Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.09.26

〝恥ずかしがり屋〟の特徴や心理とは? 克服する方法についても解説

〝恥ずかしがり屋〟とは、恥ずかしがる人のことを指す言葉です。幼い頃の経験や、コンプレックスを抱えていることから、恥ずかしがり屋になった人が多いようです。今回は「恥ずかしがり屋」の特徴や心理、克服するための方法などをご紹介します。

Tags:

【目次】
「恥ずかしがり屋」とは?
「恥ずかしがり屋」の特徴とは?
「恥ずかしがり屋」の心理とは?
「恥ずかしがり屋」を克服する方法とは?
「恥ずかしがり屋」の人との付き合い方とは?
「恥ずかしがり屋」な人の英語表現とは?
最後に

「恥ずかしがり屋」とは?

「恥ずかしがり屋」とは、恥ずかしがる人のことを指す言葉です。「恥ずかしい」は、「人目につきたくない思いや照れくさい」という感情を表しており、「屋」は「○○な性質を持つ人」という、人の性質をいう時に使う言葉。「恥ずかしがり屋」の言い換え表現として「内気」や「人見知り」が挙げられます。

恥ずかしがり屋

「恥ずかしがり屋」の短所と長所とは?

「恥ずかしがり屋」な人の短所は、人前に出るのが苦手であること。そのため、なかなか人との距離を縮められません。しかし、「恥ずかしがり屋」な人は、たくさん長所もあります。「恥ずかしがり屋」な人は、とても慎重。相手を気遣いながら行動や発言をするため、むやみに人を傷つけることはありません。また、協調性もあり聞き上手。周囲の人とトラブルになるようなことはあまりないのです。

「恥ずかしがり屋」の特徴とは?

話しかけてもすぐに目をそらされるなど、なかなか距離が縮まらない人がいると、「嫌われているのかな?」と不安に感じますよね。しかし、それは「照れ屋」や「恥ずかしがり屋」な人なのかもしれません。「恥ずかしがり屋」の子供や女性、男性には特徴があります。気になるあの人の「恥ずかしがり屋」診断をしてみましょう。

恥ずかしがり屋

1:人と目を合わせて話すのが苦手

「恥ずかしがり屋」の人は、恥ずかしくて相手の目を見て話すことができないケースが多いようです。それは、相手に自分がどう思われているかを気にするため、または、相手に恥ずかしいと思っていることを悟られたくないという思いから。異性になるとそれが顕著に現れるでしょう。異性にはどう接して良いかわからず、目をそむけてしまいがちなんです。

2:自分から話しかけられない

相手と話をしたい場合でも、なかなか自分からは話かけられないのが特徴。「恥ずかしがり屋」な人は、相手にどう話しかけていいのかわからないのです。できれば相手から話しかけてほしいと、受け身でいることが多いでしょう。しかし、構ってほしいという思いは持っているため、話しかけられると嬉しく思うようです。本当は自分から話しかけたいのに、できないもどかしさを抱えているのが「恥ずかしがり屋」な人なんです。

3:交友関係は狭い

自分から話しかけられず、人との距離がなかなか縮まらない「恥ずかしがり屋」な人は、新しい友達を作るのが苦手。昔から付き合いのある人といる方が安心します。そのため、いつも同じ人と遊ぶことが多いようです。

4:休日は家にいることが多い

休日は友達と外出するというよりも、自宅で趣味に没頭したり一人の時間を好むのが「恥ずかしがり屋」な人の特徴。一人で過ごすことが苦痛ではなく、むしろ、一人の方が心が休まるのです。

5:頼まれるとNOと言えない

「恥ずかしがり屋」な人は、他人から認められたいという思いから、承認欲求の強い人が多いのが特徴。他人から認められることで、自分の価値を見いだそうとするのです。そのため、他人から頼まれたことは断れないのです。

「恥ずかしがり屋」の心理とは?

