勉強から趣味、お金の管理まで!便利&時短な【デジタルノート】活用法 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE女のデジタル学

2019.07.08

勉強から趣味、お金の管理まで!便利&時短な【デジタルノート】活用法

「デジタルノート」を使えば、勉強に趣味、育児日記やお金の管理まで、効率的にできて時短もかなう!紙派の人も、すでに使っている人も必見の活用法をご紹介します。

Tags:

【目次】
勉強ノートはiPadでつくる!効率的なデジタル勉強法
コストも時間も節約!iPadで楽しい育児日記を♡
趣味やお金の管理まで、「デジタルノート」アイデア

1:勉強ノートはiPadでつくる!効率的なデジタル勉強法

ノートは紙派という人がデジタルノートに移行するのはなかなか勇気がいりますよね。興味はあるけど今のままでいいや! そう感じる人も少なくないのでは? それなら、少しでもデジタルノートの良さが分かれば見方が変わるかも!?

生後6か月の娘さんを育てるため、現在育休を取得しながら「心理カウンセラー」の勉強をしている@satsuki_study_さん(Instagram)に、デジタルノートでの勉強法やメリットについて伺いました。

デジタルノートのツールをフル活用した最強の勉強ノートの作り方

「ノートアプリは勉強用や読書記録用などいくつかリリースされているので、さまざまな用途や好みに合わせて選ぶことができます。どのノートにするか悩むところですが、私はまんべんなく色んな機能を併せ持ち、iPad初心者でも使いやすいGoodNotes 5に。このアプリは紙のノートでできることはほぼすべてできるのではないでしょうか? ノートの表紙も自分の好きな画像を貼り付けられるので、勉強のモチベーションも上がります。ところで最初にどのノートアプリにするかは意外と重要で、途中からノートを変更することになると、アプリ間でのノートの移行がとにかく大変なので慎重に調べてから決めることをおすすめします」

勉強ノートのこだわりは4つ!

(1)見出しやタイトルは自分の好きな色でラインを引く
「勉強のモチベーションを上げるため、タイトルなどに引く罫線は自分の好きな色(ベージュやブルーなど北欧系カラー)を使用しています。線を引くことでページ全体が締まって見えます」

(2)文字は記憶力を高める青文字に
「学生時代から実践していましたが、文字色は記憶力を高める青色がマスト。特に紺色は学生っぽくなく、大人の印象になるのでおすすめです。覚えたい単語や重要な内容に引くマーカーは落ち着いたトーンの黄色(花の蜜のような色)に。蛍光色のように発色のいい色は使わず、リラックスできるような色を選んでいます」

(3)ノートの端は後から追記できるように3㎝幅のスペースを確保する
「ノートの右3㎝ほどをメモ欄として確保しています。メモ欄にはわからない単語や感じたことをメモし、インプット→アウトプットの作業を勉強中にもおこなっています。その方がより記憶定着に繋がる気がします。ちなみにこのレイアウトはテンプレートとして登録しているので、毎回つくり直す必要もありません。イラスト入りの可愛いテンプレートをつくるのもいいですよね」

(4)インターネットで検索して資料をコピペ。これが簡単にできるのはデジタルノートだから!
わからないことはネットで調べ、その場でノートにコピー&ペーストしています。ネットの方が噛み砕いて書かれていることが多く、具体例も多いので理解しやすいです」

学生時代にやっていた「単語を赤シートで隠して暗記する」あの勉強法をデジタルでも!

「学生時代に単語を赤シートで隠して暗記していませんでしたか? デジタルでも同じような方法で暗記します。まず『勉強ノート』をつくり、そのノートを複製したら覚えたい用語だけを色マーカーで消して『暗記ノート』を作成。暗記ノートを見ながらどんどん回答していき、勉強ノートを開いて答え合わせ。2冊のノートを交互に確認しながら暗記をしていきます」

「大切な用語を色マーカーで消すとき、青は”わからなかったもの”、緑は”よく考えれば思い出せるもの”、ピンクは”暗記できたもの”と色分けし、すべてのマーカーがピンク色になるまで何度も解き直します。この方法は『やってはいけない勉強法』(石井貴士さん著)で紹介されていたものを実践しているので、気になる方はぜひ読んでみてください」

詳しくはこちら
▶︎iPadでつくる勉強ノート公開! 知っていて損はなしの効率的なデジタル勉強法とは?

2:コストも時間も節約!iPadで楽しい育児日記を♡

子どもの成長を記録する育児日記。今までは、 スマホで写真を撮影してプリントしたものをノートに貼りシールをペタッ。この作業が楽しかったりするものですが、写真をプリントして、装飾を切ったり貼ったりするのは結構時間がかかりますよね。あまり時間が取れない、でもかわいい育児日記をつけたい! そんな忙しいママたちにおすすめなのがデジタルノートでつける日記。その気になる方法とは? @satsuki_study_さん(Instagram)にこちらも伺いました!

