コロナ太り解消レシピ!車麩と豆乳で絶品フレンチトースト【川口ゆかりの丁寧な暮らし】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE暮らし

2020.05.29

コロナ太り解消レシピ!車麩と豆乳で絶品フレンチトースト【川口ゆかりの丁寧な暮らし】

2児(9歳・8歳)の母であり、女性誌のファッションエディターとして活躍中の川口ゆかりさん。大好評企画「コロナ太り解消レシピ」!第四弾は「車麩(くるまふ)」を使ったフレンチトーストを紹介します。

Text:
川口ゆかり
Tags:

まあるいシルエットがかわいい「車麩」。スーパーで見かけたことはあるけど、使ったことはない…という方も多いのではないでしょうか? わが家では3、4年ほど前から定番になっているデザートレシピ。子どもたちも大好物でおかわりするほどです。卵液の牛乳を豆乳に、砂糖をアガベシロップにかえて、ぐっとヘルシーに仕上げています。

「車麩」には栄養素が詰まっているってホント?

もともとお麩は、お肉の代わりとして精進料理などにも使われる植物性のたんぱく質食品。ナトリウムやカリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛などのミネラルもたっぷり詰まっていて、私が購入している車麩だと1個あたり約10gで38.7kcalと書かれており、とてもローカロリーなんです。赤ちゃんの離乳食にも使われるほど消化がよく、長期保存がきくのもうれしいポイント!そんな「車麩」を使って、〝なんちゃってフレンチトースト〟を作ります。

【材料】
車麩1袋(6枚入り)
卵液:卵1個、豆乳、または牛乳150cc、アガベシロップまたは砂糖大さじ1
バター10g

【つくり方】

つくり方はとっても簡単!卵液に車麩を浸して、バター(約10g)の入ったフライパンで両面をこんがりと焼くだけ。ひと手間になりますが、車麩は水で戻してから卵液に浸した方がよりふんわりと柔らかくなりますよ。私はいつも生き急いでいる性格なので、戻さずに卵液につけちゃってますが(笑)。

焼くとほら、この通り♡食パンバージョンのフレンチトーストを食べたことがある子どもにもまったくバレなかったほど、完成度は高いです!甘いものが恋しくなったら、ぜひ♡お試し下さい。

写真・文/川口ゆかり

〈あわせて読みたい〉
▶︎布マスクの正しい洗い方!もみ洗いも乾燥機もNGって知ってた?【川口ゆかりの丁寧な暮らし】
▶︎型紙も裁縫も不要!1分で作れるハンカチマスクの作り方【川口ゆかりの丁寧な暮らし

画像ALT

エディター

川口ゆかり

女性誌やWeb広告でエディターとして活躍するかたわら、JSIA飾り巻き寿司1級インストラクター資格を取得。2016年夏より、東京・青山で料理教室『おもてなしごはん東京』をスタート。不定期に飾り巻き寿司レッスンを開催しながら、ファッション誌のフードスタイリングや企業のレシピ開発なども行う。プライベートでは2児の母。おしゃれ業界人がたびたび登場する本人のインスタグラムも話題。

 

 

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事