元タカラジェンヌ・純矢ちとせさんがいつかやってみたいことは、意外にも… | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEエンタメ

2021.05.07

元タカラジェンヌ・純矢ちとせさんがいつかやってみたいことは、意外にも…

宝塚歌劇団OGのそうそうたるメンバーが勢揃いした『エリザベート TAKARAZUKA25周年スペシャル・ガラ・コンサート』は、ただ今東京で公演中。退団後も“演じる”仕事を邁進している純矢さんに、ガラコンの裏側や、舞台人としてのこだわりなどをお届けします。

Tags:

すごい面々が集結したガラコンの稽古場はとんでもなく贅沢な空間

前回のインタビューで「タカラヅカ時代は特にお芝居が楽しかった」とおっしゃっていた純矢さんは、退団後も舞台を中心に活躍中。OGが多数顔を揃える『エリザベート TAKARAZUKA25周年スペシャル・ガラ・コンサート』でも、エリザベートの義理の母(姑)であるゾフィー役のひとりとして存在感を見せています。舞台人としての現在のこと、これからの抱負など、純矢さんの仕事にまつわるあれこれについてうかがいます。

関連記事
▶︎「娘役に転向できなかったら辞めていたかも」。実力派の元タカラジェンヌの初告白

大きな話題を集めた『エリザベート TAKARAZUKA 25周年 スペシャル・ガラ・コンサート』について、何か裏話があれば教えてください。

純矢さん(以下敬称略):お稽古にはまだ2日間しか合流していないのです(※取材日は3月上旬)。それぞれの組バージョンでお稽古を進めていくのかな…と勝手に予想していたのですが、バージョンは関係なく、いろいろな方がお稽古場にいらっしゃいまして。先日は水(夏希)さん、瀬奈(じゅん)さんとご一緒させていただきました。雪組生だった時、水さんがトートを演じられた『エリザベート』(2007年)に出演したんです。今お稽古されている水さんトートを近くで拝見し、当時のことを思い出して胸がいっぱいになりました。ちょっとウルウルしてしまって。

ファンはもちろんですが、出演者のみなさんも盛り上がっていらっしゃいますよね。SNSで拝見しています。

純矢:そうなんですよ、なんて贅沢な稽古場なんでしょう! 「チケット代をお支払いしたほうがいいよね?」みたいな(笑)。まさにパワースポットですね。女神がいますよ、あそこには。

その中でもみなさん、(新型コロナの)感染対策のためにマスクとフェイスシールドをされて?

純矢:はい、ダブルでガードして、PCR検査もこまめに受けて頑張っています。まさかまたこうしてゾフィーを演じることができると思っていなかったので、本当にうれしく思うと同時に身の引き締まる思いです。しっかり務めたいと思っています。…もう頑張るしかない! どんな話をしても、最後はそこに辿り着くしかないんです。

退団後は『サクラヒメ』『ポーの一族』と大きな舞台に立て続けにご出演されましたが、純矢さんの仕事に対するこだわりやモットーを教えてください。

純矢:前回の話と重なるのですが、ひとつは“役として生きる”ということ。もうひとつは、作品をよりよくするために自分はどうするべきかを考えること。つまり、作品の中で自分の役がどう存在したらいいのか。そのふたつを軸にしています。

なるほど。ちなみに今後、「こんな作品をやってみたい」「こんなことをしてみたい」ということはございますか?

純矢:うーん、なんでしょうね。…ラジオのDJ! ふふふ、ずっと笑っていたりして(笑)。

おおお! とっても合ってそうです。たぶんゲストの方が気持ちよく話せそうな気がします。

純矢:どうでしょうね。お便りを読んでいながら自分で先に笑っちゃってリスナーに伝わらない…なんてことが多いかもしれない(笑)。

好きなラジオ番組はありますか?

