【Androidスマホ】のおすすめ6選|キャリア版、SIMフリー別に紹介 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEデジタル

2019.12.02

【Androidスマホ】のおすすめ6選|キャリア版、SIMフリー別に紹介

豊富なラインナップが魅力のAndroidスマホですが、機種によって特徴が異なるため、選ぶのが難しい一面もあります。また、通信会社によっては使えない機種もあるので注意が必要です。Androidスマホの上手な選び方と、おすすめ機種を紹介します。

Androidの基本知識

普段何気なく耳にする「Androidスマホ」ですが、そもそも「Android」とは何のことを指すのでしょうか?Androidとは、アメリカの「Google社」が開発した、OS(スマホを動かすための基本システム)の名称です。スマホのOSには、Androidのほかに、「Apple社」が開発した「iOS」があります。

iOSが、iPhoneやiPadなどApple社が製造・販売する端末にしか使われていないのに対して、Androidは世界中のスマホメーカーに、無償で提供されています。

Androidを使うことで、メーカーはOSの開発に人員や経費を割く必要がなくなり、スマホ本体の開発に専念できるようになりました。その結果、多くのメーカーがAndroidスマホの製造・販売に参入し、現在では世界中で利用されています。

iPhoneとAndroidの違い

iPhoneとAndroidスマホには、OSの違い以外にも、さまざまな相違点があります。iPhoneは、OS開発から端末の製造・販売まで、すべてApple社が仕切っています。端末の種類は少なく、アプリの審査も非常に厳しいのが特徴です。その代わり、端末の品質やアプリの安全性は、Androidスマホに比べて高いと言えます。一方、Androidスマホは各メーカーが自由に製造できるため、iPhoneにはない、便利な機能を搭載した機種がたくさんあります。例えば、iPhoneにはSDカードスロットがありませんが、Androidスマホでは、ほとんどの機種に付いています。ほかにも、画面の操作方法やホームボタンの数、認証方法など、細かい部分で違いが見られます。

(C)Shutterstock.com

Androidスマホの選び方

選択肢の多いAndroidスマホから、ベストな1台を選ぶには、契約する通信会社や用途、スペックなど、さまざまな角度から比較検討していく必要があります。それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

キャリア版かSIMフリーか

スマホは、契約者情報を記録する「SIMカード」の種類によって、「キャリア版」と「SIMフリー」に分けられます。キャリア版とは、docomo、au、Softbankの大手3社が扱うスマホのことで、契約から一定の期間は、各キャリアが発行するSIMカードしか使えません。その代わり最新の人気機種が多く、店頭で申し込むだけで、面倒な設定も全てやってもらえます。一方のSIMフリーは、購入後、自分でSIMカードを用意して挿入する必要があります。少し面倒ですが、「楽天モバイル」や「LINEモバイル」などの格安SIMが使えるので、月々の通信料金を大幅に減らせます。また、海外旅行の際に、現地のSIMカードに差し替えて使うことも可能です。

使用する用途に合わせて

スマホの用途も、機種選びの大切なポイントです。SNSに写真や動画を投稿したり、子どもの様子を記録に残したりしたいなら、カメラの性能やストレージ(保存容量)をチェックしましょう。オンラインゲームで遊びたい人は、画面の大きさや、「RAM(ランダムアクセスメモリ)」、「CPU(中央処理装置)」の数値に注目します。

RAMやCPUの数値は、大きいほどデータ処理能力が高くなるため、データ容量の多いゲームを快適にプレイするなら、できるだけ数値の大きな機種がおすすめです。通勤途中に音楽を聴いたり、マンガを読んだり、外出先で長時間使う場合は、バッテリーの容量や充電スピードを重視します。

スペックや機能から

Androidスマホには、高いスペックを誇り、多彩な機能を持つ機種がたくさんあります。ただしハイスペックな機種ほど、当然価格も高くなりますので、予算や用途に応じて、適切な機種を選ぶようにしましょう。

スマホのスペックで最も注目したいのは、「ストレージ」です。ストレージが大きいほど、多くのアプリをインストールできるほか、写真や音楽、動画などのデータもたくさん保存しておけます。機能面では、指紋や顔で認証する「生体認証」や、ケーブルの要らない「ワイヤレス充電」などが便利です。水回りで使うことが多い人は、防水性能も要チェックです。

