五輪までに絶対知っておきたい女子バスケのツウなオハナシ【勝手に Domaniバスケ部 第1話】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE明日を頑張るためのエンタメニュース

2018.12.21

五輪までに絶対知っておきたい女子バスケのツウなオハナシ【勝手に Domaniバスケ部 第1話】

アラフォーケイノマドライターのわたしが、30年間愛してやまない女子バスケットボールチーム【JX サンフラワーズ】の魅力にせまります。マジで絶対、これ知ってたらオリンピックの見方が変わるから!

Text:
Keisui Suzuki
Tags:

今、女子バスケが熱いの知ってた?

色々と飽き性のこの私が、なんと30年近く好きでずっとおっかけているものがあるの。さて、なーんだ!?(←こういうクイズ形式ってうざい時、あるわよね)。

絶対わからないと思うから答え言っちゃうね(嘘よタイトルでわかるわよね)。そう、女子バスケなの!昔っからバスケ少年だった私。子供の頃は両手でボール持ってスリーポイントシュート打つ練習してたな…(通常男子はワンハンド♡)。
自分がやっていたスポーツってこともあるけど、女子バスケって本当に面白いのよ(しつこいけど私がやっていたのは男子バスケだからね)。実は全日本女子バスケって、アジアでは過去3大会負けなしなの知ってた?当然、2020年のオリンピックではメダルの可能性もあるってこと。ファンもどんどん増えてるわ。

総力戦が女子バスケのいいところ。国内イチオシの実業団チームは?

女子バスケの試合って、スタープレイヤーがいるからって絶対勝つってわけじゃないの。総力戦で試合に挑むチームが多いところが、まず萌えのポイントね。どこのチームが勝つのか分からない拮抗した対戦ばかりで、とにかくハラハラドキドキ。そんな中でも、女子の実業団リーグ「WJBL」で、10年間優勝し続けている私のイチオシのチームが「JX サンフラワーズ」!10年連続ってまさに快挙よね。今シーズンも今まで負けなしで首位をぶっちぎってるのよ。でも、2位以下はかなりの混戦模様でこれからの展開がとっても楽しみな状況。これはみんなで試合に応援に行くしかないわね。

▲試合中の真剣なプレーには心を打たれるものがあるわけよ。そう、私がとうの昔に無くしてしまった純粋な何かがコートにはあるのよね。。。

「JX サンフラワーズ」の強さの秘密は?

彼女たちの選手インタビューでよく出てくる言葉が「自分たちに勝つこと」「もっともっと上手くなりたい」。前向きだけどとってもシビアなコメントが多くて、アラフォーで甘ちゃんな私は身が引き締まる思いなわけですよ。アラサーの選手はベテランと言われる日本女子バスケ界、私からみたら娘くらい若い彼女たちだけど、口から出る言葉は、厳しいスポーツの世界を渡り歩いてきた人ならではの重みが感じられるのよね。

勝負所で絶対負けない精神力で、大事なところでしっかり決めてくるシュートには思わず一緒にガッツポーズしちゃったり、優勝が決まった瞬間は会場で私も号泣しちゃったりね(歳とると涙もろくなるわよね)。。。

▲試合後のサイン会ではこの混雑っぷり。まるでアイドルよね♡

ということで、今シーズンも女子バスケリーグ WJBLで首位を走る「JX サンフラワーズ」のここがスゴイってポイントをファン歴30年のオタク目線でどんどん紹介しちゃうので、みんなでJXを応援してね♡

Keisui Suzuki

アラフォー独身GAY。とある上陸系バーガーレストランのPRマーケを経て、フリーランスPR・SNSディレクターの傍、こうしてエディター業もこなし、今や年間100日以上は旅をしているデジタルノマド。独G(自)の目線で物事をご紹介していきます。keisui

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事