【只管】そんな読み方があるの!? この漢字正しく読めますか? | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE自分磨き

2020.10.15

【只管】そんな読み方があるの!? この漢字正しく読めますか?

読めそうだけど読めない漢字をおさらい!「親子で学べる漢字クイズ」連載、本日のお題は【只管】。

Tags:

意外すぎる【只管】の読み方

「バスの時間がギリギリで只管走る」などといった使い方をする【只管】ですが、この漢字を正しく読めますか?

漢字から読み方を想像するのは難しいかも…?

最初の文字は「ひ」から始まり、文字数は4文字で「ひ○○○」。日常的に使われる言葉なので、きっと皆さんも知っている言葉です。

「1つの事に集中している様子」や、「1つの物事だけを追いかけたりする」などのニュアンスが含まれています。

分かりましたでしょうか??

正解は…

漢字クイズ 問題 只管 ひたすら 正しい 読み方

 

【ひたすら】

でした!

【只管:ひた‐すら】
[1]
そのことだけに意を用いるさま。もっぱらそれだけを行うさま。
「―な思い」「―に弁解する」
[2]
1.ひとすじに。いちずに。
「―研究にいそしむ」「―無事を祈る」
2.まったく。すっかり。

漢字クイズ 問題 只管 ひたすら 正しい 読み方

【只管】と似た意味を持つ四字熟語

〝もっぱらそれだけを行うさま〟や〝ひとすじに〟といった意味のある【只管】ですが、似た意味を持つ四字熟語もいくつかあります!聞いたことのありそうな言葉の中から3つ紹介します!

その1:無我夢中

【無我夢中:むが‐むちゅう】
何かに心を奪われ、われを忘れること。「―で逃げる」

その2:猪突猛進

【猪突猛進:ちょとつ‐もうしん】
周囲の人のことや状況を考えずに、一つのことに向かって猛烈な勢いで突き進むこと。
「―して敵の策にはまる」

その3:無二無三

【無二無三:むに‐むさん】
《「むにむざん」とも》
1.わき目をふらずいちずになること。また、そのさま。ひたすら。
「ゴールを目ざし、―に走る」
2.仏語。法華経に説く、仏となる道はただ一つ一乗であり、二乗、三乗にはないということ。無二亦無三。
3.ただ一つしかないこと。二つとないこと。唯一。

(引用すべて〈小学館 デジタル大辞泉〉より)

本日は【只管】でした!次回の漢字クイズもお楽しみに。

あわせて読みたい
【奈破崙】とある歴史上の人物!この漢字なんと読む?
【目眩く】読めそうで読めないこの漢字、なんと読む?

イラスト/(C)Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事