超人気双子ダンサー・KWON TWINSが語る「夢との向き合い方」【大和がゆく #10】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE明日を頑張るためのエンタメニュース

2019.07.13

超人気双子ダンサー・KWON TWINSが語る「夢との向き合い方」【大和がゆく #10】

俳優・大和孔太が気になる人に会いにいく本連載。今回は、YG ENTERTAINMENTのダンスチーム「HITECH」に所属する双子の人気ダンサー・KWON TWINSのワークショップに潜入!また、別途インタビューもさせていただきました。

Tags:

大和孔太、ダンスのワークショップに参加する

みなさんこんにちは。大和孔太です。今回はいつも以上に緊張しています。なぜなら…ダンスのワークショップに参加するからです。というのも、僕はダンスが得意ではありません。ついていけるか心配でしかないんです…。とはいえ!あの人気ダンサーのDeukieさんDonyさんのレッスンが受けられるのはすごく楽しみです。

全レッスンソールドアウトとなったKWON TWINSのワークショップ!

会場は子どもから大人まで幅広い年齢層が参加。女性の姿が多く見受けられますが、中には男性の姿も。

「みんなすごくダンスうまそうですね」と緊張が隠せない面持ちの大和。まわりがストレッチを始めているのをみて、まずはストレッチから。


「どんな振り付けなんでしょう。踊れるか本当に心配です」ととにかく落ち着きません。そうこうしているうちにワークショップの時間がスタート。

DeukieさんとDonyさんがレッスン室に入ると大きな歓声が。おふたりは挨拶を済ませるとすぐにストレッチをスタート。ストレッチをしている姿も動きがかっこいい!

▲そんな中、大和も頑張ります!

ストレッチを終えるといよいよ振り入れがスタート。

ひとつひとつの動きをしっかり説明し、的確にポイントを伝えてくれます。パートごとに進めていくのですが、参加人数が多いため、途中で立ち位置の前後を入れ替え、参加者全員がふたりの動きを見られるようにする配慮も。レッスンはふたりが参加者に直接声をかけながら指導が続いていきます。

▲真剣です!かなり難しい振りに悪戦苦闘。

今回の振り付けはかなり難度が高く、苦戦する人も。そんな人たちにも優しく声をかけ、ポイントを教えるふたり。こんな優しさもまた魅力ですよね。大和もかなり苦戦をしていましたが、レッスンが進むうちになんとか形に。

そして、最後まで振り入れが終わると参加者を4つのグループに分け、踊りをチェック。ときには参加者の輪の中に混じって踊りをチェックするなど、とても和やかな雰囲気が印象的でした。全員のチェックを終えるとふたりもパフォーマンスを披露!これがとにかくかっこよく、会場は大盛り上がり!大和もその迫力に見入っていました。

90分のワークショップはあっという間に終了。そんな中、大和はというと「めちゃくちゃ難しかったです…。周りの人たちの熱量が本当にすごくて刺激を受けました!みなさまにお見せできるほどのレベルではないですが、精一杯頑張りました。踊れるって本当にかっこいいですね。尊敬します。」ちなみに…ワークショップの最後に参加者全員で撮影した集合写真のどこかに大和が写っています!気づいた方はいらっしゃいます…か?

ワークショップを受けたのち、KWON TWINSにインタビュー!

レッスン受けた高揚感を胸に、おふたりへのインタビューへ。

大盛況だったワークショップ、日本で初めて開催していかがでしたか?

Deukie:韓国ではワークショップを行ったことがあったんですが、海外で行うのは初めてだったので心配や不安もたくさんありました。でも、たくさんの参加者の方に会えて感動しましたし、応援していただきすごく力をもらえました。感謝しかありません。ワークショップをする前は不安でしたが、やってみて参加者の方々が本当に喜んでくださって僕たちも本当にうれしかったですし、より大きな夢をもつようになりました。

Dony:Deukieさんが言ったように、最初は本当に心配と不安が大きかったのですが、たくさんの方が来てくださってみなさんが楽しそうに踊っているのを見てすごく勇気をもらえましたし、感謝の気持ちでいっぱいです。ふたりでアーティストとしてこういったワークショップを海外でするのが初めてだったのですが、この経験によってさらに大きな夢をもつようになりました。中には僕たちのファンという方もいて、本当に感謝しかありません。
 ▲右:兄のDeukie 左:弟のDony

