英語でThank you 以外の「ありがとう」をいくつ言える?【デキる女の♡ひと言英会話】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE自分磨き

2020.10.14

英語でThank you 以外の「ありがとう」をいくつ言える?【デキる女の♡ひと言英会話】

【デキる女の♡ひと言英会話】シリーズ!今回は「ありがとう」「どういたしました」の様々な言い方をマスターするわよ。

Text:
Keisui Suzuki
Tags:

「Thank you」以外のありがとうをマスターするわよ

きっと読者のみんななら絶対知っている「Thank you」(ありがとう)なんだけど、「ありがとう」って「Thank you」以外で言えるかしら?

「Thank you」のバリエーションは豊富

何かされた時に思わずすぐに「Thank you」と言ってしまいがち。しかしながら、他の言い回しも覚えておくととっても便利。

・Thanks
※カジュアルな言い方

・Thank you so much.
※「so」を強調することで、とっても感謝してる!みたいな印象に。

・I appreciate it.
※「感謝してます」とワンランク丁寧な言い回しね。

・I owe you.
※「owe」は貸しができるという意味。深く感謝を表す時にオススメよ。

「どういたしまして」も覚えよう!

日本人のわたしたちはついつい「Thank you」と「You are welcome」をペアで覚えがちなんだけど、「どういたしまして」の他の言い方もマスターするわよ。

・Welcome!
※カジュアルな言い方ね。

・No worries.
※「問題ないわ!」という意味だけど、よく使われる表現。

・You don’t have to mention it.
※直訳すると「わざわざ言わなくても大丈夫」という意味で、ありがとうと言われた時に返すフレーズとしてよく登場するわ。

・My pleasure.
※直訳だと「わたしの喜びです」なんだけど、こちらもよく使われるよ。

「ありがとう」「どういたしまして」は、文化や言葉にかかわらずよく使われる言葉だから、様々言い回しをマスターしておくと、あなたの英語力も磨きがかかるはずよ。

Keisui Suzuki

全世界で有名なフード店のPRを手がけ、現在はWEB Domaniで「イケ★ゲイ」 兼 おでん屋ライターとして活躍
Keisui Suzukiのインスタはコチラ!

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事