スマートで好印象な【オーダースーツ】が着たい!|オーダースーツの種類・オーダー時の注意点・おすすめ店(まとめ) | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

FASHIONファッションコラム

2019.11.25

スマートで好印象な【オーダースーツ】が着たい!|オーダースーツの種類・オーダー時の注意点・おすすめ店(まとめ)

オーダースーツの作り方やおすすめブランドが分からないという人も少なくありません。理想に近いオーダースーツを仕立てるためには、オーダースーツの魅力や作り方を知っておくことが大切です。おすすめブランドを参考に、ワンランク上のおしゃれを目指しましょう。

【目次】
オーダースーツの魅力を知ろう
オーダースーツの種類とは
オーダースーツを作る時の注意点は?
オーダースーツ店の上手な選び方

オーダースーツの魅力を知ろう

フォーマルな格好や仕事の場面など、多くのシーンで着用が求められるスーツですが、生地やボタンなどを自分好みのオーダースーツにすることで、さらにシャキッとした印象に仕上がり、好印象になります。オーダースーツの魅力を知れば、さらに理解が深まり、良いスーツを作るヒントとなります。どのような魅力があるのかについて見ていきましょう。

(C)Shutterstock.com

自分の体型に合ったスーツにできる

オーダースーツは、ウエストや肩幅、腕の長さなど、自分の体格にあったサイズ感に仕上がるのが魅力のひとつです。事前にスーツ作りに必要な採寸やサイズ調整を行うことで、自分好みのスーツが出来上がります。

既製品のスーツは、S・M・Lなど、規格に合わせたサイズで作られていることがほとんどです。しかし、身長が同じ人でも、ウエストや腕の長さが人それぞれ違うため、自分の体型に合ったサイズが見つかるとは限りません。

ウエストはぴったりでもパンツの丈が長すぎたり、袖と腕の長さが合わなかったりと、フィットする部分とそうでない部分が出てしまうでしょう。その点、オーダースーツであれば、自分の体型を測りそのサイズに合わせられるため、フィットするスーツを着用することができます。

長持ちするので愛着を持てる

体にピタッとしすぎるスーツを着ると、肘・脇の下・股・膝などが生地と擦れてしまい、反対にサイズが大きすぎる場合でも、生地にシワやヨレができることで、生地を傷める原因を作ってしまいます。

一方で、オーダースーツは上質な生地を使う点や、使用用途や着る人の動きに合ったデザインで仕立てるため、既製品のスーツよりも傷みにくく、長持ちしやすくなります。長持ちする物には愛着が持てるようになり、より「大切に着よう」という意識が働きます。

スマートで印象が良くなる

オーダースーツはスーツのデザインやシルエットで、強調したくない部分を控えめに隠し、体型をカバーしてスマートに見せることも可能です。スマートなシルエットは、相手に良い印象を与えることができます。上質なオーダースーツに身を包めば、ビジネスシーンやフォーマルなシチュエーションで、相手に良い印象付けができるでしょう。

(C)Shutterstock.com

オーダースーツの種類とは

オーダースーツの種類は、大きく分けて「フルオーダー」「パターンオーダー」「イージーオーダー」の三つが基本となっています。それぞれの特徴を押さえておきましょう。

一から作れる「フルオーダー」

オーダースーツの生地やデザインなど、一から作りたい人には、型紙を手書きで書き起こす「フルオーダー」がおすすめです。フルオーダーは、自分の体型にフィットした希望に叶ったスーツが作れます。

サイズ・体型補正に制限がなく、袖や裾などの長さや、なで肩・いかり肩・猫背など、特徴のある体型でも着る人に合ったサイズに調整できます。

フルオーダーでは、スーツ作りの工程でシワを意図的に作る「クセ取り」の作業があるため、スーツを着用した時にシワが一つもないパリッとしたスーツに仕上げることが可能です。

敷居の低く低コスト「パターンオーダー」

なるべく低コストに抑えたオーダースーツに仕立てたいという人も少なくありません。「パターンオーダー」であれば、低コストでスーツを作ることができます。

パターンオーダーがフルオーダーと異なるのは、型紙作りから始まるのではなく、「パターン」と呼ばれるサンプルスーツを試着する点です。パターンのサイズとの差異を基に、手直しするため、型紙や採寸などの工程を減らすことができます。

結果として、短期間かつ低コストでスーツを作ることが可能です。パターンオーダーは、時間や手間、コストがかかるオーダースーツのイメージを刷新したため、「敷居が低くなった」と感じる人も多いでしょう。

フィット感重視なら「イージーオーダー」

「イージーオーダー」は、フルオーダーとパターンオーダーの中間の満足度が得られるオーダー方法です。袖や裾を調整するサイズ補正だけではなく、体型補正にも対応しているため、より自分の体型にフィットしたスーツが作れます。

イージーオーダーは既存の型紙から作られ、フルオーダーほど自由度は高くありません。しかし、工程が減ることで、仕立てるまでの期間が短くなったり、コストが抑えられたりと、メリットも多いです。オーダースーツにお金はかけられないけれど、体型にフィットするスーツが欲しいという人は、イージーオーダーを選びましょう。

オーダースーツを作る時の注意点は?

