:伊勢直弘 制作:オフィスインベーダー 製作:舞台「pet」製作委員会
キャスト:ヒロキ/植田圭輔、司/桑野晃輔、悟/谷 佳樹、林/萩野崇、桂木/君沢ユウキ、ロン/伊勢大貴、ジン/あまりかなり (C)三宅乱丈・KADOKAWA/舞台『pet』製作委員かい

アニメ『pet』2019年放送予定! ◆スタッフ 原作:三宅乱丈『ペット リマスター・エディション』(ビームコミックス/KADOKAWA刊) 監督:大森貴弘 シリーズ構成:村井さだゆき キャラクター設計:羽山淳一 アニメーションキャラクターデザイン:工藤昌史 制作:ジェノスタジオ 製作:ツインエンジン ◆キャスト ヒロキ/植田圭輔、司/谷山紀章、悟/小野友樹、林/加瀬康之 (C)三宅乱丈・KADOKAWA/ツインエンジン

◆公式URLはこちら
◆公式Twitterはこちら

俳優

植田圭輔

うえだけいすけ・1989年生まれ。2007年の舞台デビュー依頼、現在まで100を超える舞台に出演。最近の主な出演作に、舞台『王室教師ハイネ-THE MUSICALⅡ-』、舞台『文豪ストレイドッグス 三社鼎立』など。

ジャケット¥29,000・Tシャツ¥6,900・パンツ¥15,000・靴¥18,000(アバハウス 原宿<アバハウス>)
◆この特集で使用した商品についての問い合わせ先はこちらのページにあります。

 

撮影/トヨダリョウ スタイリスト/角田かおる ヘア&メーク/山田亜沙美 構成/福本絵里香(本誌)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事