(C)Shutterstock.com

キャリア版おすすめAndroidスマホ3選

続いて、高性能な最新機種がそろうキャリア版のAndroidスマホから、おすすめの3点を紹介します。

docomo、au、Softbankで取り扱い SONY「XPERIA1」

SONY「XPERIA1」

「XPERIA1」は、SONYの「XPERIA」シリーズの最新機種です。「有機ELディスプレイ」搭載で、美しい4K映像を表示できます。SONYならではの、デジタル一眼カメラ技術を取り入れた、トリプルレンズカメラも特徴的です。標準、望遠、広角の三つのレンズを切り替えて撮影できるほか、手ブレ補正や連写、暗い場所での高感度撮影など、充実の機能で誰でも簡単にクリエイティブな写真撮影を楽しめます。docomo、au、Softbankの3社で購入できますが、選べる色の種類が多少異なります。

Xperia 1 SO-03L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

Xperia 1(エクスぺリア ワン)SOV40 | スマートフォン(Android スマホ) | au

Xperia 1 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

docomoとauの取り扱い SAMSUNG「Galaxy S10+」

SAMSUNG「Galaxy S10+」

SAMSUNGの「Galaxy S10+」は、Androidスマホの中でもスペックが高いことで人気の、「Galaxy Sシリーズ」の最上位機種です。トリプルレンズカメラや大きなRAM、3D指紋認証、大容量のバッテリーなど、あらゆる面で他の機種とは一線を画しています。6.4インチの大型ディスプレイにもかかわらず、175gと軽量な点も、女性にとっては見逃せません。また、家族のスマホやイヤホンを無線で充電できる、「ワイヤレスパワーシェア」が搭載され、充電器やケーブルをたくさん用意する必要がないのもポイントです。取り扱いキャリアはdocomoとauで、docomoはブラックのみ、auはブラックとホワイトの2色から選べます。

Galaxy S10+ SC-04L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

Galaxy S10+(ギャラクシー エステンプラス)SCV42 | スマートフォン(Android スマホ) | au

docomoとSoftbankの取り扱い「Google Pixel 3a」

「Google Pixel 3a」

「Google Pixel 3a」は、Androidの生みの親、Google社が製造・販売しているスマホです。メーカーによるオリジナル機能などが無い分、シンプルで操作しやすくなっています。5万円前後と手頃な価格ながら、スペックやカメラ、バッテリーの性能は十分です。docomoとSoftbankで取り扱っており、docomoはブラックとホワイトの2色、Softbankはブラック・ホワイト・パープルの3色から選べます。

Google Pixel 3a | 製品 | NTTドコモ

Google Pixel 3a 料金・割引 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

SIMフリーのおすすめAndroidスマホ3選

最後に、スマホ代を節約できる、おすすめのSIMフリーAndroidスマホを紹介します。

国内ブランドにこだわりたいなら SHARP「AQUOS sense lite」

国内ブランドにこだわりたい人には、SHARPの「AQUOS sense lite」がおすすめです。高精細な液晶ディスプレイで、SHARPの液晶テレビ「AQUOS」同様、臨場感あふれる映像を楽しめます。

また、水濡れに強く、濡れた手で触っても誤動作を起こしにくいので、料理の途中でレシピサイトを見たり、風呂に入りながら動画を観たりする時もスムーズです。

商品名:SHARP AQUOS sense lite

高スペックが安価で手に入る HUAWEI「P30 lite」

中国のメーカー、HUAWEI(ファーウェイ)の「P30 lite」は、価格の割りにハイスペックな、コストパフォーマンスの高いスマホです。

iPhoneと似たユーザーインターフェースが特徴で、iPhoneからAndroidスマホに初めて乗り換える人にもおすすめできます。

バッテリー容量が大きく、専用充電器を使えば高速充電も可能なので、ヘビーユーザーでも不満を感じることは少ないでしょう。トリプルレンズのカメラを搭載している点も魅力です。

商品名:HUAWEI P30 lite

高性能かつロングバッテリー ASUS「ZenFone Max(M2)」

バッテリー容量を重視する人におすすめなのが、台湾のメーカー、ASUS(エイスース)の「ZenFone Max(M2)」です。

現在販売されているスマホのバッテリー容量が、平均2000〜3000mAh程度なのに対して、こちらの機種は4000mAhと大きく、待ち受けだけなら1カ月ほどもちます。

2枚のSIMカードを同時に挿せる「デュアルSIM」に対応しており、1台で二つの電話番号を使い分けることも可能です。

商品名:ASUS ZenFone Max(M2)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事