育児日記はデジタルノートアプリ「GoodNotes 5」を使用

「手順は本当に簡単。スマートフォン(iPhone)で撮った写真をAirDrop(近くにあるApple製品の端末に写真や書類などをすぐに共有できる機能)でiPadに送信し、ノートアプリ(私の場合は「GoodNotes5」)に貼り付けるだけです。あとは文字やイラストを書き込んで楽しく仕上げる…むしろこのデコレーション方法がわからないという人が多いかもしれませんね」

「フリー素材のサイト(私がよく使用しているのはイラストAC)からイラストなどをダウンロードして切り貼りしています。こちらの方が紙の手帳に切り貼りするよりも仕上がりが格段に早い。イラストACはさまざまなイラストレーターがオリジナルイラストを投稿しているので市販されていないようなデザインがたくさん見つかります。特に私がよく利用しているのが『オリビア』さんという方。まだ依頼したことはありませんが、イラストレーターさんに直接イラストを描いていただくことも可能です。文房具店で可愛いシールを選ぶ気分でイラストを探すことができ、いくつ選んでも無料なのでおすすめです」

フリー素材を使えばマスキングテープやシールのように使用することも可能!

「使用しているフリー素材 イラストAC はたくさんのクリエイターが集まるサイトなので、必ず好みのイラストに出合えます。シールやマスキングテープ、付箋のように使えるのでアレンジの幅も拡がります。

紙の手帳に日記をつけていた頃はペン、シール、付箋、マスキングテープなど…たくさんのツールを買い集めていましたが、かなり場所を取るので収納に困っていました。ですがiPadはその日の気分に合わせて無料の素材をその都度選ぶことができ、レイアウトのバリエーションが増えたうえ、ツールのスペースを取ることもなく本当に便利なんです。また、以前は写真をわざわざ印刷して切り貼りしていましたがその手間も省け、時短になっています。

先日、旅行に行った際も、このiPadだけ持っていいきましたが、その日の出来事をすぐに日記に書き起こすことができました。本来なら筆箱パンパンに道具を詰めて行くところが、本当に便利です」

詳しくはこちら
▶︎こんなに楽しい日記がつくれるなんて♡ iPadで育児日記をつけるママが急増中!

3:趣味やお金の管理まで、「デジタルノート」アイデア

ノートを書くのにきちんとしたテーマなんて必要なし! ユニークなデジタルノートのアイディアを@satsuki_study_さん(Instagram)に伺います。

【1】本を読みながら言葉を整理して記録する「読書ノート」

「iPadを購入したことでどんどんペーパーレス化は進み、本は〝Kindle(デジタル本屋)〟で購入してiPadで読むようになりました。iPadは画面を2分割することが可能で、左側を本、右側をノートにし、メモを取りながら読書をしています。読書中は集中したいのでメモは基本、殴り書き(笑)。あとからきれいに清書したり、大事な箇所にマーカーを引くなど体裁を整えます。”きれいに書きたい”という気持ちが強いと全然読むことに集中できなくなるので、ほどほどに。また特に大事な部分だけ抜き出して”まとめノート”をつくるのもおすすめです。書いた文字をコピー&ペーストするだけなので、書き写す手間もなく効率的にまとめることができます。このやり方で会議のメモやアイディアを書くノートをつくるのもいいですよね」(@satsuki_study_さん)

【2】大学費用を貯金するためマメにつけている「経理ノート」

「秋から大学に通い直すため現在大学費用を貯金中。以前は家計簿アプリでお金の管理をしていたのですがあまり使いこなせていなかったのですが、iPadでノートに記録するようになってからは貯金する意識が高まりました。例えば『先月支払った〇〇の分は、今月〇〇で返す』とメモしておくと、大体その通りに行動できるようになります。この方法で大学費用は順調に貯金できており、無事に自分の貯めたお金で大学に通うことができそうです! ちなみに家計全体の管理は『Zaim』というアプリを使用しおり、家族全員で情報を共有できるようにしています」(@satsuki_study_さん)

【3】将来やりたいことをまとめるための「自己分析ノート」

「育休中に出合った『逆算手帳』を参考に、自己分析した内容をノートにまとめています。『逆算手帳』は自分は将来どうしていきたいのか? 表や図にまとめながら自己分析する方法を解説している本で、以前はそこに挿入されている空欄の表を紙のノートに書き写しては文字を書き入れ、写真を切り貼りする…などの作業で時間が掛かりました。ですが現在は、表を書き写すのではなくカメラで撮影し、ノートアプリに落とし込むだけになったので作業がラクに。また、表は簡単に複製することができるので、同じものを繰り返し使用することができます。このテクニックを利用すれば、問題集も何度も解くことができますし、会社で必要な報告書のフォーマットを取り込んでiPadで下書きを作成、Wi-Fiで飛ばして印刷することもできます」(@satsuki_study_さん)

アイディアを上手に整理するマインドマップにも!

「アイディアの整理や将来の計画を立てるためにも、これからマインドマップにも挑戦したいと思っています。ワンタッチで何度も描き直すことができるからつくりやすいんです。あとは将来、本の出版にも興味があるので、今からコツコツアイディアを貯めていくノートづくりも計画中。iPadは夢を叶える最強の相棒のような心強い存在です! 」(@satsuki_study_さん)

詳しくはこちら
▶︎趣味やお金の管理まで。好きなテーマで書く【デジタルノート】アイディア3選

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事