純矢:特にはないのですが、(宝塚音楽学校に入る)学生時代は勉強をしながら『オールナイトニッポン』をつけていました。タラッタ タッタララ〜タラッタ♪、というあのテーマ曲(『ビタースウィート・サンバ』)が流れてくると「私、深夜まで起きて頑張ってる」という気持ちになって(笑)。

せーこさん(純矢さん)は演技もさることながら、歌声もとても素敵な方。その美声が聞けるDJは意外にも天職かも!? 『純矢ちとせのオールナイトニッポン』が実現する日を楽しみにしています(笑)!

次回は、純矢さんのプライベートを直撃します!お楽しみに。

関連記事
▶︎「娘役に転向できなかったら辞めていたかも」。実力派の元タカラジェンヌの初告白

撮影/大靏 円(昭和基地) 文/淡路裕子

『エリザベート TAKARAZUKA25周年スペシャル・ガラ・コンサート』
全バージョン収録のDVDが発売決定!

四半世紀の時に刻まれた、数々の想い出と共に――
宝塚歌劇団による日本初演から25周年となる今年、小池修一郎と小柳奈穂子の共同演出により宝塚歌劇版の歴代キャストを中心とした、『エリザベート TAKARAZUKA25周年スペシャル・ガラ・コンサート』。本公演では、メインキャストが役をイメージした衣裳でコンサート形式にて本編を上演する「アニヴァーサリーバージョン」として、歴代出演者が共演する“25周年バージョン”と上演当時のメンバーを中心にお届けする“花組・月組・雪組・星組・宙組の各組バージョン”、そして夢の競演として新しい組合せでお届けする“スペシャルバージョン”を。さらに、出演者全員が扮装しコンサート形式で本編を上演する「フルコスチュームバージョン」という多彩なバリエーションにてお届けします。

【全バージョン収録、DVD発売】5月10日までの申し込みで先行予約特典がもらえる!

▶︎詳細はこちら

<収録内容>豪華DVD3枚組
◎Disc1 アニヴァーサリー25周年ver.を全編収録
┗収録公演:4月5日(月)12:00【麻路さき、姿月あさと、彩輝なお、春野寿美礼、瀬奈じゅん、水夏希、朝夏まなと 他】
◎Disc2 フルコスチュームver.&アニヴァーサリースペシャルver.の各ロングダイジェスト
┣フルコスチューム’14花組ver.【明日海りお 他〈ACT1〉4月24日(土)17:00公演&〈ACT2〉4月10日(土)12:00公演】
┣フルコスチューム’16宙組ver.【朝夏まなと 他・5月1日(土)12:00公演】
┗アニヴァーサリースペシャルver.【望海風斗 他・〈ACT1〉5月3日(月祝)17:00公演&〈ACT2〉5月5日(水祝)13:00公演】
◎Disc3 アニヴァーサリー組Ver.【全5公演】のダイジェスト集
┣’96星組ver.【麻路さき 他】
┣’98宙組ver.【姿月あさと 他】
┣’02花組ver.【春野寿美礼 他】
┣’07雪組ver.【水夏希 他】
┗’09月組ver.【瀬奈じゅん 他】
【料金】 13,200円(税込)
【発売時期】 2021年9月24日予定
【販売方法】 WEB予約受付中

 

女優

純矢ちとせ

じゅんや・ちとせ/7月22日生まれ、東京都出身。2003年に89期生として宝塚歌劇団に入団、月組大劇場公演『花の宝塚風土記/シニョール ドン・ファン』で初舞台。男役として雪組に配属。2005年に娘役へ転向し、2008年に宙組に組替え。別箱公演のヒロインを2度、エトワールを4度務め、2019年の宙組大劇場公演『オーシャンズ11』で退団。2020年『サクラヒメ〜「桜姫東文章」より〜』、2021年『ポーの一族』と立て続けに話題作に出演。現在は『エリザベート TAKARAZUKA25周年スペシャル・ガラ・コンサート』に出演。
▶︎Instagram

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事