Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE インタビュー

2023.04.24

自炊もするしケーキもつくる。俳優・塩野瑛久の気になる素顔

 

劇団EXILEのメンバーである俳優・塩野瑛久さんのSpecialインタビュー。出演中のドラマ『かしましめし』や子供の頃のエピソードについて、たっぷりお話をうかがいしました。【Oggi.jp×WEBDomaniコラボ企画】

塩野瑛久「今、僕が手料理を振る舞いたい相手は…」

放送中のドラマ『かしましめし』(テレビ東京系)に出演中の塩野瑛久さんにインタビュー!本作は、美大を卒業後、同級生の自死をきっかけに再会したアラサーの男女3人が、それぞれの人生に悩みながらも、みんなで集まっては賑やかな“おうちごはん”を囲み、やがて一緒に暮らしていくようになる物語。自死した同級生の元カノ・千春を前田敦子さん、自死した同級生が所属していたラグビー部の元マネージャー・ナカムラを成海璃子さん、自死した同級生の元カレ・英治を塩野瑛久さんが演じています。「包まない餃子」や、串揚げ大会の「串揚げ」「手巻き寿司」「チュクミサムギョプサル」など、みんなでワイワイ食べたくなる魅力的な料理の数々にファンも多い作品。おいしそうなレシピの実写化にも注目が集まる本作について、塩野さんにたっぷりとお話をうかがいました。

笑顔の塩野瑛久さん

写真をすべて見る

――撮影に入る前に準備したことは?

このドラマの台本は、心情などのト書きは案外少なく、セリフがバーっと書かれている会話劇で見せる作品。何回も台本を読み返して、英治は今どういう感情なんだろう、どう思っているんだろうと少しずつ理解していく作業の繰り返しでした。でも、現場に立ってわかることがたくさんあるので、最終的に監督の意向も汲みつつ、現場ですり合わせて英治らしく表現できるように準備しました。

――今回の役柄・雨海英治を演じるうえで、監督からはどんなリクエストがありましたか?

“愛すべき人”になってほしいというリクエストをもらいました。3人でのシーンは、千春(前田敦子)とナカムラ(成海璃子)ももちろん、ワイワイはしゃいでいるのですが、その中でもいちばんその場を盛り上げるのが、僕が演じる英治。彼特有の関西弁で千春やナカムラの緊張感を和らげる役割があるので、そういう部分は意識したいと監督とも話しました。関西弁での演技は難しいです(苦笑)。「ここはイントネーションが上がって、こっちは下がるんだ。意外!」と思うことも多々ありますし、イントネーションによってお芝居が固められてしまう瞬間も少なからずあるので、苦労しています。でも、スタッフさんからは「大丈夫。全然違和感のない関西弁です!」と褒めていただきました。

――千春、ナカムラはどういう人物?

各々がもつ雰囲気は違うのに、一緒に暮らすだけの“なにか近しいもの”をハートに持っている3人。たくましく生きているように見えるけれど、みんな繊細さももっているんですよね。千春の場合は、その部分が壊れる段階が早めに出てきてしまう人。ナカムラは、繊細な心をもちつつも日々起きる出来事に対して、強く立ち向かって生きている。けれど、やっぱりひとりでは解消できないことも多い人。そんな千春やナカムラに対して、英治も共感できる部分があったり、たまに違う意見を言ったり。英治にとって「ああいうときってこういうふうに感じるよね」という共感ができるふたりなんだろうなと思います。

横を向く塩野瑛久さん

――千春、ナカムラ、英治の中で、塩野さんがいちばん共感したのは誰ですか?

それぞれに共感できる部分がありました。だから誰かが特別というわけではないですが、強いて挙げるなら近いのはナカムラだと思います。ナカムラは、たまに感情を態度に出してしまう人。僕も英治みたいにずっと気丈に振る舞っていられるわけでもなく、どちらかというと感情が前に出る瞬間もあるので、そういう意味ではナカムラに共感します。

――会話劇が軸となる作品でもありますが、どういうふうに同級生3人の関係性を構築していきましたか?

実は3人で「どう構築していこうか?」という会話は、あえてしていません。でも「タメ口で話そう」とおふたりから提案してくださって、僕はあっちゃん、璃子ちゃんと呼んでいます。些細なことでもなんでも話そうと現場でよく3人でしゃべっています。

――食事シーンが多い作品ですが、撮影で特に大変なことは何ですか?