オーダースーツの購入後に「サイズが合わない」という事態はなるべく避けたいものです。オーダースーツを作る時の注意点を確認しておきましょう。

既製品より手間とお金がかかりやすい

採寸や試着などで何度か店に出向く必要があります。1回で採寸を終わらせてくれるお店もありますが、納得するまで試着することによって時間がかかってしまいます。そのため、仕事帰りや休日に時間に合わせてオーダースーツを作る必要があります。

しかし、店によっては自宅や会社などの指定場所で採寸をしてくれる所もあるため、店に行くことが難しい人は出張サービスのある店を選ぶことをおすすめします。

またオーダースーツは、高品質の生地を使用したり、サイズ調整やデザインの要望を叶えたりと、手間がかかるため、価格も高くなりやすいです。オーダー前に予算を決めて、必要以上の出費がないように注意をしましょう。

実際に着用できるまでに時間が必要

既製品のスーツであれば、裾直しをしてもらっても当日中に持ち帰ることができます。しかし、オーダースーツは採寸やサイズ調整、本縫いなど、さまざまな工程があるため、実際に着用できるまでには時間が必要です。

パターンオーダーやイージーオーダーであれば、1~2カ月程度の時間がかかります。フルオーダーなら、1~3カ月程度の期間が必要だと理解しておきましょう。

すぐにスーツが必要という人には向いていません。オーダースーツを着る予定があるのなら、着る日から逆算してオーダーしましょう。

オーダースーツ店の上手な選び方

初めてオーダースーツを作る場合、店選びが重要なポイントになります。どのような点に注目して店選びをすれば良いのか、気になる人も多いでしょう。ここではオーダースーツ店の上手な選び方を紹介します。

(C)Shutterstock.com

パターンの選択肢が多い店を選ぶ

オーダースーツ作りが初めての人は、パターンの選択肢が多い店を選びましょう。特にパターンオーダーの場合、型紙を使用せずにパターンが「スーツの原型」になります。

自分の体型に合わないパターンを用いれば、満足のいくスーツを作るのは難しいです。実際に、オーダースーツの購入後に「思っていたサイズと違う」と、店側とトラブルになることも少なくありません。

パターンの種類がどれくらいあり、自分好みのデザインがあるのかどうかを事前にチェックしておくことが大切です。その中で選択肢が多く、好みのデザインが多いと感じる店を選ぶようにしましょう。

アフターサービスをチェック

良い店を選ぶには、アフターサービスがあるかどうかについてもチェックしておきましょう。オーダースーツを初めて作る場合、完成後に着用してから手直しが必要なケースも少なくありません。

そんな時のために知っておきたいのが「お直し保証」です。お直し保証の内容は店によって異なり、1年間の保証を付けている店もあれば、「購入後1カ月間のお直しは無料」「ウエスト調整はいつでも無料」と、設定している店もあります。

お直しやサイズ調整など、アフターサービスがあるかどうかで選ぶのも一つの方法です。

おすすめのレディースオーダースーツを紹介

作りたいオーダースーツのイメージが固まり、店選びをするだけという人に必見です。おすすめのレディースオーダースーツのブランドを三つ紹介します。おすすめを参考に、自分に合ったブランドを見つけましょう。

初回は安い「オーダースーツSADA」

「オーダースーツSADA」は、オーダースーツをリーズナブルな価格で購入できます。初回は、さらにお得な価格で購入できるのもうれしいポイントです。

アフターサービスも充実しており、サイズ別の割増料や購入後1カ月以内のお直し代はかかりません。また体型の変化によるウエストお直しは、無期限・無料でお直ししてくれます。

採寸したデータは5年間保存されるため、データを基に2着目以降のオーダーをスムーズに進められます。また、サイズや生地の種類など、自ら指定してオーダーすることも可能です。

オーダースーツSADA

大阪や京都にも店舗がある「GINZA Global Style」

「GINZA Global Style」は東京だけではなく、大阪や京都、愛知、福岡などに展開しているブランドです。約5000種類以上の生地や、10種類以上のパターンが用意されています。

仕上がり後3カ月以内のお直しが無料な上に、完全返金保証も付いており、アフターサービスもばっちりです。万が一、スーツの仕上がりに納得がいかない場合は、購入後3カ月以内に申し出ることで、返品などの対応をしてくれます。

ベテランのスタイリストによるカウンセリングがあるため、プロに相談しながらスーツを作りたいという人におすすめです。好みや悩み、予算などスーツに関することなら気軽に相談することができます。

オーダースーツ専門店 GlobalStyle

東京で女性テイラーがいる店「Re.muse」

「Re.muse」は、女性スタッフのみで構成されており、採寸やフィッティングは女性にお願いしたい人にはおすすめのブランドです。

工程の半分以上がハンドメイドで、目に見えない細部にもこだわりを持っています。スーツの繋ぎ目の一つ一つが滑らかな仕上がりになっており、正面だけでなく後ろ姿の美しさにも追及したスーツ作りが特徴です。

テレビや新聞などのメディアで取り上げられることが多く、着る人の魅力を最大限に引き出し、成功へと導くことから「ヴィクトリースーツ」と呼ばれています。高品質な勝負スーツを作りたいという人にもおすすめです。

オーダーメイドスーツ専門店 – Re.muse

オーダースーツは、自分の体型にフィットしたスーツが作れる上に、周りに与える印象も良くするなどのメリットがあります。プレゼンや交渉など、ビジネスシーンのここぞというときのために、オーダースーツを1着用意しておきたいものです。納得のいくオーダースーツを作るためにも、自分に合ったブランドや店を探し、こだわりを詰め込んでみましょう。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事