誰もが認めるハマり役! Netflixオリジナルアニメシリーズ『極主夫道』主演の津田健次郎さんにスペシャルインタビューvol.2 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEエンタメ

2021.04.08

誰もが認めるハマり役! Netflixオリジナルアニメシリーズ『極主夫道』主演の津田健次郎さんにスペシャルインタビューvol.2

忙しい毎日を送る働く女性に癒し&ご褒美を! 大人の女性のための、大人の男性声優に特化したインタビュー連載『女は耳から恋をする』。今回ゲストにお迎えしているのは、声優・津田健次郎さん。本日、4月8日(木)からNetflixで全世界独占配信がスタートしたアニメ『極主夫道』で演じている主人公・龍役が、とにかくハマり役! そんなキャラクターに対して、津田さん自身が感じる「自分と似ている部分」とは?

Tags:

本日4月8日(木)からNetflixオリジナルアニメシリーズとして全世界独占配信がスタートした『極主夫道』。かつて〝不死身の龍〟と呼ばれた最凶のヤクザが極道から足を洗い、専業主夫に——!? そんな強烈な個性を放つ主人公・龍をドスのきいた低い関西弁で演じているのが、声優の津田健次郎さんです。強面な風貌と極道な言葉づかいこそ〝そのスジの人〟ですが、中身はとにかく真面目で優しい性格。お茶目なギャップを持つ彼を、すさまじいハマりっぷりで演じている津田さんへのスペシャルインタビュー。vol.1では作品の魅力について語っていただきましたが、今回は津田さんご自身が感じる〝自分と龍が似ている部分〟について質問していきます。

津田さんが考える〝龍と似ている部分〟は…ズバリ、声!?

作品の面白さを引き立てているのが、主人公・龍のキャラクターと津田さんの渋い低音ボイスのシンクロ具合。今作のアニメ化、そして津田さんの主演が発表されたときには、「CV.津田健次郎なの天才!」「龍そのまますぎる!」とSNSが騒めきたったほどの〝ハマり役〟なんです。津田さんと龍、ご自身の視点でも「似ているな」と感じる部分はあったのでしょうか?

「似ている部分…そうですねぇ………〝声〟ですかね…………」

と、まさかの返答に質問したこちらがフリーズしてしまったのですが(すみません!)、次の瞬間、津田さんが大きく笑い出してしまいます。

「ふふふ(笑)。いや、冗談、冗談でございます(笑)」

▲「悪い笑顔くださ〜い!」という撮影中の急な無茶振りに対して、こんなふうにニヤリ。クールに見えて、実はとっても温かくてお茶目。そんな魅力がこの笑顔からも伝わってきます。

いやいや、冗談だなんて滅相もない! 似ている部分=声、本当にその通りなのですから。

「いえいえ(笑)。あとは…何でしょうねぇ……」

と、笑いながら改めて似ているところを考えてくださる津田さん。さて、次はどんな回答が返ってくるのだろう!? とドキドキしていたところ…

「………〝顔〟………?(笑)」

とこれまた笑いながら、もうひとつの答えをくださいました。実は、原作コミックスの実写版PVでも龍を演じた経験がある津田さん。記事内のポートレート写真を見ていただけば一目瞭然ですが、声のみならずビジュアルまでも龍にそっくりなんです。そんな見た目と声の持ち主でありながら、心がほんわりするチャーミングさ! そのギャップもまた、龍と重なる部分です。

▲龍を連想させる、黒のジャケット×シャツスタイルで。津田さんの細身スーツ×キュートなエプロン姿がシュールな原作コミックスの実写版PVをまだ見たことがない!? そんならアニメと合わせてカチコミや!→実写版PVはこちら


「原作コミックスのCMで龍の声を演じたところから、この作品とのご縁が始まりました。その後も何本かそのCMを引き続きやらせていただいたのですが、そうしているうちに『津田さん…なんか、見た目も似てません?』と話が広がり(笑)。実写版PVへと発展していったんです。そんな経緯もありまして、正直なところ、自分でもなんとなく似ている気がしていました(笑)」

見た目と声はまさに「龍=津田健次郎」。では内面的な部分はどうでしょう? そう質問すると

「性格はね、全然似てない。全っ然違うんですよ(笑)。専業主夫を極めている龍と違って、家事もまるで出来ませんし。龍を見習わないといけないですねぇ…」

とちょっぴり苦笑いする津田さんなのでした。

津田さんが考える、自分自身の声の強みと弱みとは?

