ネガティブな感情は少しずつ切り替えればいい【モデル中林美和が娘に伝えたい50のこと】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

WOMENワーママ生き方論

2021.01.27

ネガティブな感情は少しずつ切り替えればいい【モデル中林美和が娘に伝えたい50のこと】

中林美和さんの連載第二弾。社会人として、女性として、母として、美和さんが大切にしてきた習慣や考え方の中から、娘たちに伝えたい「50のこと」を厳選してお伝えしていきます。

Tags:

つねに広い視野を持とう【娘たちに伝えたいこと36】

どんなに歳をとっても新しい世界を見つけることはできる。私もいまだに、それまで知らなかった世界に感激したりする。自分の視野が突然広がったり、変わったりする楽しい衝撃。

だから、いま知っている世界だけで物事を考えるんじゃなくて、広い視野で人生をチョイスしていって欲しい。知らない世界がまだまだあるってことをいつも意識していて欲しいな。

中林美和が娘に伝えたい50のこと

ネガティブな感情はちょっとずつ切り替えればいい【娘たちに伝えたいこと37】

考えても仕方のない不安とか怒りとか、そういったネガティブな感情は絶対に自分に返ってくると思ってる。持たないようにするのが一番なんだけど、時間があるとどうしても考えちゃうもの。だから、家事でも人との約束でもなんでもいいから見つけて、それに意識を集中するの。

私は出産したあと、周りのみんなが羨ましくて仕方がなかったし、自分だけが取り残された気持ちになって気分が沈むことが多かった。

そんなとき、久しぶりに友達と会うことになって、自分でネイルを塗ることに。指先だけに集中した短い時間、ネイルが塗られた指先を見てウキウキした瞬間、そんなちょっとした時間だけでも、ネガティブな感情を切り離せたことを覚えてる。

この繰り返しでいいんだと思う。不意に持ってしまったネガティブな感情はこうやってちょっとずつ切り替えられればいい。

構成/高田あさこ

〈あわせて読みたい〉
いつも心に「謙虚」と「笑顔」を【モデル中林美和が娘に伝えたい50のこと】
中林美和連載一覧はこちら

画像ALT

モデル

中林美和

1979年生まれ。16歳で小学館『CanCam』の専属モデルに抜擢され、表紙モデルとして活躍。23歳で結婚、出産を経て小学館『SAKURA』のメインモデルとして復帰。ママモデルの先駆的存在となり、9年間表紙モデルを勤める。他、セブン&アイ出版『saita』の表紙モデル、光文社『VERY』、宝島社『&ROSY.』など多数の女性ファッション誌、ビューティー紙のモデルとして活躍する。著者に『中林美和のハートフルデイズ』、初のエッセイ『おんぶにだっこにフライパン!』など5冊を出版している。2017年にアロマテラピーアドバイザーの資格を取得。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事