元宝塚歌劇団男役スター七海ひろきさんは大のみかん好き!?〝推しみかん〟は… | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEエンタメ

2020.12.03

元宝塚歌劇団男役スター七海ひろきさんは大のみかん好き!?〝推しみかん〟は…

舞台、声優、アーティスト…。各方面から大人気の元タカラジェンヌ・七海ひろきさんが愛してやまない「みかん」。推しみかんのほか、気になっているみかん、食べてみたいみかんなど、みかん記念日にとにかくみかんのことだけを語っていただきました!

Tags:

12月3日は〝みかんの日〟! みかん好き有名人七海ひろきさんがみかん愛を語ります♡

今回は『宝塚歌劇団OG』連載のスペシャルスピンオフ企画! SNSなどでファンの方の反応を見ると、楽しみにしてくださっている人が多いようでうれしい筆者でございます。というわけで、在団中も大人気、そして今や新しいフィールドでも大活躍中の七海ひろきさんのご登場です!

ところでみなさん、12月3日は〝みかんの日〟って知っていました? 実は11月3日も「いい(11)みか(3日)ん」と読む語呂合わせで〝みかんの日〟になっているらしいのですが、みかんの旬の冬の3日(みっか)ということで12月3日も〝みかんの日〟なのだそう。12月3日はちょっとおまけっぽくはありますが、ちゃーんと全国果実生産出荷安定協議会と農林水産省が制定した正真正銘の〝みかんの日〟なんです。

そして、みかん好きとして有名なのが元宝塚歌劇団男役スター・アーティスト 七海ひろきさん。宝塚歌劇団に所属するタカラジェンヌの名鑑的存在の『宝塚おとめ』という本の「好きな食べ物」の欄に、在団中はずっと「みかん」を挙げられていたほど。ということで、みかんの日である記念すべき今日に「みかん愛」を語っていただきます。


▲みかん好きが高じて、みかん柄のシャツもお持ちだそう。七海さんのスタイリッシュな魅力に、ジューシーで甘酸っぱいエッセンスが加わって…とってもお似合い♡

みかんが好きな理由は?

七海さん(以下敬称略):みかんの色も形もすごく好きなんです。あの丸み、あのオレンジ色…なんだか視覚から元気をもらえませんか? そしてなんといってもあの味! 甘くて酸味もある絶妙な味がずーーーっと好き。食べやすいのも魅力ですよね。包丁を使わなくても手軽に食べられるから、小さい頃はお腹が空いたら一気に10個くらい食べたりして。食べすぎておなかを壊すほどでしたが、今はちゃんとセーブして食べていますよ。

みかんとの印象的なエピソードを教えてください!

七海:家族が毎冬、何度も箱買いしてくれていました。こたつに入ってみかんを食べながら、みんなで『紅白歌合戦』を見るのが年末の恒例でしたね。みかんの皮をむきすぎて、左手の親指が黄色く染まってしまって。そのときはさすがに『食べ過ぎよ!』と家族に注意されたことも(笑)。あと、『大きくなったらみかん農家で働きたい』と言っていたこともあったみたいです。友人が、みかんにキャラクターの顔のイラストを描いてプレゼントしてくれたり、タカラヅカ時代は、私の化粧前に下級生がみかんのピラミッドを作ってくれていたり。私のみかん好きは結構有名だったみたいです(笑)。

七海さんの〝推しみかん〟は…!?

では、続きましていつも食べているみかんや気になるみかんについて教えていただきます。(今回は、『かんきつだんめん図鑑』(小学館)を参考に選んでいただきました)

〝推しみかん〟を教えてください!

