Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

LIFE STYLE今夜もおひとりさまグルメ!?

2017.11.09

インスタ映え抜群!和食器に合う【おもてなしレシピ】

今、人気を集めている和食器を主役にした絶品レシピをご紹介。

Tags:

最近では洋食を和食器に盛り付けるなど、自由なスタイルで和食器を楽しむ人がどんどん増えています。『Francfranc』では、そんなライフスタイルに合わせ、伝統を守りながらもモダンなエッセンスを加味した様々な和食器が豊富!かつ、和食器に合うレシピも提案していて、そのどれもがおいしそう!注目のレシピをご紹介します。

関連記事:今や海外でも大人気!【和食器】ブームに乗り遅れ厳禁!
モデル・高山 都さんも鬼買いした、おしゃれすぎるうつわ【美濃焼】って?

ぶどうのカプレーゼ×瀬戸焼


【材料 2人分】
・ぶどう(巨峰・マスカット) …各4〜5粒
・モッツァレラチーズ…1個
・クレソン…適量
・ルッコラ…適量
A
・白ワインビネガー…適量
・EXオリーブオイル…適量
・塩、こしょう…適量
【作り方】
1:ブドウは縦1/2にカットし、Aで和える。
2:一口大にカットしたモッツァレラチーズと1を和え皿に盛り、クレソン、ルッコラを添える。

ペスカトーレ×波佐見焼


【材料 2人分】
・スパゲッティー…140g
・ホールトマト…1缶
・にんにく…1片
・たかの爪…2本
・白ワイン…50cc
・あさり…8個
・ムール貝…4個
・スルメイカ…1杯
・有頭海老…2尾
・イタリアンパセリ…適量
・塩、こしょう…適量
・オリーブオイル…大2
【作り方】
1:ムール貝はひげ根をとる。スルメイカはワタと軟骨を取り1cm程にスライスする。海老は殻付きのまま背ワタを取る。ホー ルトマトはつぶしておく。
2:フライパンにオリーブオイルとつぶしたにんにくを入れ弱火にかける。にんにくが色づき香りが出てきたらイカと海老を加えさっと加熱し一度取り出す。
3:同じフライパンにあさり、ムール貝、たかの爪、白ワインを加え、蓋をして蒸し煮する。貝の口が開いたら取り出し、ホールトマトと海老の頭の部分を加え少し煮詰め、塩こしょうで味を整える。
4:パスタを茹でる。取り出していた具材を3のフライパンに戻し入れ、茹であがったパスタを加えソースが良くからむよう混ぜる。 皿に盛り、イタリアンパセリのみじん切りをふる。

子羊のハーブロースト×美濃焼

【材料2人分】
・フレンチラムラック 約500g
・赤玉ねぎ…1/2個
・ズッキーニ …1/2本
・赤、⻩パプリカ…各1/2個
・紫、⻩人参…各1/2本
・ローズマリー…1枝
・パセリ…1枝
・タイム…5枝
・パン粉…大4
・マスタード…大2
・にんにく…2片
・塩、こしょう…適量
・オリーブオイル…適量
【作り方】
1:ハーブ類は葉と茎の部分を分けておく。ラムラックは焼く1時間前に冷蔵庫から出し、ハーブの茎とにんにくのスライス、塩 こしょう、オリーブオイルでマリネしておく。
2:ハーブの葉部分とパン粉をフードプロセッサーで混ぜ合わせる。
3:熱したフライパンにオリーブオイルをひき、強火でラムラックの表面に焼き色を付ける。フライパンから取り出し背の部分にマスタードを塗り2をまんべんなくつける。一口大にカットした野菜類に塩こしょうとオリーブオイルをまぶす。
43のラムと野菜類を天板に並べ、200℃に予熱したオーブンで10〜15分焼く。(焼き上がり目安は中心に金串をさしてみて温度を確認し、温かいと感じるくらい。)
5:焼きあがったラムラックをアルミホイルに包み、10〜15分休ませる。カットしたラムと野菜類を皿に盛り付け、好みでマスタードや塩、レモン、少し煮詰めたバルサミコ酢などを添える。

いちじくのテリーヌショコラ×有田焼

【材料 18cmパウンド型1本分】
・ミルクチョコレート…200g
・バター…100g
・卵…3個
・生クリーム…100cc
・グラニュー糖…40g
・はちみつ…大1
・コーンスターチ…大1
・いちじく(ドライ) …50g
・ラム酒…大1
【作り方】
1:いちじくは1〜2cmに刻み、ラム酒に一晩つける。
2:ボウルにチョコレートとバターを入れ湯せんにかけ、溶かす。
3:別のボウルに卵、人肌に温めた生クリーム、グラニュー糖、はちみつ、コーンスターチを合わせ、よく混ぜる。
42のチョコレートのボウルに3の卵液を少しずつ加えながら泡立 て器でよく混ぜ合わせる。
5:クッキングシートを敷いたパウンド型に生地を3/4ほど流し、1のいちじくを全体に並べ残りの生地を流す。160℃に予熱しておいたオーブンで30分ほど湯せん焼きする(焼き上がりの目安は中心に竹串を刺してみて生地がついてこないけれど、表面が揺れるくらい柔らかい状態) 。焼きあがったら型から外さずに粗熱を取り冷蔵庫で冷やしてから、型から外す。切り分けて皿に盛り、生クリームを添える。

自分のためにはもちろん、人をもてなしたくなるレシピとお皿の抜群の相性。ぜひ楽しんでみてはいかがですか。

レシピ提供:フランフラン


Read Moreおすすめの関連記事