ここで、実際にワークショップを受けた大和の話に…

Dony:最初のうちは大和くんの姿が見えたのに、最後の方は、姿が見えなくなってどこかに隠れてるんじゃないかな?あれ?どこいった?帰っちゃったの?って探しました(笑)。もっと踊っている姿が見たかったです。

大和:僕、ダンスが上手じゃないので自信がなくて…うまくできなくて申し訳なかったです。

Dony:そんな風に思わないでください!韓国の言葉で「最初は難しくても、続けていればうまくなる」という意味合いの言葉があるのですが、その言葉を大和くんに贈りたいと思います。

Deukie:今回のワークショップの内容は難しかったんです。ダンス経験がある人でも難しい振り付けだったと思います。だからできなかったことを悪いなんて思わないでください。最初はワークショップの内容を簡単にしようかと思っていたのですが、僕らのありのままの姿を見せることが大事だなと思い、今回の振りになりました。

Dony:そう、だから大丈夫です!

おふたりにそう言われ、安堵の様子の大和。おふたりがダンスを始めた時期を聞いてみると…

Deukie:12歳のころ始めました。僕たちの姉がダンスをやっていて、その様子を見ていたらダンスに興味をもつようになりました。

大和:おふたり、一緒にダンスを始めたんですか?

Dony:今もそうなんですが、僕たち30年間ずっと一緒にいるんです。ダンスを始めたのも同じタイミングでした。

Deukie:今はビジネスパートナーだけどね(笑)。

そんな冗談を交わし、笑い合うとても仲のいいおふたり。ずっと一緒にいたらケンカになったりしないんですか?と尋ねると

Dony:お互いに「こうしてほしい」と思うことなどはもちろんありますが、そういうときに二人の中で解決するためのルールのようなものがあってケンカになることはほとんどありません。

ふたりにとってダンスはどんな存在ですか

Deukie:人生において欠かせないもの。「Deukie、Dony=ダンス」というような、あって当たり前の名前のような存在です。ダンスなしの人生は考えられません。

大和:ダンスをやめたくなったことはありませんでしたか?

DeukieDony:あーーー!笑

と笑いながら顔を見合わせるおふたり。

Deukie:20代前半、今の会社(YG ENTERTAINMENT)に入ったら、すごくダンスが上手な人がたくさんいて、この中でやっていけるかな…と不安に思って辞めたくなったことがあります。でもこのことがきっかけでより頑張れましたし、色々な経験をしていい勉強になったと思っています。

KWON TWINSが夢をもつ子どもに伝えたいこと

Domaniが働くママ向けの媒体ということを伝え、ダンスをずっと続け今や高い人気を誇るダンサーとなったおふたりに「夢をもつ子どもたちに伝えたいこと」を尋ねてみると…。

Dony:ワークショップでお会いした方の中にもいたのですが、ダンスを続けていけばいくほど難しくて壁にぶつかることがあると思うんです。「自分はだめだ、諦めたい」って思ってしまう時期ほどポジティブに考えてほしいです。

Deukie:途中で諦めることが一番よくないこと。練習が本当に大切です。そして時間より質!短い時間の中でも集中してやっていくことが大切だと思います。マイナス思考よりプラス思考で練習に集中して大事にしていってほしいです。

「諦めない」「ポジティブな思考」おふたりが口を揃えて話したこのふたつ、なかなか難しくもありますが、その思いがあったからこそ、今のおふたりがあると思うと、ママ世代としては、自分自身はもちろん子どもにもその思考を大事にして欲しいと思わずにいられません。

アーティストのツアーで日本に来ることも多いと思いますが、日本の好きな場所はどこですか?

Dony:原宿です。すれ違う人を見るとすごく勉強になるしインスピレーションを受けています。裏原の狭い道にもおもしろいショップがたくさんありますし、時間を忘れるくらい楽しんでいます。

Deukie:この間、プライベートで日本に来たときに初めて東京ディズニーランドに行きました。今まで行ったことがなかったので、すごく楽しくて子どもみたいに楽しみました。3時間待って乗ったアトラクションがあるんです。名前が思い出せないのですが…ジェットコースターで…。すごくたくさん待ったのにすぐ終わっちゃいました(笑)。えっ本当!?って思いましたが、とても楽しかったです!

