【転職エージェント】おすすめ6選|サイトの種類や上手な使い方を紹介 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE自分磨き

2019.11.29

【転職エージェント】おすすめ6選|サイトの種類や上手な使い方を紹介

転職エージェントは、企業との条件交渉から面接日の調整まで全て代行してくれるので、今の職場に勤めながら、同時並行で転職活動を進めたいという人には最適なサービスです。転職エージェントの種類や優秀なキャリアコンサルタントの見分け方を紹介します。

【目次】
転職エージェントとは?
転職エージェントにも種類がある?
転職エージェントの上手な使い方を紹介
おすすめの総合型転職エージェント
おすすめの特化型転職エージェントとは?

転職エージェントとは?

「転職エージェント」は、転職する人と企業の中間に立ち、マッチングや面接の調整、労働条件の交渉など行う仲介役を指します。

転職サイトとの違いはサポート体制が充実

転職サイトは転職に関する情報がさまざまあり、企業を説明しているページから面接、履歴書作成のノウハウを得ることができます。しかし、転職サイトの場合は、興味のある求人があれば、求職者が直接企業に応募し、書類を提出するのが一般的です。そして、担当者がつくわけではなく、分からないことがあれば自らが積極的に動く必要があります。

転職エージェントの場合は、専任のコンサルタントが付き、転職のサポートをしてくれます。企業とのマッチングやキャリアアドバイスからはじまり、面接対策や応募書類の添削、面接日の調整までをしっかりとサポートしてくれます。

多くの転職エージェントでは、転職希望者は、転職エージェントに登録し「専任のキャリアコンサルト」と面談を行います。コンサルトが企業と交渉をし、最後に本人と企業が面接するという流れが一般的です。

(C)Shutterstock.com

転職エージェントは、厚生労働大臣から正式な認可を受けた会社や個人で、「有料職業紹介事業所」や「人材紹介会社」とも呼ばれます。

転職エージェント利用のメリットと注意点

転職エージェントでは、キャリアや希望に合った求人を厳選して提供してくれます。書類審査に通りやすい履歴書の作成ができる上、企業との条件交渉を代行してくれるので、転職活動にかかる時間と労力が大幅に省けます。

ハローワークや転職サイトにはない「非公開求人」を多く保有しており、選択肢の幅が広がるのもメリットの一つです。

自分だけ行う転職活動はどうしても調べる限界があり、視野が狭くなりがちですが、コンサルタントとの面談を通すことで、能力やスキルを生かしたより良いキャリアプランが描けるようになるかもしれません。

一方で、転職エージェントは数が多く、コンサルタントの質のさまざま。早く成約したいために、本人の意向を無視した求人を進めてくる悪質なケースもあるため、信頼できるエージェントを見極める必要があります。

(C)Shutterstock.com

転職エージェントにも種類がある?

転職エージェントは、業種や職種を絞っているか否かで、「総合型」「特化型」に分けることができます。特徴やメリットを確認しながら、どちらが自分に合っているかを判断しましょう。

求人数の多く職種が幅広い総合型

「総合型」は、マイナビやパソナキャリア、リクルートに代表される転職エージェントで、幅広い職種・業種・地域に対応しているのが特徴です。膨大な求人情報を保有しているため、同じ職種や業種間での比較も可能。「今と違う業種にチャレンジしてみたい」「地域をまたいだ転職活動をしたい」という人に適しており、転職希望者にさまざまな業界の可能性を提案してくれます。

また、社員教育に力を入れている大手の転職エージェントになると、キャリアコンサルタントの質にムラがなく、対応も丁寧です。一方で、「特化型」に比べ、特定の業界に関する専門知識が乏しく、思うようなアドバイスが得られない可能性もありますので注意が必要です。

特定の業界に強い特化型

「特定型」の転職エージェントは、特定の業種・職種・年代・地域に特化しているのが特徴です。

キャリアコンサルトは業界全体の動向を把握している「業界出身者」であることが多く、より踏み込んだ専門的なアドバイスがもらえることもあります。小規模の特化型は取引企業とのパイプが太く、各企業の内部事情を熟知している傾向があります。

「外資系で働きたい」「フリーランスエンジニアとして活躍したい」「アパレルの知識を生かしたい」「管理職以上の求人に絞りたい」など、自分の方向性がはっきりしている人に向いているでしょう。総合型よりも、紹介できる案件数が少ないので、特定の業種に行きたいという人におすすめです。

(C)Shutterstock.com

転職エージェントの上手な使い方を紹介

転職エージェントの強みを生かし、有利に転職を進めるポイントを紹介します。優秀なエージェントとキャリアコンサルタントに出会えれば、理想以上のキャリアプランが描けるかもしれません。

複数のエージェントに登録する

転職エージェントを利用する最初のステップは、「登録」です。エージェントを一つだけに絞らず、最低でも2社以上に登録をしましょう。

複数のエージェントに登録する理由は、各社の「比較」ができるためです。また、そのエージェントだけが持つ「独占求人」や自分と相性の良い「キャリアコンサルト」にも巡り会える確率が高くなります。

自分に合ったコンサルタントを見つける

転職エージェントに登録した後は、登録者一人一人に選任のキャリアコンサルタントが付きます。業界に精通し、相手に合った適切なアドバイスをしてくれるかはもちろんですが、「自分と相性が良いかどうか」「誠実な対応をしてくれるか」も重要なポイントです。

面談では、自分の強みやスキルだけでなく、これまでの経歴などを包み隠さず話すことが重要。コンサルタントとの相性が良くなければ、弱みや不安を気軽に相談できる雰囲気は生まれません。

