【バックパック】おすすめ9選|通勤、登山、旅行など用途別に紹介 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

FASHIONバッグ

2020.03.05

【バックパック】おすすめ9選|通勤、登山、旅行など用途別に紹介

バックパックを選ぶ際は、機能性や収納力、デザインが「目的」に合っているかが重要です。体にフィットしたバックパックは長時間背負っていても疲れにくいでしょう。ビジネス・登山・旅行のそれぞれに適したおすすめのバックパックを紹介します。

【目次】
バックパックはどうやって選ぶ?
通勤、ビジネスにおすすめのバックパック
登山などのアウトドアに人気なバックパック
海外旅行にも便利な人気のバックパック

バックパックはどうやって選ぶ?

必要な機能や容量は「用途」によって違うため、バックパックを選ぶときは「いつ・どこで・何に使うか」を明確にしておくのがポイントです。どのようなタイプを選べば良いのか迷っている人に、おすすめの選び方を紹介します。

バックパック おすすめ

機能性やデザインのタイプから

バックパックは大容量なため、荷物が多くなりがちなビジネス・旅行・登山など多方面で活躍します。一つのバックパックを使い回すこともできますが、用途がはっきりしていれば、機能性やデザインがより追求できます。

例えば、通学や通勤などの「タウンユース」であれば、PCポケットの有無やデザインのスタイリッシュさなどが重視されます。一方で、「登山用」は、体へのフィット感や疲れにくさ、防水機能をチェックしなければなりません。「旅行用」はポケットの多さや防犯性の高さ、パッキングのしやすさなどがポイントになります。飛行機に持ち込めるサイズであるかも忘れずに確認しましょう。

サイズや容量の違いにも注目

必要以上に大きなバックパックを選ぶと、フットワークが重くなり見動きが取れなくなる場合もあります。タウンユースであればパソコンやA4サイズの書類が入る大きさを、日帰り登山であれば、30L前後の容量を選びましょう。旅行用は、2泊3日程度であれば30L前後、3泊4日以上は40L前後がおすすめです。3泊を超えたら、衣類は現地で洗濯して着まわすことも考えましょう。

通勤、ビジネスにおすすめのバックパック

ビジネスや通勤で使うバックパックは、どんな服装にもマッチするシンプルさと、物に合わせた収納性が重要です。PCや端末を持ち運ぶ人は、専用のポケットがあるかどうかも確認しましょう。ここからはビジネスにもおすすめなバックパックを紹介していきます。

バックパック おすすめ

普段使いもできる マンハッタンボンテージ「Gramercy Backpack」

マンハッタンボンテージの「Gramercy Backpack」は、シンプルなデザインが特徴のバックパックです。仕切りのないゆったりとしたメインコンパートメントには、パソコンやお弁当などの大きなものを入れることができます。ショルダー部分が太くて柔らかいので、多少重いものを入れても肩に食い込みません。ビジネススーツやカジュアルな普段着など、幅広いファッションにマッチします。

商品名:マンハッタンボンテージ Gramercy Backpack

PC専用収納付き インケース「Icon Pack Nylon Ⅱ」

インケースの「Icon Pack Nylon Ⅱ」は、15インチのPCが入るPC専用収納が付いたバックパックで、リュック内部は中身が移動しにくい構造になっています。8個のポケットには、書類や財布、スマホなどがきちんと分けて収納できるため、欲しいものがすぐに取り出せます。人間工学に基づいたショルダーストラップと、1.2㎏という軽さにも注目してみましょう。

商品名:インケース Icon Pack Nylon Ⅱ

機能的なポケットが特徴 グレゴリー「カバート ミッションデイ」

かっちりとしたスクエア型のバックパックは、書類を折り曲げずに入れられるのがメリットです。PC用のコンパートメント、タブレット用のスリーブ、ジッパー付きマルチケース、ボトルポケットなど、機能性に優れた収納部分が充実しています。移動が多いノマドワーカーには特に重宝するバックパックです。

商品名:グレゴリー カバート ミッションデイ

登山などのアウトドアに人気なバックパック

過酷な自然環境に挑むアウトドアにおいて、バックパックには機能性や耐久性の高さ求められます。購入時は「肩に負担がかからないか」「体にフィットするか」など、細かい部分もチェックしましょう。

