「若い世代にも見てほしい!昭和の名作アニメランキング」、3位『シティハンター』2位『フランダースの犬』さて1位は? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEエンタメ

2021.02.12

「若い世代にも見てほしい!昭和の名作アニメランキング」、3位『シティハンター』2位『フランダースの犬』さて1位は?

若い世代にも見てほしい!と思う昭和の名作アニメとは?gooランキングが実施したアンケート調査から、トップ3に輝いた名作アニメをご紹介します。気になるランキングは?

Tags:

若い世代におすすめしたい、昭和の名作アニメTOP3

長年愛される名作アニメ。アニメといえばこれ!と、お気に入りのアニメがある方は多いのではないでしょうか。昭和に放送されたアニメで今もなお愛され続けている作品も多数あります。

そこで、国内最大級のランキング情報サイトgooランキングが調査した「若い世代にも見てほしい!昭和の名作アニメランキング」をご紹介します。

3位:シティハンター

3位には、昭和から平成へと時代が移りゆく直前の1987年~1988年にかけて放送された『シティーハンター』がランク・インしました。こちらは2019年に映画化されたことでも有名になりましたよね。

『週刊少年ジャンプ』で連載されていた人気漫画をアニメ化した本作は、都会の悪を掃除するすご腕のスイーパーとして裏社会で知られる冴羽獠と、相棒の女性・槇村香が活躍する姿を描いたハードボイルドコメディー。放送終了後は、1999年を最後に続編テレビシリーズやスペシャル番組、劇場版が長らく制作されていなかった本作ですが、2019年に20年ぶりの新作として『劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>』が公開されました。

2位:フランダースの犬

2位に続いたのは、児童文学を下敷きにしたアニメシリーズ「世界名作劇場」の一つで、1975年1月~12月にかけて放送されていた『フランダースの犬』でした。学校で見る機会があったという方も多いのではないでしょうか。

イギリス人作家ウィーダ(ルイズ・ド・ラ・ラメー)の小説を原作とする本作。舞台となるのは1870年ごろのベルギー・フランダース地方で、芸術を愛する少年ネロと愛犬パトラッシュが、互いに助け合いながらけなげに生きていく姿を描く切ないストーリーが特徴です。涙なしでは観られないネロとパトラッシュの名シーンでの名セリフが浮かぶほど。

放送終了から実に45年以上が経過していますが、現在でも有料動画配信サービスで手軽に楽しむことができます。

1位:ドラゴンボール

堂々の1位には、昭和末期の1986年2月から平成初期の1989年4月にかけて放送された『ドラゴンボール』が輝きました。『ドラゴンボール』といえば、大人から子どもまで世代を超えて愛され続けていますよね。

山奥で暮らす尻尾の生えた少年・孫悟空が、仲間と共にどんな願いもかなえてくれる7つの〝ドラゴンボール〟を探してまか不思議な冒険を繰り広げる姿を描いた本作。1984年~1995年にかけて『週刊少年ジャンプ』で連載され、当時絶大な人気を誇っていた原作漫画同様にヒットし、その後も幾つかのシリーズ作品が制作されました。

最初の放送からすでに30年以上が経過していますが、2010年以降も続編『ドラゴンボール超』(2015年~2018年)が放送されるなど、息の長いシリーズとなっています。

若い世代にも見てほしい!昭和の名作アニメランキング

皆さんのお気に入りのアニメはランクインしていましたか?おうち時間が増えている今、ぜひご家族一緒に昭和の名作アニメを見てみてはいかがでしょうか。

情報提供:gooランキング
若い世代にも見てほしい!昭和の名作アニメランキング(調査期間:2020年11月2日~2020年11月16日)

こちらの記事もたくさん読まれています
2020年最高に面白かった「テレビドラマ」ランキング、3位と2位は恋愛系、1位はあの大人気ドラマの続編!
「日本の探偵ドラマランキング」、3位「探偵物語」2位「金田一少年の事件簿」1位は…

 

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com
※画像はイメージです。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事