人気声優・櫻井孝宏さんが語る、アニメ『からくりサーカス』阿紫花(あしはな)というキャラクターの魅力 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE明日を頑張るためのエンタメニュース

2018.12.27

人気声優・櫻井孝宏さんが語る、アニメ『からくりサーカス』阿紫花(あしはな)というキャラクターの魅力とは? Vol.02

忙しい毎日を送る女性たちに、癒しを! 頑張るワーキングウーマンたちにご褒美を! 大人の女性誌による、大人の女性のための、大人の男性声優に特化したインタビュー連載、『女は耳から恋をする』#耳恋。アニメ『からくりサーカス』に阿紫花役として出演中の櫻井孝宏さん。役作りへのこだわりにプロとしての仕事ぶりが、チャーミングな語り口に素敵な人柄が垣間見えました。

Tags:

男が惚れる男! “中の人”、櫻井孝宏が語る、阿紫花(あしはな)の魅力って?

少年サンデーの伝説的人気漫画が原作、アニメ『からくりサーカス』に阿紫花英良(あしはなえいりょう)役を担当している、人気声優・櫻井孝宏さん。

櫻井孝宏▲阿紫花(あしはな)は、いままであまり演じたことのないキャラクター、と語る櫻井さん。

阿紫花(あしはな)とは、対価をもらえるならばどんな汚れた仕事も請け負うという、殺しのプロで、のらりくらりとした態度で本心が見えない、つかみどころのないダークな役柄。初めてキャスティングを聞いたときは自分でも意外だった!という櫻井さん。(詳しくはVol.01をチェック!)  演じているご本人が思う、阿紫花(あしはな)の魅力とは?

「闇社会に生きる男、なんですが、これ見よがしに怖い感じじゃなくって、普段はちょっと寂しげで憂いがあって、そこがいいですよね。それでいて飄々としていて。いわゆる“イケメン!”って感じではないんですが、第一印象からストーリーが進むごとにどんどんかっこよくなるというか。僕は個人的に、あの“仕事人”って雰囲気が大好きですね。“お代はいかほどいただけるんで?”ってあの口癖に表れている、依頼された仕事はきっちりやります、って話の早い感じが」。

櫻井孝宏▲会話の中でさらりと飛び出した、生の”お代はいかほど~”に心の中で感動しつつ・・・

「子供のころによく見ていたマンガやアニメに出てくるような、かっこいい、ややヒールな男性キャラクターですね。女性はどうかわかりませんが、男性は間違いなくかっこいいと感じると思います」。

という櫻井さんですが、実は阿紫花(あしはな)は、『からくりサーカス』でも女性人気の一、二を争うキャラクター(双璧をなす人気キャラクターは銀髪美青年のギィ・クリストフ・レッシュ)。その事実をお伝えすると、

「え! そうなんですか! それはまた…。なかなかマニアックなキャラクターですよね。あの魅力が分かるなんて、みなさん、酸いも甘いもかみ分けてらっしゃるんですね」と、お茶目な反応を返してくださいました(笑)。

口調が変わった役柄は、やってて楽しい! というかやってみたくなるのが声優の性!

そんな、男性にも女性にも人気の阿紫花(あしはな)。しゃべり方がちょっと独特(原作もアニメも知らない方はぜひチェックを!) 。「~ですぜ」、「~ですかい?」といった語尾の話し方の表現について、櫻井さんに突っ込んでみると、

「そうそう、彼は一人称が“あたし”なんですよね。俺でも僕でもなく、“あたし”。これなかなか難しいんですよ」とのこと。

「でも声優的には、独特な口調の役柄って楽しいもんなんですよ、やってみたいというか。普段は絶対に口にしないような話し方ができるのはこの職業の醍醐味なんで」と興味深い“声優あるある”を披露してくださったあと、

