ビジュアルエディターの撮影の舞台裏お見せします! | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

WOMEN美しい女性には美しい物語がある。

2018.06.29

ビジュアルエディターの撮影の舞台裏お見せします!

Web Domaniで活躍中の“ビジュアルエディター”のふたり。自ら取材し、ときに自ら撮影し、ときに自らモデルとなり、Edit&Writeする…!かつてないエディター像は大きな話題に。そんな“ビジュアルエディター”に就任した有田千幸&望月芹名の魅力をあますところなくお届けすべく、スチール&ムービー撮影を敢行!その撮影の裏側をお見せします。

Text:
旧井菜月
Tags:

ふたりのビジュアルエディターとは!?

みなさん、こちらの動画をご覧ください!自ら取材し、ときに自ら撮影し、ときに自らがモデルとなり…、その名も“ビジュアルエディター”に就任したふたりの女性の魅力って!?

女前にかっこよく、それでいて自然体でナチュラルに…。現在、Domani編集部で、日々、“ビジュアルエディター”として働くふたりの姿は、まさしく今の女性のしなやかなワーキングスタイルのひとつ。そんな、“ビジュアルエディター”のふたりのことを、もっと深く知っていただければ!

34歳にして脱・OLし、エディターとなった有田千幸。 「好きなことを仕事にできるって本当に幸せ!」そう語る彼女が考える、ビジュアルエディターとしての仕事とは一体どんなものなのでしょう?

元CAで元OL。有田千幸、ビジュアルエディターデビューします!
 
好きだからこそ伝えられるものがある。元・OLだからこそ伝えられることがある。自ら“見て・触れて・感じた”ことを熱量たっぷりに語る記事は、すでに大きな反響を呼んでいます。

そして今までに、Domani本誌にもモデルとして登場していた望月芹名。彼女がなぜ、ビジュアルエディターという道を選んだのか? 転身の理由は、モデルならではの体型コンプレックス、そしておしゃれへの思いにありました。

モデルから編集者への転身! ビジュアルエディター・望月芹名と申します! 

背は高いけれど、気持ちは誰よりも“等身大”。彼女たちならではの、リアルかつ、くすっと笑えるビジュアルエディターっぷりをこれからどうぞお楽しみに!

 ふたり一緒の撮影は、スタジオみんなで大爆笑!

さて、先ほどご覧いただいたふたりの動画。スチールとムービーの撮影が入り乱れ、常に2台以上のカメラがふたりの姿を追い続けるというヘビーな現場でつくられました。最初こそ緊張していたものの、次第にリラックスムードに包まれたこの撮影。お茶目で愉快なふたりの“らしさ”が、もっとも発揮されたのがペアでのシューティングです。

エディターとしては先輩・後輩関係ではあるけれど、もともと大の仲良し。一緒にいると「今、カメラの前にいること、覚えてる!?」とツッコミたくなるほど、自然な表情に。というよりナチュラルすぎる(!!)行動に!

それぞれのピン(ひとりでの)撮影が終わり、その後、ふたり揃ってカメラの前へ。
そこから始まったのは、謎の決めポーズ対決でした…(笑)。

結果は、先輩・千幸の大勝利!? 拳を高々と上げて「Winner!」。ちょっとちょっと〜、カメラ回ってますよ〜(笑)。
想像もしていなかったふたりの行動に、カメラマンはじめスタッフ全員が大笑い。

女前度120%なジャケパン姿に着替え完了!
…それなのに、ペア撮影が始まると気づけばお互いに突っつき合って爆笑。一見とってもクールだけど、実はとってもチャーミング♡ そのギャップもまた、彼女たちの魅力のひとつなんです。
真剣な眼差しを向けたと思いきや、一転どこまでもユニークに。カメラの前でくるくると変わっていくふたりの表情がとても印象的でした。
ビジュアルエディターとして日々奮闘中のふたり。どうぞ応援してくださいね!

「この服欲しい!」 心ときめくスタイリングでの撮影に大興奮!

そんなこんなで大盛り上がりの撮影現場。ふたりがノリノリで絶好調だったのは、単純に“仲がいいから”というだけではありません。最高におしゃれなスタイリングを身にまとっていたことも大きな理由のひとつ。
大好きなおしゃれがあれば、女の気持ちはぐんと上がるもの。最後に、ふたりの撮影を支えたスタイリングをご紹介します!

ラフなデニムコーデは、ナチュラルに爽やかに


【有田千幸分】
久しぶりにスリムデニムの存在感が増してきた今日この頃。ゆるっとした落ち感が美しいTシャツを合わせて、シンプルなデニムスタイルも女っぽく魅せて。
Tシャツ¥10,000(ゲストリスト<アッパーハイツ>) デニム¥25,000(エージー ジャパン<AG>) ピアス¥50,000(ウノアエレ ジャパン<ウノアエレ>) 靴/スタイリスト私物


【望月芹名分】
写真上:“ヘインズ”のTシャツに“リーバイス”のデニム。絶妙な詰まり具合のネックライン、サイドラインとラフなすそデザイン…定番ブランドの逸品こそ、しっかりアップデート!
Tシャツ¥2,500(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター<ヘインズ>) デニム¥22,000(リーバイ・ストラウス ジャパン<リーバイス® ビンテージ クロージング>) ピアス¥75,000(ウノアエレ ジャパン<ウノアエレ>) 靴/スタイリスト私物
写真下:ワーキングウーマンらしさを盛り上げる眼鏡をON。
眼鏡¥33,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー<オリバーピープルズ>) その他/上と同じ

ジャケパンスタイルは、ハンサムかつ女らしく


【有田千幸分】
ボディラインを美しく引き立てる仕立てのいいスーツセットアップは、いつだって働く女性の相棒。ビッグフェイスの時計を効かせて、とことんかっこよく!
ジャケット¥46,000・パンツ¥29,000(Theory luxe) ピアス¥50,000(ウノアエレ ジャパン<ウノアエレ>) 時計¥740,000(ブライトリング・ジャパン<ブライトリング>) 靴・インナー/スタイリスト私物


【望月芹名分】
袖を折り返せば情熱的なカラーが顔を出す、インパクト大のジャケット。トラッドな紺ブレをモードに着こなし、一歩先行くおしゃれを気取りたい。
ジャケット¥72,000(モールド<チノ>) パンツ¥29,000(Theory luxe) ピアス¥10,000・リング¥8,000(ウノアエレ ジャパン<ワンエーアールバイウノアエレ>) 靴/スタイリスト私物

※商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

【上記アイテムの問い合わせ先】
ウノアエレ ジャパン 0120-009-488
エージー ジャパン 03-5946-8990
オリバーピープルズ 東京ギャラリー 03-5766-7426
ゲストリスト 03-6869-6670
Theory luxe 03-6865-0206
ブライトリング・ジャパン 03-3436-0011
ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター 0120-456-042
モールド 03-6805-1449
リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501

撮影/古謝知幸(PEACE MONKEY) スタイリスト/角田かおる ヘア&メーク/yumi* 


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事