龍のキャラクターを内側から表現したような、凄みがありつつも優しい包容力を兼ね備えた津田さんの低音ボイス。少し掠れたような独特のニュアンスをまとう唯一無二の声について、津田さんご自身はどう考えていらっしゃるのでしょう? 本連載ではおなじみとなっている質問、〝自身が思う、自分の声の強み・弱み〟について聞いてみました。

「これは僕自身の判断というよりも、まわりの皆さん、ファンの皆さんが言ってくださることなのですが」と前置きをした上で「強みに関しては〝すぐに分かる声〟ですね。一発で分かる、というのはすごくありがたいことです」と〝強み〟に関しては他者評価を踏まえて即答。

一方、「弱みに関しては……」とこちらは答えるまでになんとも言えない〝間〟が。そして、

「………ぼそぼそしてる……………(笑)」

と絞り出すようにして、最高にぼそぼそとした声(※褒め言葉です)で〝自分の声の弱み〟を表現してくださいました。その〝ぼそぼそ感〟が、アニメ『極主夫道』においてもセリフのシュールさや面白い〝間〟につながっています。

▲「ちょっと呆れてもらっていいですか…?」という無理難題に対して、ご覧ください。こちらの表情。さっきまであんなにクールだったのに…! 龍をもしのぐギャップの持ち主だと思いませんか?

ですが、そこは声のプロ。もちろん、そんな弱みを微塵も感じさせないキャラクターも数多く演じられていますよね。

「そうなんですよ。いろんな喋り方ができるんだぞ!と思ってはいるんですけど(笑)」とそこは津田さんもアピール。

「どこか〝紗がかかっている〟ような声なんですよ。『パキッ!』とか『ハッキリ!』という類の声ではなく、どちらかというと〝空気〟といいますか。それは良くも悪くも、な部分だと考えていますけどね」

〝紗〟とは薄い布のことで、〝紗をかける〟とは写真の撮影技法としてもよく用いられる言葉。カメラのレンズの前に一枚の薄布を貼ることで柔らかなボカシをつくり、写真に味を出すテクニックです。演者の立場にとどまらず、映画監督などクリエイターとしても活躍、またカメラを趣味にされていることでも有名な津田さん。〝紗がかかる〟という言葉からも、表現者・津田健次郎としての深みが垣間見えたような気がします。


▲「大人の余裕漂う呆れ顔」から一転、こんなにもニュアンシーで色っぽい表情に。カメラの前には〝役者・津田健次郎〟が存在していました。

美低音ボイスの〝ぼそぼそ感〟が、主人公・龍の魅力にぴったりと合致した、アニメ『極主夫道』。本日よりNetflixにて全世界独占配信スタートです! 思わず笑ってしまうシュールな世界観と津田さんの熱演が生み出す〝ゆるかわ〟なアットホーム任侠コメディ、ぜひ堪能してくださいね。
そして、4月11日(日)更新予定のスペシャルインタビューvol.3では、津田さんにいただいたワーキングマザーへのメッセージをお届けします。こちらも引き続きお楽しみに!

Netflixオリジナルアニメシリーズ『極主夫道』全世界独占配信中!


【スタッフ】
原作:おおのこうすけ 監督:今千秋 シリーズ構成:山川進 アニメーション制作:J.C.STAFF
【キャスト】
龍:津田健次郎 美久:伊藤静 雅:興津和幸
Netflixオリジナルアニメシリーズ『極主夫道』公式サイトはこちら
予告編公式YouTubeリンクはこちら
©おおのこうすけ/新潮社

声優

津田健次郎

6月11日生まれ、大阪府出身。舞台俳優として活動をスタート。主な出演作に、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』海馬瀬人役、『テニスの王子様』乾貞治役、『ゴールデンカムイ』尾形百之助役、『ACCA13区監察課』ニーノ役、『呪術廻戦』七海建人役など。『スター・ウォーズ』シリーズのカイロ・レン役をはじめとする洋画の吹き替えやナレーションでも活躍。昨年は、NHK連続テレビ小説『エール』での語りも大きな話題に。また、作品の演出やプロデュース、監督などクリエイターとしても活動の幅を広げ続けている。

撮影/中田陽子(MAETTICO) スタイリスト/小野知晃(YKP) ヘア&メーク/SUGA NAKATA(GLEAM) 取材/旧井菜月、福本絵里香(本誌)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事