Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • search
 

LIFE STYLE今夜もおひとりさまグルメ!?

2017.11.18

“えっ!?美人は風邪を引かない!?”免疫力アップレシピ3選

体調を崩しがちなこれからの季節、免疫力をあげるために、意識的に摂取したい食材を使ったとっておきのレシピをご紹介します。

Tags:

空気が乾燥してきて、急に寒くなり、街中でマスクをしている人も多くなってきました。これから本格的に、風邪などの感染症に注意が必要な時期!うがい、手洗いなど、風邪対策の方法は多くありますが、ウィルスが入ってきても速やかに排出できる体づくり、つまり『免疫力』を普段から上げておくことも大切!

それには腸内環境が深く携わっていて、なんと腸の中に体内の免疫細胞の7割があることが、研究の結果で分かっています。つまり腸内環境を整えること=免疫力アップの鍵。

そこで注目したいのが、ハナマルキが提案している、免疫力がアップする身近な食材と、腸内環境を整えるのに最適な発酵調味料である“塩こうじ”を使った、この時期の風邪対策にぴったりな簡単レシピ。手軽につくれるのでぜひ積極的にトライを!

鮭のフライタルタルソース添え


■材料(2人分)
生鮭:2切れ
・【A】液体塩こうじ:大さじ1
・【A】酒:大さじ1
・小麦粉:大さじ2
・溶き卵:1/2個分
・パン粉:適量
・揚げ油:適量
【タルタルソース】
・ゆで卵:2個
・玉ねぎ:1/8個
・きゅうり:1/4個
・液体塩こうじ:小さじ1
・マヨネーズ:大さじ3~4
・粒マスタード:小さじ1~2

■作り方
:生鮭は【A】に1時間冷蔵庫で漬け込む。玉ねぎ、きゅうりはみじん切りにし、液体塩こうじ(分量外)少々に漬ける。
:キッチンペーパーで水気をしっかり取り、小麦粉、溶き卵、パン粉の順に付け、170度の揚げ油で揚げる。
:ゆで卵は粗目のみじん切りにしてボールに入れ、の玉ねぎときゅうりの水気を切って加え、液体塩こうじ、マヨネーズ、粒マスタードを加えてよく混ぜ合わせタルタルソースを作る。
:器に2を盛り、タルタルソースをたっぷりかける。

カブと生ハムのマリネ


■材料(2人分)
・カブ:3個
・カブの葉:適量
・液体塩こうじ:大さじ1
・生ハム:40g
・【A】オリーブオイル:大さじ1
・【A】レモン汁:小さじ1
・【A】液体塩こうじ:小さじ1
・【A】こしょう:少々

■作り方
1:カブはスライサーなどで皮つきのまま薄くスライスする。カブの葉は刻む。 ボウルに入れ液体塩こうじを揉みこみ、10分ほど置く。
2:ボウルに【A】の調味料を混ぜ合わせ、水分を絞ったカブ、 食べやすく切った生ハムを混ぜ合わせる。実は根よりも栄養価の高い、カブの葉部分も残さず使った一品。
※あればスライスしたレモンをトッピング。

きのことチキンのホイル焼き


■材料(2人分)
・鶏胸肉:1枚(300g)
・赤パプリカ:1/4個
・液体塩こうじ:大さじ1+小さじ2
・バター:小さじ2
・きのこ:2〜3種類混ぜて100g(しいたけ、シメジ、えのきなど)
・レモンの輪切り:2枚
・小葱:適量

■作り方
1:胸肉は一口大のそぎ切りにし、液体塩こうじ大さじ1を揉みこみ冷蔵庫で30 分〜1時間漬け込む。きのこは石づきをとり食べやすくほぐす。パプリカは細切りにする。
2:アルミホイル(2枚)を広げ、半量の鶏肉、きのこ、パプリカ、バターをのせ、液体塩こうじ小さじ1、コショウ少々をかける。
3:アルミホイルの口をしっかり閉じ、トースター(1300w)で15分加熱する。皿にのせ、ホイルを開きレモンスライス、小口切りのネギを散らす。
※魚焼きグリルやオーブンでも同様にできます。

レシピ提供:ハナマルキ

 


Read Moreおすすめの関連記事