七海:みかんと言えば、温州みかん(うんしゅうみかん)でしょう! 一番よく食べていてなじみのあるみかんです。この安心できるスタンダート感。見た目も食べやすさも心惹かれます。

「温州」とは、中国の地名にちなみますが、発祥は鹿児島とも。突然変異や改良などで「宮川早生」「南柑20号」をはじめ100以上の種類、産地が存在します。柑橘の中では収穫量最多を誇ります。(『かんきつだんめん図鑑』より引用)

七海:気になっているのは、媛小春(ひめこはる)。なんだか名前がかわいいのと、食べたことがないのでどんな味なのか興味があります。機会があれば今度食べてみたいなぁと思っているんです。

「媛小春」は愛媛県でしか栽培されず、〝愛媛新柑橘3兄弟〟の末っ子として知られています。みかんのように手でむいて食べられます。早春の訪れを感じさせる、コロンとしたかわいいニューフェース。(『かんきつだんめん図鑑』より引用)

七海:こちらの本に『温州みかんよりおいしい柑橘を目指して』と書いてあって、どんな方が作っているんだろうかと知りたくなったのが津之輝(つのかがやき)。きっとすごくみかんに思い入れがあるんだろうなと。

「温州みかん」よりもおいしい柑橘を目指して開発された品種。糖度が高く、じょうのう(袋)もやわらかく食べやすさも魅力。生活習慣病によいといわれるβークリプトキサンチンもたっぷり。(『かんきつだんめん図鑑』より引用)

七海:みかんと言っても本当に色々な種類があるんですよね。まだ食べたことないものが多いので、いつか各地のみかんを食べてみたいです。


「みかん」っていつもそばにいる、冬の相棒のようなもの。身近にありすぎてその魅力が埋もれがちですが、本当に素晴らしいフルーツなんだな…と再確認。美をつくるのに大事な栄養素・ビタミンも豊富で、旬の今、食べない理由がない! 七海さんも推していますし、今日のフルーツはみかんに決まりですね。

構成/淡路裕子

アーティスト

七海ひろき

ななみひろき・1月16日生まれ、茨城県出身。2003年、89期生として宝塚歌劇団に入団。月組大劇場公演『花の宝塚風土記/シニョール ドン・ファン』で初舞台を踏み、宙組へ配属。星組へ異動し、2017年にバウホール公演『燃ゆる風』で単独初主演。2019年、星組大劇場公演『霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS』で惜しまれながら退団。その後は、俳優、声優、音楽活動など、枠にとらわれることなく様々なフィールドで活躍を続けている。

画像ALT
今回参考にした書籍は…『かんきつだんめん図鑑』わたなべまこ@豊洲市場ドットコム・著(¥900+税/小学館)

日本で栽培されている、みかんを含む42品種の柑橘(ミカン科ミカン属・キンカン属などの俗称)の断面図が紹介されている本で、それぞれの品種の特徴や歴史、配合などが知られるなかなかの奥深さ。めくるごとに現れるジューシーな断面写真は、見るだけでも元気が出る図鑑です。購入はこちら

HIROKI NANAMI × UNBUILT TAKEO KIKUCHI コラボ商品受注販売中!

アパレルブランド「UNBUILT TAKEO KIKUCHI」と七海ひろきさんのコラボ商品が登場!すべて七海ひろきさんがデザイン監修をしたオリジナルアイテムが全6種類登場。本人の好きな言葉とその絵をモチーフとした裏地が2柄あり、コートとジャケットは裏地を選んで自分好みにカスタマイズできます。他にもバッグやポーチなどオリジナルアイテムが男女問わないユニセックスデザインで受注販売中。詳細は「UNBUILT TAKEO KIKUCHI」公式サイトの特集ページをご確認ください。

七海ひろきオリジナルパソコン・タブレット受注中!

〝七海ひろきオリジナルパソコン・タブレット〟の受注販売中。パソコンの天板やタブレットの背面に本人撮り下ろし写真が印刷されるほか、4つのテーマに沿った10種類のデスクトップ壁紙も収録。また、本人が「名前」を呼ぶメール通知ボイスが2種類収録される他、パソコンの操作でよく使われる20のシチュエーションに合わせて、本人の声が再生されるシステムボイスをテーマ別に3種(スタンダード、ポップ、クール)、合計60ワードを収録。ほかにも特典が多数用意されておりますので、詳しくは商品紹介サイトをご確認ください。

受注販売期間:12月29日(火)23:59まで

 

 

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事