もみ洗いも乾燥機もNG!布マスクの正しい洗い方【川口ゆかりの丁寧な暮らし】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE暮らし

2020.04.20

もみ洗いも乾燥機もNG!布マスクの正しい洗い方【川口ゆかりの丁寧な暮らし】

2児(9歳・7歳)の母であり、女性誌のファッションエディターとして活躍中の川口ゆかりさんの大人気連載。今回は、意外と知らない!?布マスクのお手入れ法について。

Text:
川口ゆかり

長期化の兆しをみせるコロナウイルス。買い置きしていた不織布製マスクがなくなり、布マスクを作って使用しているという方も多いのではないでしょうか?そこで大切になってくるのが布マスクの洗い方。うっかり洗濯機で洗ってしまい、見るも無残な姿になってしまった経験が(涙)。そこで今回は、厚生労働省・経済産業省が発表した動画をもとに布マスクを洗ってみることにしました。

布マスクは1日1回、洗濯するのがベスト!

手持ちの数少ない布マスクを長く使うために、1日に1回は正しいお手入れをして、常に清潔な状態を保ちましょう。

用意するもの

布マスク 洗い方
✔︎大きめの桶
✔︎衣類用の洗剤(水2リットルに対して約0.7g)
✔︎清潔なタオル
✔︎台所用の手袋(肌が弱い方や手荒れが気になる方は着用)

正しい洗い方

1:まず、桶に水2リットルに対し、衣類用洗剤約0.7gを入れ、布マスクを浸す。そのまま10分程度キープします。

2:10分たったら、軽く押し洗いしていきます。この時、もみ洗いしてしまうとガーゼの繊維を痛めてしまうので注意して。洗い終わったら、桶に入っている水をゆっくりと捨てます。

3:桶に水道水をためて、マスクについた洗剤をきれいにすすぎます。十分にすすげたら、清潔なタオルに挟んでたたき、水気を取ります。ギュッと絞らないのがポイント!

④布マスクの形を整えて、洗濯バサミにはさんで干します。乾燥機ではなく、天日干しで自然乾燥が鉄則!汚れが気になる場合は、塩素系漂白剤(水1リットルあたりに約15ml)を入れて、さらに布マスクを10分浸す。

ちなみに洗えると言われている「ウレタンマスク」の多くは、ポリウレタン素材で出来ているため、せっけんや衣類用洗剤で洗うと生地がいたんでしまう可能性もあるんだとか。ウレタンマスクを洗う際は、取り扱い説明をご確認ください。

マスクスプレーでウイルス・菌・ニオイを分解・除菌・消臭!

わが家では、布マスクを乾かした後、除菌・消臭・抗菌効果のあるマスクスプレー(いろいろなスプレーが出ていて、ネットで購入可能です)をしてから、装着するようにしています。

配布も開始された、繰り返し使える布マスク。正しいお手入れして、長く使いたいですよね。

あわせて読みたい
▶︎型紙も裁縫も不要!1分で作れるハンカチマスクの作り方

画像ALT

エディター

川口ゆかり

女性誌やWeb広告でエディターとして活躍するかたわら、JSIA飾り巻き寿司1級インストラクター資格を取得。2016年夏より、東京・青山で料理教室『おもてなしごはん東京』をスタート。不定期に飾り巻き寿司レッスンを開催しながら、ファッション誌のフードスタイリングや企業のレシピ開発なども行う。プライベートでは2児の母。おしゃれ業界人がたびたび登場する本人のインスタグラムも話題。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事