お正月に行ってみよう!かわいい猫の絵馬がある「おめでたスポット」vol.1 【東京・豪徳寺】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEお出かけ

2019.12.29

お正月に行ってみよう!かわいい猫の絵馬がある「おめでたスポット」vol.1 【東京・豪徳寺】

2020年は子年だけど、猫の絵馬がアツい!ということで、かわいい猫の絵馬スポットをリサーチ。今回は、東京の豪徳寺の絵馬をご紹介します。

Tags:

福をもたらす招福猫児(まねきねこ)発祥の由緒あるお寺

福を招くと言われる、片手をあげた「招き猫」は東京世田谷区にある豪徳寺が発祥。江戸時代に、和尚が世話していた猫が道で手招きして当時の彦根藩主・井伊直孝を雷雨の難から守ったことからつながりができ、それ以来豪徳寺が井伊家の菩提寺になったそう。その猫が寺の繁栄のきっかけとなったことで、招福猫児として祀られている。桜田門外の変で暗殺された幕末の大老、井伊直弼もここに眠っている。

そんな豪徳寺で人気の絵馬がこちら!


▲招福観世音菩薩絵馬 ¥800

招き猫の上に観音さま…これは開運が期待できそう!見た目が華やかなのも、なんだか縁起がよさそうですね。こちらは戦後からずっと続くデザインで、最近は外国人観光客が買っていくことも多いそうです。このほか、その年の干支と招き猫が描かれた絵馬もあるとか。2020年は子年、ねずみと猫のコラボ絵馬、気になりますね。

「君の飼い主さんは優しそうだね!僕の飼い主にも見習ってほしいよ」(byぐ。)

…ぐっぴーは観音さまを招き猫くんの飼い主と勘違いしているようです。

【DATA】
豪徳寺

東京都世田谷区豪徳寺2-24-7

撮影/黒石あみ 構成/斉藤裕子

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事