いつも心に「謙虚」と「笑顔」を【モデル中林美和が娘に伝えたい50のこと】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

WOMENワーママ生き方論

2020.05.28

いつも心に「謙虚」と「笑顔」を【モデル中林美和が娘に伝えたい50のこと】

大人気連載「卒ママへの道」に続き、中林美和さんの新しい連載が始まりました。社会人として、女性として、母として、美和さんが大切にしてきた娘にも伝えていきたい習慣や考え方を「50」個に厳選してお伝えしていきます。

Tags:

無我夢中で走り続けてきた子育てが落ち着いて思うこと

娘たちが自分の人生を自分の意思で考えたり選択するようになり、私の育児は完全に見守る育児にシフトしました。

ちょうど40歳という年齢になり、自分の時間も増え、自分自身の人生と改めて向き合うときが来たと感じています。

苦しいことも失敗も、もちろんたくさんあったけど、子育てを通して本当に素晴らしい経験をすることができ、とても感謝しているし、子どもの成長とともに自分も成長できたんじゃないかなって。やっとやっとここまで辿り着いて思うことができました。

私の育児は、一生懸命ではありますが、気を抜くところは堂々と気を抜く、そしていつもどんなときもベースには愛情がたっぷりあること。それに尽きます。

子供たちに伝えたいことは日々伝えているので、彼女たちはもう分かっているとは思いますが、改めて文字にすることはなかなかないので、この機会に原稿を書くことにしました。

いま子育て真っ最中の読者の皆さんと共感できたり、子育てのヒントにしてもらえたら嬉しいです。

【娘たちに伝えたいこと1】いつも心に「謙虚」と「笑顔」

私は人見知りで声も低いし、人に「感じが悪い」って言われることがよくあった。機嫌が悪いわけでもないし、ただ黙っているだけなんだけどな…と。

当時は、撮影で毎回違うスタッフさんたちとチームを組むからこれではダメだなって思って。モデルとして天性の才能があるわけでもない、スタイルがずば抜けていいわけでもない私は、せめて、「2回目も会いたいな」、「一緒に仕事をしたいな」って思ってもらえるように、少しずつ努力をしないとって考えた。

どうしたらいいか?

まずは口角をあげてきちんと挨拶。そして、いい心持ちで相手に接する。どんな時も感謝の気持ちを忘れずに。

そうすると、不思議と相手からもその心持ちが帰ってきた。それは母親になっても、会社を立ち上げてからも同じ。分からないことがあっても、たとえ失敗しても、ありがたいことに色々な人が教えてくれるし助けてくれる。人と人のつながりがあってこそ、今の自分があると実感してる。

コミュニュケーション能力は努力次第で身につくもの。「女は愛嬌」なんて言いたくはないけど、いつも「謙虚さ」と「笑顔」を持っていたいと、私は思ってる。

構成/高田あさこ

▶︎ 中林美和連載一覧はこちら

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事