コテいらずでこんなにおしゃれ!シンプルな上品シニヨンの作り方【簡単ヘアアレンジ】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

BEAUTYワーママ的“神”ヘアって!?

2019.08.21

コテいらずでこんなにおしゃれ!シンプルな上品シニヨンの作り方【簡単ヘアアレンジ】

「ハリとボリュームがあってなかなか扱いにくい」という、美人スタイリストの亀 恭子さんの髪にぴったりな、巻かずにできるお手軽アレンジを紹介。

Tags:

巻かずにOK!タイトで上品なシンプルシニヨンはツンツンした毛先を活かして

今年の夏も、ヘアアレンジに時間をかけていられないほど暑い!この暑いときに髪を巻くなんてもってのほか、という人も少なくないはず。髪を乾かすだけで精一杯ですよね。そんなときは、巻きもニュアンスもいらない、タイトなシニヨンがぴったりです。

「パーティでは飾り立てずとも、エレガントな印象に」がモットーの亀さん。着こなしがレディになる分、髪はミニマルにするといい感じのバランス。ボリュームとハリのある髪質をタイトに仕立てるなら、スタイリング剤をいつもより多めに使うのがポイント。「髪にハリがあると毛先がツンツンしてしなやかに見えない」という悩みも、あえてそのツンツンさを生かしたデザインにして、解消しちゃいましょう!


▲全体のシルエットはミニマムにまとめつつ、ツンツンした毛先は入れ込まずあえて見せて素敵なアクセントに!

【Process 1】ふわふわ厳禁!スタイリング剤+コーム使いで表面をピタッと抑える

ブローしたただけの髪でそのままアレンジ。オイルを2プッシュ、バーム指先に軽くひとすくいの量を手のひらでよく混ぜ、根元近くから髪全体になじませる。コームを使ってセンターパートにし、表面をなでつけるようにしっかりとかしてボリュームをピタッと抑えて。

【Process 2】両サイドの毛束を残して後ろでシニヨンに

両方の耳前の髪を残して、全体の髪は後ろの低い位置でまとめ、毛先を引き抜かない輪結びに。そのとき、毛先が上にツンツン出るように結ぶのがコツ。輪結びにした部分は毛束を広げるようにほぐし、ボリュームを出してからピンで留める。

【Process 3】残しておいた両サイドの毛束を、結び目に巻きつけてピン留め

残しておいた耳前の毛束は、軽くねじりながら頭に沿わせて後ろの結び目に巻きつけ、ピンでしっかり留める。逆サイドも同様に。最後に全体にヘアスプレーを吹きつけて、形をホールド。

全身コーデはこちら

「ドレスは〝アンスクリア〟、サンダルは〝サンローラン〟、ピアスは〝MAAYA〟。Iラインシルエットが映えるバランスで、洗練された雰囲気をつくります」と亀さん。タイトなアレンジで頭がコンパクトに見えるので、全身もすっきりしたシルエットが好相性ですね!

Domani 8/9月号『実はヘアアレンジ下手なもので…。』より

撮影/嶋野 旭 スタイリスト&モデル/亀 恭子 ヘア&メーク/森野友香子(Perle Management) 構成/斉藤裕子 再構成/Web Domani編集部

※この特集で使用した商品はすべて本人私物です。お問い合わせはご遠慮ください。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事