バックパック おすすめ

タウンユースにも使える カリマー「eclipse 27」

アウトドアからタウンユースまで使える万能バックバックで、大きめのメインコンパートメントに、PCホルダー、アクセサリー収納のオーガナイザーを備えています。

耐久性のある高強度ナイロンは過酷な山の環境に適しており、長く愛用できます。カラーは5色展開で、年齢や性別を問わずに使うことができます。

商品名:カリマー eclipse 27

使い勝手の良いと評判 ミステリーランチ「アーバンアサルト 24」

ミステリーランチの「アーバンアサルト 24」は、口が大きく開く3ジップデザインが特徴です。中身が一目瞭然で、物の出し入れが容易な点が評価されています。外観はシンプルでスリムですが、内側に4個、外側に1個の計5個のポケットがあり、見た目以上の収納力を発揮してくれます。ナイロンの7倍もの強度を持つ「コーデュラナイロン素材」を採用、ジッパーには止水ファスナーを施すなど、細部にもこだわりが感じられます。

商品名:ミステリーランチ アーバンアサルト 24

レディース向けで旅行にも活躍 ザ・ノース・フェイス「テルス30 レディース」

アメリカの大手アウトドアブランドの「ザ・ノース・フェイス」からは、女性用のレインカバー付きバックパック「テルス30」がラインナップされています。日帰りから宿泊までに対応した30Lサイズで、ホイッスル付きのチェストストラップや、ポケット付きのヒップハーネス、リュックを下ろさずに水分補給ができるハイドレーションなど、登山などに特化した便利な機能が盛りだくさんです。

商品名:ザ・ノース・フェイス テルス30 レディース

海外旅行にも便利な人気のバックパック

旅に必要な荷物がたっぷり収納でき、かつ機内への持ち込みもOKなバックパックを紹介します。海外旅行の際は、荷造りするときについつい荷物が多くなりがちです。重量が重くなり過ぎないように注意しましょう。

バックパック おすすめ

長時間背負っても疲れにくい ミレー「プロライター 38+10」

クライミングからスキーツーリングまでさまざまなアクティビティを想定した汎用性の高いバックパックです。軽さ・通気性・快適性・耐久性の全てを兼ね備えている他、アタッチメントの充実度が高く、スキーやアイスクライミングなどの厳しい環境下でも活躍してくれます。長時間背負っても疲れにくい背面一体式ショルダーストラップなので、国内外を歩いて旅するバックパッカーにもおすすめです。

商品名:ミレー プロライター 38+10

耐久性に優れ頑丈 パタゴニア「ブラックホール・パック 25L」

「パタゴニア」は、環境に配慮する姿勢が高く評価される人気のアウトドアブランドです。アイテムはどれも機能性に溢れ、海や山、タウンユースなどのあらゆる場面で活躍してくれます。「ブラックホール・パック 25L」は、日帰りや1、2泊程度の旅行に適したサイズで、フィルムのラミネートと耐久性撥水加工を施した「リップストップ・ポリエステル素材」が採用されています。急な小雨や水しぶきからしっかり中身を守ってくれるので、アクティブに駆け回るバックパッカーのマストアイテムになりそうです。

商品名:パタゴニア ブラックホール・パック 25L

機内に持ち込みも可能 アークテリクス「コバート ケース C/O」

アークテリクス「コバート ケース C/O」は機能持ち込み可能な40Lサイズで、中身を衝撃から守るために全体にパットが使用されています。1辺に1個ずつ小型のハンドルが付いているところや、ファスナーが全開するところはまるで小型のトラベルケースです。見た目はシンプルですがたくさんの収納ポケットが付いており、大きなカバンの中で小物がどこに行ったか分からなくならないようになっています。本体は、水や汚れをはじくシリコン加工が施されているので、きれいな状態で長く使えます。

商品名:アークテリクス コバート ケース C/O

多様なシチュエーションに対応した万能なバックパックもありますが、使いやすさを追求したいなら「目的」に合わせたバックパックを使い分けるのがおすすめです。ポケットの数やショルダーパットの太さ、本体の重量など、購入時は細かい部分までチェックしましょう。通販を利用する際は、口コミなどを参考にして、自分に合ったものを選んで見てはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
カジュアルなバックパックが”遠足コーデ”にならない秘訣って?
”無印良品”のバックパックはママバッグとしても超優秀 【ワーママ・バッグの中身SNAP#7】

写真/(C)Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事