「グアム」に乳児と行くなら覚えておきたい、安心して食べられる和食のお店【ワーママ 子連れ旅】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE私、旅するために生きてます!

2019.07.10

「グアム」に乳児と行くなら覚えておきたい、安心して食べられる和食のお店【ワーママ 子連れ旅】

子連れでグアムを13回訪れたワーママエディターがおすすめするグアム情報。まだなんでもかんでも食べられない乳児と一緒にグアムへ行くなら、覚えておきたいお店を3軒紹介します!

Text:
高橋香奈子
Tags:

子連れ旅行の魅力に目覚め、『子連れGUAM』というガイドブックも出版しているワーママエディターのタカカナが紹介する子どもと行けるグアムのレストラン情報です。

子連れに助かる!グアムで和食が食べられるお店

グアムには美味しいお肉やハンバーガーなど、たくさんのレストランがありますが、もし小さな子ども連れで行くなら、NOTジャンクな、安心して食べさせられる和食のお店を覚えておくと便利です。

(1)ホテル「ハイアットリージェンシー グアム」内の日本料理店「虹」

子どもが1歳で初めてグアムを訪れた時、宿泊したのがこの日本料理店「虹」がある「ハイアットリージェンシー グアム」でした。まだジャンクな食べ物を食べさせていなかったので、息子はここのうどんを滞在中に何度も食べました! 日本料理のビュッフェなので、子どもの好きなものを選んで食べさせられるのが便利です。シェフも日本人ですよ。

日本料理店「虹」は、ホテル「ハイアットリージェンシー グアム」の中にあります。

営業時間:ランチ11時30分〜14時、ディナー18時〜21時 無休

(2)おにぎりセブン

グアムの中心地にある、おにぎりスタンド「おにぎりセブン」。ここでのおすすめは、コシヒカリを使ったおにぎりと豚汁。おにぎりは、おしゃれなにぎらないおにぎり、おにぎらず。具材はたくさんの種類が用意されているので、きっと子どもの好みのものが見つかるはず。グアムでは、なかなか和風に煮込んだ野菜を食べさせられるチャンスが少ないので、豚汁も野菜補給に便利です。ちなみに、本格的なジャパニーズフードが食べられるとあって、ローカルの方にもとっても人気のお店なんですよ!

場所は、ハイアットリージェンシーの近く。赤いシャトルバス「ハイアットリージェンシー向かい」で下車後すぐです。Tギャラリア グアム by DFSからも徒歩圏内です。

営業時間:7時〜20時 定休日:日曜日

(3)東京マート

「東京マート」は、日本の食品を中心としたスーパーマーケット。日本人シェフがつくる本格的なお弁当やお惣菜が買えます。日本食が恋しくなったパパやママにもおすすめ。イートインコーナーはないので、ホテルで食べるのを前提として購入されるのがいいと思います。

場所は、グアムプレミア アウトレットから徒歩3分くらい。赤いバスで行くなら、「グアムプレミア アウトレット」で下車してくださいね。

営業時間:10時〜20時(月〜土)、10時〜18時(日) 無休

もっとグアムの詳しい情報を知りたい、という方は、ぜひ子連れグアム旅行についてまとめた『ラクチン・ストレスなし・子供も自分も楽しめるいちばん近い海外リゾート 子連れGUAM』も、ご覧いただけるとうれしいです!

※掲載の情報は、2018年4月現在のものです。
撮影/羽田 徹

あわせて読みたい
▶︎【子連れ旅アイデア】数時間の飛行機移動を快適に過ごすための5つのテクニック
▶︎【優秀100均】メラミンスポンジに、洗濯干しなどetc.「子連れ旅」で大活躍する旅行の便利アイテム7選

画像ALT

子連れ旅エディター

高橋香奈子

会社員を経験したあと、約13年前にひょんなことからエディターに転身。フリーランスでフルタイムで働く、8歳男の子のママ。趣味は子連れ旅。リゾート気分を近場で堪能できるグアムの魅力にはまり、旅行ガイドブック『ラクチン・ストレスなし・子供も自分も楽しめるいちばん近い海外リゾート 子連れGUAM』(ワニブックス)を2018年に出版。ママ目線&子連れ向けのガイドブックはこれまでになかったと、高い評判を得て20,000部のベストセラーに。子連れ旅のあれこれを公開しているInstagramは@travalwithchild

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事