Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTY美容

2022.04.19

【香水に使用期限】はある? 劣化を防ぐ保管方法も解説

香水にも使用期限があることを知っていますか?開封後と未開封で、その期限は異なります。意外と知られていない香水の使用期限をはじめ、正しい保管方法を紹介します。劣化が進んだ場合の処理方法についてもチェックしておきましょう。

Tags:

香水はいつまで使える?使用期限を解説 

食品には賞味期限が明記されているものですが、香水などの化粧品には多くの場合、使用期限が書かれていません。そのため「いつまでに使い切ったらいいの?」「開封して結構経ってるけど、大丈夫かな?」と心配になったこともあるのではないでしょうか。

開封済みと未開封の場合で、使用期限の目安は異なるもの。詳しい使用期限と劣化のサインについて解説します。

香水 使用 期限 開封 済み 未開封 保管 方法 活用 使い道 変色 香り 温度

開封済みの場合は1年

開封済みの香水の場合、使用期限は約1年といわれています。香水は空気に触れたり日光に当たったりすることで、少しずつ劣化していくからです。

ただし保管状態がよいものであれば、開封後1年以上経っていても劣化をあまり感じないかもしれません。反対に保管状態が悪いと、1年経っていないものでも「初めの頃と香りが違う」「香水の色が変わった気がする」と劣化に気が付くケースもあるでしょう。

未開封の場合は3年   

未開封の香水の場合は、使用期限は約3年。空気に触れることがないため、開封したものに比べると長持ちしますが、保管状態が悪いと劣化してしまうこともあります。

さらに、未開封とはいえアルコールの蒸発を完全に防ぐことはできないため、時間の経過とともに香料の成分が濃くなり香りが変わってくることも考えられるでしょう。

注意すべきは、香水を「購入」してから3年ではなく、「製造」されてから3年という点です。長期間未開封だった香水を使用する場合は、いつ作られたものなのかをチェックするようにしましょう。開封していないからといって長期間放置せず、なるべく新鮮なうちに使い始めることをおすすめします。

劣化は「色」と「香り」で見分ける

使用期限の目安はあるものの、その期限を過ぎてしまったすべての香水が使えなくなるというわけではありません。古い香水を見つけたときは、「色」と「香り」から香水の状態をチェックしてみましょう。

色を見るときは、透明だったものが薄い黄色になっていないかなど、香水の変色具合がポイントです。瓶に沈殿物がある場合は、振ってみて液体に混ざれば問題ありません。混ざらない場合は、劣化が進んている可能性が高いといえます。

また、明らかに最初の頃と比べて香りが変わっている場合は劣化のサインです。古い油のようなどこか不快感のある香りがしたら、無理に使用しない方がよいでしょう。

知っておきたい!香水の保管方法 

お気に入りの香水は、なるべくフレッシュな状態をキープしたいもの。色や香りの劣化を防ぐにはどうすればよいのでしょうか。

香水の保管方法に関して知っておきたい三つのポイントを解説します。

香水使用期限開封済み未開封保管方法

直射日光の当たらない場所  

香水を直射日光の当たる場所に置いておくと、アルコールが変質したり油分が酸化したりして劣化が早まる恐れがあります。

お気に入りの香水の香りをなるべくキープしたいのであれば、香水を保管する場所は、直射日光の当たらない棚の上や収納ケースなどがおすすめです。色付きの瓶などであっても紫外線は透過してしまうため、置き場所には注意するようにしましょう。

温度変化の少ない場所に置く  

香水を保管する場所の適切な温度は、15〜25度程度といわれています。香水は温度変化に弱く、急に気温が高くなったり低くなったりすると、香りが変わってしまうことがあるのです。

直射日光が当たっていなくても、温度や湿度が変わりやすい洗面所、外気の影響を受けやすい窓辺などには置かないようにしましょう。

使用後はフタをしっかり閉める

香水の主成分はアルコールのため、フタを開けっ放しにしておくと揮発してしまいます。また、空気に触れることで酸化が進んで、色や香りが変わってしまう可能性もあるでしょう。

香水の劣化を防ぐために、面倒でも使用後はフタをしっかり閉めて保管することをおすすめします。購入時の箱がある場合は、箱にしまっておくのも一つの方法です。

捨てるのは早い?期限切れ香水の使い道 

使用期限が過ぎてしまったからといって、香水をすぐに捨ててしまうのはもったいないかもしれません。他に使い道はないのか、期限切れ香水の活用方法について解説します。

香水 使用 期限 開封 済み 未開封 保管 方法 活用 使い道 変色 香り 温度

ルームフレグランスなどに

期限切れの香水は、ルームフレグランスとして活用できます。香水を振りかけた布やコットンなどを部屋の片隅に置いておけば、お気に入りの香りが部屋でも楽しめるというわけです。

ベットや枕元に置き、寝香水として使用するのもよいでしょう。その場合は、ラベンダーやベルガモットなど、リラックスできる香りを選ぶことをおすすめします。

サシェとして 

使用期限の切れた香水は、おしゃれな『サシェ(匂い袋)』にするという方法もあります。

作り方は、香水を適量染み込ませたコットンを、麻などの小さな袋に入れるだけです。大量に染み込ませてしまうと香りが強くなってしまうため、入れすぎないよう十分気を付けましょう。

作ったサシェはバッグの中に入れて持ち歩いたり、クローゼットや玄関などに置いたりするのがおすすめです。

トイレの芳香剤にも

ルームフレグランスと同じ方法で作ったものをトイレに置けば、芳香剤に早変わりします。わざわざトイレ用の芳香剤を購入しなくても、余った香水を活用できるのです。

また、トイレットペーパーの芯の端に香水をサッと吹きかけておけば、使うたびに香りがふわっと広がります。普段の生活はもちろん、来客があるときにも喜ばれるかもしれません。

「ほんのり香る程度がいい」「香りがキツいのは苦手」という場合は、香水のフタを開けた状態でトイレに置いておくとよいでしょう。

劣化が激しい香水は正しく処分しよう 

「香りが明らかに変わった」「色が黄色っぽくなった」といったように、劣化が激しい場合は無理に活用せず処分しましょう。ここからは、適切な処分方法について解説します。

香水 使用 期限 開封 済み 未開封 保管 方法 活用 使い道 変色 香り 温度 処分

香水の処分方法

香水にはアルコールや油分が含まれているため、排水口やトイレなどに流すのはNGです。部屋中に香りが充満して、気分が悪くなってしまう可能性もあります。

香水を処分するときは、まずビニール袋に新聞紙又は古布を多めに入れ、そこに香水がなくなるまで染み込ませていき、最後にビニール袋ごとジッパーバッグに入れて密閉して燃えるゴミに出しましょう。

少しでも液体が漏れ出すと、香りが強く迷惑がかかります。捨てる前にはきちんと密閉されているかどうか、しっかりと確認することが大切です。

あわせて読みたい

【タイプ別】人気のルームフレグランス15選|種類やおすすめの置き場所も解説
香りに癒されたい♡ 家族で使える!フレグランス アルコール除菌アイテムのおすすめ3選

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事