【バスソルト】のおすすめ3選|ポイントを押さえてリラックスタイム | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYビューティニュース

2019.09.25

【バスソルト】のおすすめ3選|ポイントを押さえてリラックスタイム

仕事・家事・育児と、ワーキングママは毎日大忙しです。日頃の疲れを取るためにも、バスソルトを上手に活用してみてはいかがでしょうか。バスソルトをお風呂に混ぜれば、体を洗うだけのバスタイムがリラックスできさらに楽しくなるでしょう。

【目次】
バスソルトについて知ろう
バスソルトを選ぶ時のポイントとは?
おすすめのバスソルトで気持ち良く入浴を

バスソルトについて知ろう

バスソルトは入浴する時にお風呂に入れる入浴剤のことを指しますが、通常の入浴剤と同じものだと考えている人も多いのではないでしょうか。実は、厳密にいうと細かな部分で使用している成分や種類は異なります。バスソルトと入浴剤の違いについて簡単におさらいしておきましょう。

バスソルト とは おすすめ 選び方 ポイント リラックス バスタイム

(C)Shutterstock.com

バスソルトって?入浴剤との違いとは

バスソルトは、ミネラルが豊富に含まれた天然塩にラベンダー・ユーカリなどのハーブや香料で香り付けされたものです。お風呂で使用されることを目的に作られており、香りのバリエーションも豊富なため、好きな香りを探してリラックスタイムを楽しめます。

入浴以外にもボディマッサージ・足湯などにも活用でき、美容に興味がある人にぴったりのバスグッズです。バスソルトに含まれる天然塩などによって体の汚れが落ちやすくなります。

一方で入浴剤は、入浴の際に浴槽内の湯に投入する物質のことであり、「固体」「粉末」「液体」の三つの種類に分けることができます。これらの成分には、植物や漢方薬が入っているものや温泉成分の入っているタイプもあります。

塩の種類で気分も異なる

バスソルトに使用される原料は主に三つあります。天然の塩を成分としている「ヒマラヤ岩塩」「死海の塩」と、塩分を含んでおらず精製した硫酸マグネシウムを主成分としている「エプソムソルト」が挙げられます。

天然塩のバスソルトは保湿にも良く、老化した皮膚の細胞を取るサポートをしてくれます。硫酸マグネシウムは水に溶けやすい特性があり、滑らかな肌触りをより実感できるでしょう。塩の種類でバスタイムの気分を変えることができるのもバスソルトの特徴ではないでしょうか。

バスソルトを選ぶ時のポイントとは?

バスソルトを選ぶ際にはどのようなポイントを重視すれば良いのでしょうか。ポイントは、香りやサイズ、パッケージのデザインやソルトの種類、成分などです。お気に入りのバスソルトを見つけるためにも選び方を確認してみましょう。

バスソルト おすすめ 選び方 ポイント リラックス バスタイム

(C)Shutterstock.com

まずは好みの香りかを確認

バスソルト選びで失敗しないためには、まずは自分が好きな香りかどうかを確認しましょう。多くのメーカーでは、ハーブ系・樹木系・柑橘系・フローラル系など香りのラインナップが豊富に用意されています。

健康に良い成分が入っていても、苦手な香りでは落ち着いて入浴できません。バスタイムは心も体もリラックスできる癒しの時間ですので、好みの香りかどうかを確かめてから購入しましょう。匂いに敏感な人は、無香料タイプのバスソルトもありますので、そちらを選ぶことをおすすめします。

サイズやデザインにも注目

バスソルトは商品によって内容量が異なり、多いものほど安くなる傾向があります。そのため、毎日のバスタイムで使いたい人など、バスソルトを頻繁に使う人にはコスパが良いでしょう。ただ、開封後に密閉できないタイプは、空気に触れるため酸化しやすく、長期間の使用の際は注意をしましょう。

毎日湯船に浸かる習慣がないのなら、短期間で使い切れる内容量を選びましょう。特にこだわりがない人は、パッケージのデザインにこだわってみるのも一つの方法です。見る度に気分が上がったり、癒されたりするデザインを選べば、バスタイムがさらに楽しい時間になるでしょう。

ソルトの種類や成分によっても違いが

ソルトの種類や成分を把握することによって、選び方も大きく変わってきます。ヒマラヤ岩塩は湯冷めしにくい特徴で、死海の塩は血流を良くしたり、ひじの黒ずみ・かかとの角質ケアができたりと便利です。天然塩はお湯に溶けずにざらざらした感触が残ります。滑らかな感触を好む人は、水に溶けやすい硫酸マグネシウムが主原料のバスソルトを選ぶと良いでしょう。

バスソルトに使われるヒマラヤ岩塩・死海の塩・エプソムソルトの違いを知り、上手に使い分けをして、さまざまなバスソルトを試してみるのもおすすめです。

おすすめのバスソルトで気持ち良く入浴を

バスソルトの種類は数えきれないほどさまざまな商品があり、どれを選べば良いのか悩んでしまうこともあります。おすすめのバスソルトを参考に、気になるものから試してみてはいかがでしょうか。

バスソルト おすすめ 選び方 ポイント リラックス バスタイム

(C)Shutterstock.com

世界各国の塩を体験 ジーピークリエイツ「リトルアナザートリップ」

G.P.CREATE(ジーピークリエイツ)の「LITTLE ANOTHER TRIPリトルアナザートリップ」は、世界各地の天然塩を使ったバスソルトのセットです。オーストラリア・ヒマラヤ岩塩・アドリア海・フランス・死海の5種類で、それぞれ1回で使い切ることができます。パッケージがおしゃれなため、友人やママ友へのギフトにもおすすめです。

バスソルト おすすめ 選び方 ポイント リラックス バスタイム ジーピークリエイツ リトルアナザートリップ オーストラリア ヒマラヤ イタリア ブルターニュ 死海の海水 

商品名:ジーピークリエイツ リトルアナザートリップ

爽やかな香りが魅力 ハウス オブ ローゼ「コリキュアーズ バスソルト」

HOUSE OF ROSE(ハウス オブ ローゼ)の「コリキュアーズ バスソルト」は、ショウガ・アサイヤシなど自然由来の保湿成分を使用しているバスソルトです。リーフィージンジャーの香りが爽やかに広がります。1本で約10回分使用でき、無着色・無鉱物油・パラベンフリーなど肌にも優しい成分で作られているのが魅力です。

バスソルト おすすめ 選び方 ポイント リラックス バスタイム ハウス オブ ローゼ コリキュアーズ バスソルト 330g

商品名:ハウス オブ ローゼ コリキュアーズ バスソルト 330g

デザインも可愛い サボン「バスソルト」

SABON(サボン)の「バスソルト」は、イスラエル発の死海の塩で作られたバスソルトです。主要都市にお店が展開されているので、店舗に行く機会がある際はぜひチェックしてみてください。タンブラー型のおしゃれな透明ボトルに天然塩バラの花びらが入っています。香りの種類は定番のローズから、甘い香りが広がるバニラなどがあり、バスタイムでリラックスした気分を満喫できるでしょう。

バスソルト おすすめ 選び方 ポイント リラックス バスタイム サボン バスソルト SABON

商品名:サボン バスソルト

あわせて読みたい
リフレッシュに最適!クナイプの限定バスソルトが魅力的すぎる
本当に効く!と話題の、魔法使いが作ったバスソルトって?
安眠も美肌も叶えたい!医師がおすすめする食べ物や安眠グッズ・アロマオイルをご紹介

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事