シミ取りたい!同じマシーンなら安いクリニックでいい?【怪傑木更塾】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

BEAUTY美容

2020.06.03

シミ取りたい!同じマシーンなら安いクリニックでいい?【怪傑木更塾】

子育て真っ只中の新米ワーママ ビジュアル・エディターの有田千幸が、12歳の女の子のママで美容業界歴25年超のベテラン美容エディター 木更容子さんにトツゲキQUESTION! 今回は、美容エディター目線で、美容クリニックの料金について教えていただきました。

Text:
有田 千幸
Tags:

美容クリニックの選びかた、続編です

木更さん前回は、「理想の美容系クリニック選び」についてお話させていただきましたが、今回は、もっと具体的なお話に踏み込みたいなと。そう、誰もが気にするクリニックの料金についてのお話です。

価格にはそれなりの理由があると心得て

木更さん:実のところ、多くの人が “安さ” で選んでいるんじゃないかな。ワタシだって、すごく安いって話を聞くと、「どこどこ?」って聞き返します。もちろん安いのは大きな魅力。ただ、個人的な考えであることをお断りしつつ、これまでの経験上 “安さ” をウリにしているところは、結果の満足感もそれなりってことが多かったかな…。クリニックにしてみれば、安くすればお客さんはたくさん来てくれるけれど、その分いろいろなタイプの人が来てしまうから、さまざまなリスクが高まるよね。

千幸:クリニックビギナーの人ばかりきてしまうと、思ってたのと違った、っていう例が増えてしまうかもしれませんね。

木更さん:うん。クリニックとしては、無用なリスクは回避したいから、ギリギリまで結果を求めることはしない。だから、最大公約数的な施術になりやすい。痛みやダウンタイムが少なくクレームにはなりにくいけれど、その分満足感もそれなり…、という流れになりやすい。まぁ、考えてみれば当たり前だよね。ただこれも、それが悪いわけではなくて、ちょっと試してみたいくらいの気持ちだったら、安くてマイルドにやってくれるのだから、気軽でいい。気になる施術があるときのトライアルにはもってこいですよね。

(C)shutterstock.com

同じマシーンでも効果は施術者の腕次第

木更さん:じゃぁ、「ずっと気になっていたシミをレーザーで取る!」と一大決心をしてのことなら、千幸ちゃんならどうする??

千幸:えっと、私だったら…、激安より信頼できる病院かクリニックのほうを選びたいな…と。

木更さん:そうだよね、ワタシも。そんなときに安さでは選びたくない。大事なお肌を預けるのだもの。ならば、どんなクリニックを選ぶか、ということなのだけど、シミのレーザーに長い経験があるドクターがやってくれて、お客さんに人気があるところがいいよね。人気があるってことは、それだけ症例があるってことですから。逆に、そういうクリニックのドクターなら、相応の対価を払わなくてはとも思うよね。個人的な経験上だけど、シミとりひとつでも、同じマシンを使っていても、満足度が高いこともあったし、その逆もありました。つまり使うドクター次第ってこと。この肌なら、このシミなら、このくらいの出力で、この回数当てて、この薬を塗って、っていうドクターの皮膚感覚、そういうノウハウに支払われる対価だから、ここぞというときに激安を求めてはいけないと思うのです。

千幸:そうですよね。特に美容クリニックは、一度の施術で終わり! ではないことのほうが多いし、一回一回の積み重ねが、どれだけ早く目標に辿り着くかということに直結しますよね。

木更さん:その通り。脱毛ひとつでも、誰がやっても同じってことないと思います。それが、ひいては早く毛がなくなることに早く近づくことになるはず。レーザーでも光治療でも、脱毛でも歯のホワイトニングでも、同じことだと思います。

結局何で選ぶべき?

木更さん:要は、こちらも “使い分け” ってことです。ちょっとトライしてみたいだけなら、安くて気軽なところでもいい。でも、いざ気合を入れてというときは、真剣に選ぶ。だって、二重の手術とか割と大ごとを激安だけで選ばないでしょう??? そうやってクリニックも自分なりに使い分けられたら、あなたも立派な美容マニアです!!!

▼ あわせて読みたい記事
化粧品と医薬部外品ってどっちが効くんですか?【怪傑木更塾】
大人の角質ケア~ケミカルピーリングって効くの?ゴマージュとどう違う?【怪傑木更塾】
いっぱいありすぎ美白コスメ。正直なとこどれがいい?【怪傑木更塾】

画像ALT

美容ライター・エディター

木更 容子

美容業界歴25年超の51歳。コスメ業界の歴史とトレンドに精通するご意見番で、Domaniでも長年にわたり記事を執筆。目からウロコなアドバイスで忙しいワーママの肌悩みを多く解決。プライベートでは12歳女の子のママ。

画像ALT

ビジュアル・エディター

有田 千幸

外資系航空会社のCA、建築設計事務所の秘書・広報を経てエディターに転身した矢先に妊娠。2019年9月に女の子を出産したばかりの右から見ても左から見ても新米ワーママ。ニュージーランド・台湾在住経験がある日・英・中の トリリンガルではあるものの、 外国語より原稿力の必要性を痛感している今日この頃。chiyuki_arita_official

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事