「ヒアリングを丁寧に行わない」「内定が出やすいブラック企業にねじ込もうとする」「レスポンスが遅い」「知識が浅い」というコンサルタントに当たったら、迷わず担当を変えてもらいましょう。

重視するポイントを決める

転職エージェントによって、得意な分野やサポート内容が異なります。

例えば、20代の若い世代が多く利用する転職エージェントは、面接や履歴書の添削に力を入れていますし、30代以上の利用者が多いところは、着実にキャリアを積み重ねていけるようにキャリアコンサルティングがしっかりしています。案件の多い大型のエージェントもあれば、案件は少ないが1人1人へのサポートが手厚いところもあります。

エージェントを決める前に、「自分が進みたい業界はどれか」「エージェントにどんなサポートを受けたいか」を明確にすることが大切です。重視するポイントがはっきりすると、自分にぴったりのエージェントが見つかりやすくなります。

(C)Shutterstock.com

おすすめの総合型転職エージェント

特定の業種や職種に特化せず、さまざまな求人を幅広く扱う総合型転職エージェントを紹介します。総合型と一口に言っても「女性の転職に有利」「求人数が多い」など、エージェントごとに特徴があります。

求人数の多い「マイナビエージェント」

「マイナビエージェント」は全国に法人営業所や支店を持つ大手転職エージェントの一つで、大手上場企業から運営して間もないベンチャー企業まで、多くの企業との間にパイプを築いています。

職務経歴書のブラッシュアップや模擬面接などの徹底したサポート体制が高く評価されており、新卒者やキャリアに自信のない第二新卒の転職者でも利用しやすいのが特徴です。

営業・IT・ウェブ・金融に強い傾向がある他、「マイナビ看護師」や「マイナビ薬剤師」など一部の職種に特化した人材紹介サービスも行っています。

転職エージェントのマイナビエージェント

サポートが手厚い「doda」

「doda(デューダ)」は、パーソルキャリアが運営する転職エージェントで、案件の多さと手厚いサポート体制が好評です。マイナビ同様、新卒者や第二新卒の転職者に人気があり、履歴書・職務経歴書の書き方や企業に合わせた面接のアドバイスを丁寧に行ってくれるのが特徴です。

キャリアアドバイザーは、業種や職種ごとに専門的な知識や情報を持っているため、気になることがあれば質問してみましょう。「未経験の業種にチャレンジしたい」という人の相談にも乗ってくれます。

転職はdoda(デューダ)公式 | dodaで転職活動を始めよう‎

女性活躍を推進する「パソナキャリア」

「パソナキャリア」は、25万人分の転職ノウハウと豊富な案件を持ち合わせた大手エージェントとして知られています。

パソナ全体が「女性の活躍推進」に重きを置いており、結婚・出産・育児・介護などライフイベントが多い女性に合わせたキャリアプランを提案してくれるのが特徴です。

キャリアアドバイザーと法人窓口のリクルーティングアドバイザーが連携し、一人一人の適正に合った求人をタイムリーに提供してくれるところや、サポートが手厚い点が高く評価されています。

【パソナキャリア】転職エージェントが支援する転職・求人情報

おすすめの特化型転職エージェントとは?

自分の方向性やスキルが明確な人は「特化型転職エージェント」に登録し、的を絞った転職活動を行いましょう。ハイキャリアを狙いたい30代以上におすすめです。

外資系に強い「JACリクルートメント」

一般的な総合型は、若手層やスタッフクラスの求人が多いですが「JACリクルートメント」は「管理職層」や「専門技術職」に特化しています。

キャリアコンサルタントは、これまでの経験を十分に生かしながら今後のキャリア形成に有利な提案をしてくれるため、他の転職エージェントでは満足できなかったハイキャリア組に高い評価を得ています。

グローバル転職支援のノウハウや実績も豊富で、外資系や海外進出企業への転職をしっかりとバックアックしてくれるのが強みでしょう。キャリアが熟成してきた30代以上の利用者が多く、案件の量よりも質を重視したい人に向いています。

JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)

管理職に転職するなら「ビズリーチ」

「ビズリーチ」は、管理職や経営者などを対象としたプロフェッショナル向けのヘッドハンティングサービスです。

一般的な転職エージェントと違い、登録後は優良企業やヘッドハンターから直接スカウトメールが届きます。興味がある求人があれば直接応募する流れなので、エージェントからの紹介や面談は基本的にはありません。

無料のスタンダードと、有料のプレミアムの二つのプランがあり、後者はスカウトに加え、秘匿性の高い求人に自分から応募することも可能です。

選ばれた人だけのハイクラス転職サイト【ビズリーチ】

女性専用「type女性の転職エージェント」

「type女性の転職エージェント」は、キャリアデザインセンターが運営する女性向けの転職エージェントです。

女性を積極的に採用する大手・優良企業の情報が満載で「家庭と仕事を両立させたい」「キャリアを積みたい」という20~30代の女性が多く活用しています。

職務経歴書添削やキャリアプランの作成の他に、「女性のための面接メイクアップ」など、他の転職エージェントにはないサポートを行っているのが特徴です。

女性ならではの転職の仕方を熟知した女性のキャリアカウンセラーが多く在籍し、特に、販売・接客業・事務に関しては、その道の出身者から詳しい情報やアドバイスがもらえます。

Type女性の転職エージェント

転職サイトやハローワークなどの公共職業安定所に比べ、転職エージェントは「案件の多さ」と「サポート体制」の充実度が違います。

(C)Shutterstock.com

転職の成功は、優良な転職エージェントと優秀なキャリアコンサルタントに合えるかどうかといっても過言ではありません。エージェントとの面談の際は、相手の言いなりにならず、自分の意見や希望をしっかりと伝えましょう。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事