「恥ずかしがり屋」の人の多くは、なぜ人を前にすると「恥ずかしい」という思いが出てくるのでしょうか?「恥ずかしがり屋」な人の心理を覗いていきましょう。

1:自分に自信がない

多かれ少なかれ人は、コンプレックスを抱えているもの。それは外見であったり、能力であったり人それぞれですよね。「恥ずかしがり屋」な人は、他人よりもコンプレックスを強く感じ、自分に自信を持つことができません。そのため、他人の視線が気になり、引っ込み思案になってしまうのです。

2:人との接し方がわからない

多くの人は成長していく中で人とふれあいながら、人との接し方を学んでいきます。しかし、「恥ずかしがり屋」な人は、幼少期から人との接触を避けていたため、大人になってもどのように人と接していいのかわからない人が多いようです。

3:他人にどう思われているのか不安

周りからの視線をとても気にする「恥ずかしがり屋」な人。発言や行動をする前に、自分に注目が集まっているのではないかと思い、恥ずかしくなるようです。「恥ずかしがり屋」な人は自意識過剰な面も持ち合わせているんですね。

4:トラウマを抱えている場合もある

幼少期や学生時代に周りから揶揄われたり、馬鹿にされて傷ついた経験から、引っ込み思案になるケースが多くみられます。そのことから、自分が失敗して他人から笑われることを何より恐れてしまうのです。

「恥ずかしがり屋」を克服する方法とは?

社会人になれば、人前に出ないといけないこともあるでしょう。仕事やプライベート、また恋愛において「恥ずかしがり屋」なために上手くいかないことがある、と悩んでいる方も多くおられると思います。少しずつ意識を変えていくことで「恥ずかしがり屋」を克服することができるかもしれません。

恥ずかしがり屋

1:人と接する機会を増やしていく

人との関わりを避けてきた「恥ずかしがり屋」な人。そのために、人とどのように関わっていいのかが、わからなくなるのです。まずは、人と積極的に接していきましょう。「挨拶は必ず自分からする」など、できることからでOK。他人と接していくうちに他人と接することに自信が持てるようになり、コミュニケーション能力が次第についていきます。

2:自分に自信をつける

自分に自信がないから「失敗したかな?」、「変だと思われたかな?」と、相手にどう思われているのかが心配になるのです。自分の中で自信を持てるものを見つけましょう。外見を磨いてみるのも自信を持つのに効果的です。

3:恥ずかしがり屋じゃない人と一緒に行動する

恥ずかしがり屋ではない、コミュニケーション能力の高い人と一緒に行動するのも手。人との接し方を学べる上に、一緒にいるといろいろな人に出会うことができます。一人では心細い大人数の集まりでも、コミュニケーション能力が高い友達と一緒なら心強いですよね。

「恥ずかしがり屋」の人との付き合い方とは?

まずは「恥ずかしがり屋」の人との距離を保って接してあげてください。急に親しく接せられると「恥ずかしがり屋」な人は、どうしていいかわかりません。最初は、「恥ずかしがり屋」な人が困っている時や助けが必要な時に声をかけてあげるくらいが丁度いいでしょう。「恥ずかしがり屋」な人は、自分から「助けてほしい」と言い出せないため相手から声をかけてもらえると、とても助かるのです。

また、その場合は大勢の前で声をかけるのではなく、一対一で声をかけてあげてください。「恥ずかしがり屋」な人は、その方が周りの視線を気にすることなく安心して話せるようです。

恥ずかしがり屋

「恥ずかしがり屋」な人の英語表現とは?

恥ずかしい」を英語で表すと「shy」。「恥ずかしがり屋」は「shy person 」と言うことができます。

・I am a shy person. (私は恥ずかしがり屋です)

最後に

「恥ずかしがり屋」な人は、幼い頃の経験や、コンプレックスを抱えていることから「恥ずかしがり屋」になった人が多いようです。環境によって作り上げられた性格をすぐに変えるのは容易ではありません。しかし、少し考え方を変えたり、勇気を持って一歩踏み出せば「恥ずかしがり屋」を克服することは可能です。できることから少しずつはじめてみてはいかがでしょうか?

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています
どんな時も〝マイペースな人〟の特徴とは?恋愛傾向や上手な付き合い方を紹介
自然体で〝気さく〟な人の特徴とは?

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事