Dony:僕も行きたいです!行ったことないから…。

ちなみに、Deukieさん東京ディズニーシーにも行ったんだそう。

そんな中、最後に大和が聞きたいことはまさかの「好きな食べ物」!まさかの質問に思わず笑ってしまうおふたり。

Dony:ラーメンが本当に好きです。1日3食ラーメンを食べたこともあります(笑)。

大和:ちなみに好きなお店は…

Dony:一蘭です!ワークショップで福岡にも行くので、昼食で一蘭本店に行こうと思います!

Deukie:僕は牛カツ!2時間待って15分で食べ終わりました(笑)。その日が寒い日だったのでその後風邪をひいてしまいました(笑)。たこ焼きやお好み焼きも好きだし、カレーも好きです。

ちょっぴり食いしん坊な一面ものぞかせたおふたり。撮影中もインタビュー中もとても穏やかで気遣いがあふれている気さくで素敵な方たちでした。ちなみに大和がインタビューするときはすべて韓国語で頑張りました!

Deukieさん、Donyさんのサイン入りポラを2名さまにプレゼント!

Deukieさん、Donyさんと大和孔太さんのサイン入りのポラをいただきました。ご応募は以下の応募方法をご確認ください。

【応募の方法】 

●DomaniのTwitterアカウント(@Domani_magazine)をフォローしてください。 

※当選確認の際に必要となります。

●本記事告知ツイートに今回の連載の感想を添えて、リプライ&リツイートしてください。その際、必ず #KWON TWINS #大和孔太 #Domani #サイン入りポラプレゼント希望 のハッシュタグをつけてください。
●応募の締切:2019年7月20日(土)23時59分まで 
※厳正な抽選にて当選者を決定します。

※当選のご連絡は、7月末ごろの予定です。この連絡をもって当選者の発表と代えさせていただきます。当選についてはTwitterのDMでご連絡させいただきますので、DomaniのアカウントからDMが受け取れる状態にしておいてください。DM送付後、3日以上ご連絡いただけない場合は、自動的に当選キャンセルになりますので、あらかじめご了承ください。

※当落のお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
 
※いただいた個人情報はプレゼントの抽選、当選者へのご連絡以外には使用しません。

インタビュー

KWON TWINS

兄:Deukie、弟:Dony
1989年11月20日生まれ。BIGBANGやWINNER、iKON、BLACKPINKなど多くの人気アーティストが所属する事務所「YG ENTERTAINMENT」のダンスチームHITECHに所属。アーティストのダンサー、振り付けなどを担当。YG ENTERTAINMENTが運営する「X ACADEMY」にて講師としても活躍。また、その端正なルックスと見る者の目を釘付けにするダンススキルで高い人気を博し、広告などにも出演。自身のファッションブランド「_differentbutsame®」をもつなど、そのファッションセンスにも注目が集まるDeukie Instagram:@deukie_______    Dony Instagram:@_______youngmoney

俳優

大和孔太

やまとこうた 1994年生まれ。熊本県出身。YG ENTERTAINMENT JAPAN所属。第4回ブックショートアワード大賞作品原作 特別製作ショートフィルム 『名前って、ふたつ以上の鐘の音』がひかりTVにて配信中。また、地元熊本では『くまパワ+』(KAB熊本朝日放送)内でレポーターとしても活躍中。特技はアクション、趣味は料理、美術館巡り。現在、韓国語勉強中(ハングル語検定3級所持)。インスタグラム▶︎@kohta_yamato ツイッター▶@Ky42746115

大和さん衣装:セットアップ¥13,500(ナノ・ユニバース カスタマーサービス〈ナノ・ユニバース〉)

問い合わせ先 ナノ・ユニバース カスタマーサービス
TEL 0120-70-5088 営業時間 10:00〜19:00
※この特集で使用した商品の価格は、すべて本体(税抜)価格になります。

「大和がゆく」過去の連載はこちらから

撮影/田中麻以

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事