別れ際に本性が…離婚直前に発覚した「恐ろしい義母の正体」2選 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE夫婦・家族関係

2021.03.05

別れ際に本性が…離婚直前に発覚した「恐ろしい義母の正体」2選

結婚生活を継続している間は猫をかぶっていた義母でも、息子が離婚するとなると手のひらを返したように本性を現した話も珍しくありません。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの並木まきが、そんな恐ろしい義母の生態に迫ります。

Tags:

1:息子が浮気相手と再婚するのを正当化

「夫婦仲が円満だったときには、“息子が何か粗相をしたら、すぐに私に言いなさいね”と言ってくれていた前夫の義母。実は、結婚3年目を迎えた頃から前夫は浮気を繰り返し、家庭内は冷え切っていきました。私が話をしてもあまりにも浮気をやめないので、もう私だけではどうにもできないと思い、あるときに意を決して義母に打ち明けました。すると、義母の態度は、私が想像したものと真逆で唖然とさせられました…。

どうやら、前夫は浮気が実家にバレたときのために、あらかじめ浮気を私のせいにするよう画策していたようで、私が義母に打ち明けたときには、義母もすでに息子の浮気を承知していたうえに『息子はあなたと離婚して、新しい女性と再婚したがっているから、潔く身を引け』と言ってきたんです。浮気なんて、どんな事情があるにせよ正当化できるものではないのに…。息子がかわいいあまりに、全てを私のせいにしてさっさと離婚をさせようとした義母の態度には、怒りを通り越して呆れましたし、結局は、その程度の家なのか…と情けなくなりました」(40歳女性/製造)

2:夫婦不仲をきっかけに「前妻と復縁させるから」と言い放ち…

「別れた夫には、私のほかにも前妻がいました。つまり、私と離婚したことで、元夫はバツ2になったんです。離婚の原因は、元夫が満足な生活費を家に入れないことと、とんでもない性行為を強要してきたことに私が耐えられなくなったからです。最初のうちは、夫婦だけで解決しようと努力しましたが、元夫に何度話しても何ひとつ改善されることもなく、途方に暮れた私は義母に相談しました。

以前から、息子に何かあったら『私がなんとかするから安心して』と言ってくれていたので、義母が元夫を諭すなり、何らかの行動に出てくれると期待してのことだったのですが…。真実を伝えた瞬間は、静かに話を聞いてくれていたものの、翌日から態度が一変。『あなたとは離婚させて、前妻とヨリを戻させるわ』と義母から電話で言われました。義母いわく、前妻からは離婚後も義母に頻繁に連絡がきていて、元夫との復縁を希望していたとのこと。

そんな中で、当時の現妻だった私と息子が不仲になったなら『ちょうどいいタイミングだから』と言われました。いったい何がどう“ちょうどいい”のか、私にはさっぱり理解できませんでしたし、その後、離婚の条件についての話し合いは元夫本人ではなく、すべて義母経由で進めることに。最終的に揉めまくり、慰謝料も取ることができずに別れました。私から離婚調停をすれば結果は違ったかもしれないけれど、そんな元夫や義母と関わるのに疲れてしまって、身を引きました」(38歳女性/専門職)

息子の夫婦関係が円満であるときには「いい顔」をしている義母でも、息子と息子の妻の利害が対立した途端に、手のひらを返す態度になる人は決して珍しくありません。相手は義実家といえども義母を信頼してきた女性ほど、こういった仕打ちには、深く傷ついて当然です。残念ながらこういった義母の本性は、“別れ際”にならないと、その兆候すら現れてこないことも常。結婚前から見破るのは、実に困難を極めます。

もしも、こういった義母の存在に苦しめられているならば、まずは何よりも自分を守ることを大切にしましょう。心や身体が壊れる前に、“勝ち負け”よりも自分を守ることを最優先に考えたほうが、結果的に被害を最小限に食い止められるかもしれません。

取材・文/並木まき
画像:(C)Shutterstock.com

こちらの記事もチェック!

〝夫の前妻〟にまつわる話をするデリカシーのない義母のトンデモ発言

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事