食べながらの芝居は、本当に大変です。前提として、食べ物をおいしそうに撮らなきゃいけないので、もっとおいしそうに撮れるはずだと撮り直しになったときに、料理が出来上がるまでの待つ時間があってすぐには撮り直せないですし。日常で起こる会話劇なので、直立でセリフを言って終わりではなく、食べながら、足を崩しながら、振り向きながら、と何か動作をしながらするお芝居がたくさん盛り込まれています。だから、大変なことのひとつはつながりですね。長いシーンも多く、その中で一連でやった動作の場合、“さっきまで左で頬杖ついていたよな”など流れでの細かい動きまで把握しないといけないので、そういう大変さも多々感じています。

ごはんに関しては、カットがかかってもみんな食べ続けてますね(笑)。すごくおいしいんですよ。にんじんしりしりが出たときなんて、あっちゃんがほとんど完食したんじゃないかなっていうくらいお皿にあったものを全て食べて、おかわりした分も食べきって、お昼ごはんにもにんじんしりしりを食べていました(笑)。かく言う僕も毎回しっかり食べています。撮影で出たメニューで、僕が好きだったのは「エビと春雨のタイ風煮」。エスニックな味付けで、低カロリーながらもすごくボリュームがあって、無限に食べられる味でした。

口元に手を添え微笑む塩野瑛久さん

――ドラマ『かしましめし』の見どころを教えてください!

3人の会話のやりとりも注目してほしいですし、“こういう状況で、この言葉をかけられたら、こう返すしかないよね…”というような、多くの方がきっと共感できるシチュエーションがたくさんあります。何気なく外で繰り広げられている会話が、実は誰かひとりの心にとってはズシッと刺さっている…そういう部分を感じ取れるドラマなので、自分と照らし合わせてご覧いただける方もいると思います。逆に、“人間の心って繊細なんだな、自分は意外と平気でも他の人は実はこの会話の中でそういうことを思っているかもしれない”と気づきも与えてくれる。だから、私生活をすごく丁寧にしようよ!とまでは言えないですが、そういう人たちもいることを忘れないよう、心に留めておくきっかけをくれるドラマだと思います。

――ちなみに塩野さんは、お料理はされますか?簡単にできるオリジナルレシピがあれば教えてください。

自炊します。レシピを見ながらつくることが基本的には多いですが、スティック状に切ったさつまいもをバーっと炒めて、トリュフパウダーをかけるオリジナルレシピはめっちゃうまいんですよ!

――よく使う、こだわりの調味料はありますか?

基本的に白砂糖は使わず代わりにはちみつを使います。だからと言って、徹底しているわけではなくて、自分でつくるときぐらいは健康に気をつけようかなという気持ちなんです。直近で何の料理に使ったかは思い出せないのですが…コクを出したいな、というときにも活躍してくれるので重宝しています。

――おいしいものをだれかと分け合うとしたら、だれと分け合いたいですか?

友達です!つい先日、昨年映画“ハイロー” (『HiGH&LOW THE WORST X』)で共演したメンバー(THE RAMPAGE・川村壱馬さん、NCT 127・中本悠太さん、BE:FIRST・三山凌輝さん)と食事したんですよ。本当に久しぶりに友達と食事に行けたのですごく楽しくて、またみんなと食事会を開きたいですね。

――では、次に食事会を開くとしたら何を召し上がりたいですか?

この間、ベトナム料理店で撮影があったのですが、おいしそうですごく興味がわいたし、食べたいです。でも、正直なところ友達とならどこでもいい。大事なのは、“だれと食べるか”だと思っているから、人が集まるとなんでもおいしく感じるんですよね。でも、それがおいしいものだったら、よりいい時間を過ごせそう。

――もし誰かに手料理を振る舞うとしたら、どんなメニューをつくりますか?

(しばらく考えて)なんだろう…パスタですかね。普段は炭水化物を取らないようにしているので、パスタはつくらないんです。でも、友達との食事だからこそ食べようという気になるし、つくりたいメニューかな。パッと思いついたのは、しそと大根としらすのパスタです。

――ちなみに最近つくった料理は?

ケーキをつくりました。さつまいもとホットケーキミックスを混ぜて、卵焼き用のフライパンでつくる簡単なケーキなんですが…焦げました(笑)。でも、むしろ焦げた味が香ばしくて甘すぎなかったので、僕的にはめちゃめちゃおいしかったです。

1 2


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!