始まる頃や終わりかけに便利! 軽い日にぴったりの【吸水ショーツ】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEヘルス

2021.10.29

始まる頃や終わりかけに便利! 軽い日にぴったりの【吸水ショーツ】

ナプキンやタンポンがいらず、1枚で快適に過ごせると話題の「吸水ショーツ」。もう試してみましたか? ここ1年ほどで吸水ショーツを扱うブランドは一気に増え、それに伴って吸水量や素材など、女性のニーズにいっそう寄り添うアイテムが登場しました。今回は、軽い日に使いたいアイテムをご紹介します。

Tags:

パンツに響きにくい薄さやオーガニックコットンなど、バリエーション豊富で自分好みを選べるのが【軽い日向け】の魅力

新世代のサニタリーアイテムとして注目度が高まっている「吸水ショーツ」。ナプキンをつけるための従来のサニタリーショーツと異なり、ショーツのクロッチ(股布)自体が経血を吸収して滲み出しや逆戻りを防ぐ多重構造なので、ナプキンやタンポンは不要です。ムレやにおいを防ぐ機能もあるのでショーツ1枚でも1日中快適に過ごせます。ナプキンなどを交換する手間が省けるだけでなく、使用済みナプキンなどゴミの処理に困るときにも重宝する吸水ショーツ。忙しい40代こそ活用したいですね。

吸収量の目安や選び方は?

吸収構造や吸収スピードなどはメーカーによって異なりますが、だいたい「10mLの吸収で普通の日用ナプキン1枚分」と換算できます。〈編集部調べ〉
ただ経血量などは個人差があり、ショーツの吸収量や吸収スピードを超える経血が出ると漏れることもあるので、使い慣れるまでは月経時のナプキン使用量より少し余裕のある吸収量のショーツを選ぶことをおすすめします。

ショーツのお手入れは?

吸収した経血をもみ洗いやつけおき洗いでさっと落としたら、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗えます。「色の薄いものと一緒に洗わない」などメーカーによって洗濯時の注意点があるので、購入時にチェックを忘れずに。

【下着のラインが響きにくい】吸水ショーツ


(1)「何も身につけていないようなゼロ感覚」の発想から生まれたアイテム。お尻にやさしくフィットするデザインで下着の締めつけ感を軽減。ミニマルな形ですがクロッチ部分は最大20mLの吸収量があり、消湿・抗菌・消臭効果あり。ピリオド スポーツゼロ ¥5,500
(2)シームレスなデザインとベージュカラーで細身&淡色パンツにも響きにくく、縫い目がないので漏れも防げます。薄型でもクロッチ部分は4層構造で最大15mLの吸収力があり、速乾・防臭・抗菌効果も兼備。ムーンパンツ  デイタイム ヌード ¥5,280(アジュマ)
(3)優れた伸縮性と心地よいフィット感に加え、フロント&バック部分ともウエストまで吸収生地で覆われているのでスポーツなどアクティブに動く日も安心。最大20mlの吸収力ですばやく吸い取るので肌表面はいつもさらさら。エヴァウェア ブルー ヒップスター ¥5,500

【はき込みが深めで安心できる】吸水ショーツ


(1)身生地は綿95%のやさしい肌あたりのうえ、ウエストゴムも太めなので体が重い日でも楽なはきご心地。クロッチ部分は9層構造で肌に直接触れる部分はメッシュを2枚重ねているので通気性がよく、ムレも気になりません。sign for URBAN RESEARCH  MOON SHORTS ¥5,280
(2)クロッチ中央部分は5層構造で約15~20mLをしっかり吸収。さらに、ヒップ側はウエストまで吸収生地で覆われているので、つたい漏れも防げます。総レースの「ユースフルレース」と、肌側コットン混の「ユースフルヘム」の2タイプ展開。ピーチ・ジョン  ユースフルレース吸収サニタリーショーツ(上) 、ユースフルヘム吸収サニタリーショーツ(下) 各¥2,728

ナチュラル派にも!【オーガニックコットン】を使用した吸水ショーツ


▲(1)お腹まですっぽりつつむハイライズ丈で、肌に触れる部分はオーガニックコットン95%の生地。クロッチ部分に吸水・防水機能生地を内蔵し、最大13mLまでを吸収。抗菌・防臭加工も施されています。エミリー ウィーク Organic Cotton ECO サニタリーショーツ for RESET  グリーン、ブラック 各¥5,390
(2)オーガニックコットン生地に、廃棄予定の食材(サクラ・アカカブ)を使って染色したサスティナブルな吸水ショーツ。天然染料ならではのやさしいが色合いがブルーな気分を和らげてくれます。クロッチ部分は4層構造で速乾吸水・防水機能を搭載。ホガラ オーガニックコットン吸収型ショーツ フルタイプ サクラ(ピンク)、アカカブ(グレー) 各¥5,555 

40代のフェムテック事情記事はほかにも

【婦人科医師監修】いま話題の吸水ショーツって? 他のサニタリー用品と一緒に選び方の目安を解説【40代のフェムテック】
【婦人科医監修】デリケートゾーンの保湿はしてる? 40代から始めるべき膣ケアの方法もご紹介
【婦人科医監修】美容面だけじゃない【VIO脱毛】|40代で済ませておくべきもう一つの理由とは?【40代のフェムテック】

●この特集に使用した商品の価格はすべて、総額(税込)価格です。

撮影/高橋一輝(近藤スタジオ/静物)  構成/片山幸代

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事