故郷のイギリスで浮いていた彼がミラノで出会った「センセイ」って?【英国紳士からイタリア伊達男への道1】 | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE今月の『これ、海外っぽい!』

2018.04.17

故郷のイギリスで浮いていた彼がミラノで出会った「センセイ」って?【英国紳士からイタリア伊達男への道1】

ミラノ在住・英国人の夫をもつ、日本人妻が語る、イタリアファッションに目覚めた夫のアレコレ。オシャレに興味のあったイギリス人夫がイタリアファッションに目覚め、出会った「センセイ」とは?

Tags:

英国人夫が見よう見まねでイタリアンファッションを購入!

そもそも英国人にしては珍しくオシャレに興味のあったうちの夫。6年間のNY生活中にその興味は一挙に開花!最初は怖くて入れなかったマジソンアベニューのブティックにも馴染みの店員ができ、勧められるがままに買い揃える!そんな夫が日本で人生のバイブルとなる本と出会う。粋なイタリア男の街角スナップ特集。全巻保有し1ページ1ページじっくり勉強、勉強、勉強このジャケットは何色だ?このコートの丈は何でこんなに短いんだ?目を皿のようにして熟読。見よう見まねで次々とイタリアンファッションを買い揃えて行った。

なんとNYからイギリスへ転勤に!故郷なのにイタリアンファッションが浮く?

生まれ故郷だというのに、すっかりイタリアンファッションに変身した夫は街で浮きまくり。「皆が宇宙人でも見る様な目で見るんだよ。」と言いつつもスタイルを変えることはない。妻の私もその心意気には感心した。そして毎日どんよりくすんだイギリスの街へ夫を送り出していた。

そんな彼に吉報が!遂に「センセイ」とご対面

そんな彼に2014年の夏、ミラノ出張という吉報が届く。週末をつけての滞在に、もちろん私も付いて行く。彼には仕事の他にもうひとつ大事な目的があるのだ。バイブル本ではお馴染みのカリスマイタリアンオヤジの経営する店へ、絶対行く!のだ。アドレスを頼りに店を探す。「あった!センセイいた〜〜」「え?センセイ?」どうやら夫の脳内ではこちらの経営者「完璧なイタリアンオヤジ」=「僕をオシャレなイタリア男に変身させてくれるセンセイ」と位置付けられている様だ。興奮しすっかり舞い上がった夫。日本の雑誌でお見かけして以来、大ファンです!と臆せず挨拶。

恐るべし「センセイ」のセレクト

早速ショッピング開始。英語が苦手な「センセイ」と片言イタリア語の夫。身振り手振りで説明する夫にさすが「センセイ」夫に似合うものをサクサク選んでくれる。すっかり着せ替え人形と化す夫。「センセイ」のセレクトに大満足、かと思いきや、、前方のディスプレイを指差し「あの青のパンツが欲しい」するとセンセイ「う〜ん、君にはまだあのベリーイタリアンな色は早いね」とバッサリ。何ですって?パンツ1本履くにも年季が必要なの?恐るべしイタリア男。まだまだオシャレ上級者への道は長いのか?その瞬間夫の頭にミラノ移住計画が浮かんだ事は間違いない。

なぜなら1年後には私たちはミラノに住んでいた。

【合わせて読みたい】
【英国人夫のニッポン発見伝1】日本のお正月、イギリス人の夫を夢中にさせたのは、おせちでも初詣でもなく、意外な○○だった・・・!?
温泉大好き!でも大浴場は苦手な外国人夫との箱根旅で泊まった先は【英国人夫のニッポン発見伝2】
【英国人夫のニッポン発見伝3】1/2、運命の箱根駅伝当日。イギリス人夫が大手町〜箱根の移動中に大興奮したものとは
【英国人夫のニッポン発見伝4】初の箱根駅伝観戦の余韻が引き起こした、復路の事件!?


画像ALT キング亜紀

キング・アキ 1967年、東京生まれ。日系化粧品会社にて、6年間のN.Y.駐在期間を含む、海外営業担当として、約10年間勤務。その後、夫の仕事の都合で、イギリスへ移住。3年半のイギリス生活を経て、2017年からイタリア・ミラノへ移住。現在はミラノを拠点に、N.Y.、東京の3カ所を点々とする生活。


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事