櫻井孝宏▲ちなみに、「なんか必殺技とか、言ってみたい」という”声優あるある”も披露してくれました。

「僕の勝手な推測で申し訳ないんですが、阿紫花(あしはな)って出自が変わっているキャラクターですよね。その独特の口調とか言い回しに、日本の閉じた世界で生きてきた感じが出ているのではなかろうかと。すみません、本当の意図は違うかもしれませんが、僕はそういう風に想像して、役作りさせていただいていますね」
と、ご自身の阿紫花(あしはな)役への理解をお話ししてくださいました。

“意外”を覆す、説得力のある演技をしたい。プロとしての、役づくりへのこだわり

「阿紫花(あしはな)は、僕の中になかった新たな引き出しを開けてくれるキャラクター。たとえば、同じ状況に陥ったときに、泣くのか、笑うのか、怒るのか、キャラクターによって反応が違うじゃないですか。阿紫花(あしはな)は、今までは生まれてこなかった反応がパッと僕の中にアイディアとして浮かぶんです。まあ、それが実際に演技として表現できるかというのは別の話なんですけど。だからいつも現場では、僕の新しい部分を披露するような、そんな気持ちで収録していますね。まだまだ試したいことはたくさんあるので、トライ&エラーを繰り返しながら作っていきたいなと思います」

▲コーヒーがゆっくり落ちるように、たっぷりと考えながら、ひとつひとつ言葉を紡いでいく、そんな櫻井さんの語り口調は、誠実な印象。

「阿紫花(あしはな) 役へのキャスティングは“意外”と言われましたが、最終的には、櫻井孝宏、“あり”だったなって(笑)。説得力のあるお芝居ができたらと思いますね。まだまだ試行錯誤している段階ですが、この作品を全うしたとき、自分の幅が新しく広がったって思えるように頑張りたいと思います。“あ、櫻井孝宏が頑張ってんな”って、そんな目線でも『からくりサーカス』を楽しんでもらえたらうれしいです(笑)」

役づくりへ真摯に向き合う、プロの一面を見せてくれたあと、茶目っ気たっぷりに話を締めてくれた櫻井さん。次回は、そんな大人の魅力たっぷりの櫻井さんの、プライベートな部分に切り込んでいきたいと思います!

◆櫻井孝宏さんへの次回インタビュー記事は1月3日配信!/すべてのインタビューのラストには櫻井孝宏さんからいただいた【ご褒美ボイス】を期間限定特別配信します♡

■アニメ『からくりサーカス』大好評放映中!
NEW! オープニング・テーマ:KANA-BOON 「ハグルマ」 エンディング・テーマ:眩暈SIREN「夕立ち」


TOKYO MXにて毎週木曜22:30から、BS11にて毎週木曜24:00から、北海道テレビにて毎週月曜25:55から放送中。Amazon Prime Videoにて日本・海外独占配信。原作: 藤田 和日郎 (小学館 少年サンデーコミックス刊)監督:西村 聡  シリーズ構成:井上 敏樹 / 藤田 和日郎 キャラクターデザイン / 総作画監督:吉松 孝博 音楽:林 ゆうき アニメーション制作:スタジオヴォルン 製作:ツインエンジン 公式サイト公式Twitter
(C)藤田和日郎・小学館/ツインエンジン

■TVアニメ原作コミックス『からくりサーカス』完全版/藤田和日郎/1~8巻 好評発売中!

声優・ナレーター

櫻井孝宏

さくらい・たかひろ/1974年生まれ。96年に『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』でデビュー。2000年に『ゲートキーパーズ』の浮矢瞬役でアニメ初主演を果たす。以降、アニメを中心に、ゲームやドラマCD、吹き替え、ナレーション、ラジオなどに数多く出演。2016年、第29回東京国際映画祭でレッドカーペットを踏み、同年、第26回アニメグランプリ最優秀男性声優賞を2度目の受賞。『おそ松さん』の松野おそ松、『ダイヤのA』の御幸一也、『コードギアス』シリーズの枢木スザク、長編アニメーション映画『GODZILLA』三部作のメトフィエスなど。

撮影/安井宏充 ヘア&メーク/Kimoto Shizuka(LOANA roppongi) 取材/旧井菜月、福本絵里香(本誌)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事