Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEエンタメ

2022.03.02

3月4日公開! 映画『ブルーサーマル』に出演、声優・島﨑信長さんスペシャルインタビュー

3月4日公開のアニメ映画『ブルーサーマル』より、声優・島﨑信長さんが登場! 発売中のOggi4月号と連動して、役柄や作品の魅力などをお届けします♡

Tags:

映画『ブルーサーマル』に出演する声優・島﨑信長さんをピックアップ!

仕事に家事に育児に、毎日頑張っている女性のみなさんに、日々の疲れを忘れるようなご褒美を…! そんな想いでスタートした、WEB Domaniによる大人の男性声優へのインタビュー連載『女は耳から恋をする』。姉妹媒体『Oggi』と連動してパワーアップした『耳恋』は、両媒体でしか見られない写真やインタビュー内容をたっぷり掲載しています。

今回のゲストは、「耳恋」にはなんと3回目の出演となる、声優の島﨑信長さん(毎回ありがとうございます!)。3月4日に全国公開されるアニメ映画『ブルーサーマル』でヒロインの先輩である倉持 潤役を担当しています。本作は小沢かなの漫画『ブルーサーマル-青凪大学体育会航空部-』を原作とした青春アニメ映画。大学進学を機に上京し、グライダーと出合って、空に恋をして、仲閒と共に成長していくヒロイン“つるたま”こと都留たまきの姿を爽やかに描き出した作品です。

ヒロイン“つるたま”の先輩であり、青凪大学航空部4年で主将。グライダー操縦の天才で絶対的エースという倉持を演じる島﨑さん。「ちょっとずるいくらいかっこいい役。こんな先輩、絶対好きになっちゃいますよね!」と楽しそうに語る島﨑さんに、自身が演じるキャラクターのこと、映画『ブルーサーマル』のこと、色々とお話ししていただきました。透き通るような青空が印象的な撮りおろしポートレートと一緒にお楽しみください。

写真をすべて見る

映画『ブルーサーマル』はどんな作品ですか?

「僕が演じている倉持(潤)目線でお話しすると、主人公のつるたまがとても眩しい。輝かしいというか…。彼女の存在から、すごく元気をもらえるんですよね。希望が持てて、とても視聴後感がいい作品です。」

演じる倉持 潤は「ずるいくらいかっこいい」とおっしゃっていましたが…。

「自分もそうですけど、ちょっとミステリアスで大人の余裕のある先輩って、やっぱり惹かれちゃいますよね。しかも実際に才能や実績もあるっていうと特に。倉持って、以外と後輩の面倒見もいいんですよ。周りから見ると完璧でそつが無いように見えるんですけど、彼も色々と抱えているものがあって…。そういう脆い部分を自分だけに見せてくれるって、なんだか良くないですか!?

すごくモテそうですね(笑)

「ですよね~(笑)! 定期的に心を揺さぶってぐっと捕まえにくるような…。良い意味で刺激的だと思います。しかもちゃんと素直に気持ちを伝えることも忘れなそう! ほんと、ずるい男です(笑)」

そんな倉持先輩と、主人公つるたまとの関係性に対する印象は?

「グライダーのような専門的な分野だと、近い感性を持ち、かつ、ある程度以上の水準に達した者同士でしか共有できないものってあると思うんです。つるたまと倉持はそれぞれの一番太い軸のようなものがお互いにしか共有できないレベルでがっちりとハマっているんじゃないかな、と。そういう意味で、すごく関係性の強いふたりですよね」

つるたま役の堀田真由さんのお芝居の感想を教えてください。

「(空知役の)榎木淳弥くんとも話していたんですが、堀田さんのお芝居はすごくよかったです。声優初挑戦とのことでしたが、もともと素敵な役者さんなので根本の芝居心も当然素晴らしくて。つるたまの芝居も本当にまっすぐで、ナチュラルで、とてもエネルギーがあって、観ていて元気がもらえるようでした。あと、声のマイク乗りがすごくいいんです! ベテランの声優の先輩方によくあるんです、生で聞いても素晴らしいけど、マイクを通すともっとすごい!みたいな、謎のマジックみたいなものが。堀田さんの声にもその”マジック”があって、現場で聞いたときよりも出来上がったもののほうがはるかによくなっていましたね」

大学生活に憧れがあったという島﨑さん。青春と聞いて思い出すことはありますか?

「青春かあ…。僕自身には”THE・青春”!という想い出がないんですが、作品を通してたくさんの青春を体験させてもらっています。この仕事って、例えば10代の少年が、好きで好きでしょうがなくて叫びだしてしまう!というような激情に、自分がいくつになっても対峙しつづけて、どうしてこんな思いになるんだろう?って、真剣に向き合う仕事なんです。そう考えると、毎日が青春ですね!」

最後に、映画の見どころを教えてください!

「空の描写や光の感じももちろん素晴らしかったですが、個人的には『音』に注目して観て欲しいです。風の音の表現が本当にすごい! グライダーの外にカメラがあるときは機体が風を斬るような激しい音、操縦席にカメラが移ると、ガラス越しに聞くようなこもった音になって。風の力の強さや怖さみたいなものがすごく伝わってきました。僕は完成映像を家で拝見したんですが、きっと映画館の音響でそれを聴いたら、より強くそれを感じられるんだろうと思います。

あとは、僕が演じる倉持的には、ラストが見どころかな。僕の印象だと、映画がハッピーエンドで、原作がトゥルーエンドなイメージですね(笑)。原作ファンの皆さんにも、どちらも楽しんでいただけたらと思います! ぜひ劇場に足を運んでみてくださいね」

アニメ映画『ブルーサーマル』3月4日全国公開!


あらすじ:“ブルーサーマル”とは、青空の下で発生する上昇気流のこと。うまく乗ることができればグライダーをより高く押し上げてくれる。まさに、“つかまえたら幸せになれる風”。そんな奇跡のような上昇気流を求めて空を旅する大学生の、青春アニメ映画が誕生!
映画館の巨大なスクリーンが、美しい青空へと姿を変える!

出演:堀田真由、島﨑信長、榎木淳弥 ほか 原作:小沢かな『ブルーサーマル-青凪大学体育会航空部-』(新潮社バンチコミックス)

監督:橘正紀 脚本:橘正紀、高橋ナツコ アニメーション制作:テレコム・アニメーションフィルム 
製作:「ブルーサーマル」製作委員会 配給:東映
(C)2022「ブルーサーマル」製作委員会

公式サイト / 公式Twitter / 公式Instagram

声優

島﨑信長

しまざき・のぶなが/12月6日生まれ。2009年声優デビュー。2021年、第15回声優アワード助演男優賞受賞。主な出演作に『Free!』七瀬 遙役、『バキ』範馬牙鬼、『呪術廻戦』真人役など。

撮影/田形千紘 スタイリスト/宇都宮春男(YKP) へア&メーク/瓜本美鈴 衣装協力/KNIT、wizzard   構成/旧井菜月、福本絵里香

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事