Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEエンタメ

2020.03.04

宝塚歌劇団OG【沙央くらまさん】の不思議な引き寄せ力

前回ご登場いただいた美弥るりかさんからバトンを引き継いだのは、退団して約2年の今も幅広い活躍をされている沙央くらまさんです。

Tags:

「人とのつながりを大事にしたい」。一期一会を大切にすることで意外なご縁がつながっていく、沙央くらまさんの不思議な引き寄せ力

耽美なルックスと愛あふれる人柄で、退団後も大活躍を続ける美弥るりかさんからご紹介いただいたのは、専科で重要な役を担ってきた沙央くらまさん。

月組で同じ月日を過ごした美弥さんいわく、「コマさん(沙央さんの愛称)は2期上なのですが、いろんなところに連れて行っていただきました。沖縄や温泉に行ったり。お互いファッションが好きで。コマさんは美容にもすごく詳しいんですよ! 一緒にいて笑顔になれる、ハッピーオーラをまとった方で…、大好きです!」。

男役でありながらチャーミングな魅力を放ち、おしゃれさんとしても名高かったコマさん。今の思いを、たっぷりお届けします。

関連記事
▶︎耽美で中性的な唯一無二の存在【元月組男役・美弥るりか】さんが登場!「これからの人生、シャウトしていきたいです(笑)」

コマさん 沙央くらま

美弥さんが「大好き!」とおっしゃっていました。おふたりは本当に仲良しなんですね。

沙央さん(以下敬省略):行きましたね、沖縄旅行と温泉。美弥ちゃんと一緒だと必ず珍道中になるんですよ(笑)。趣味が合うし、お互いどんな人かわかっているので気楽なんです。彼女の方が年齢も学年も下ですが、尊敬する部分が多くて私が学ぶこともあるし、美弥ちゃんからいろいろ聞いてきてくれることもあるし。ふたりともファッションやメイクが好きで、「この人おしゃれだな」と惹かれ合ったんでしょうね。同じ組になってから一緒に買い物に行くようになって。いつか、ふたりで洋服を作りたいよねって言っています。夢ですけど(笑)。

タカラヅカ時代、コマさんのファッションは素敵と話題を集めていました。

沙央:19歳のときに、タカラヅカの先輩がルイ・ヴィトンのパーティに誘ってくださって。何もわからないし、すごい場所で人が多くて緊張するしどうしよう…と思って、ひとりでダーツをして遊んでいたときに、「下手くそだなー」と声をかけてくださったのが祐真朋樹さん(スタイリスト、ファッションエディター)だったんです。そこから仲良くさせていただいて、タカラヅカの舞台を観にきていただいたり。ちょどその頃祐真さんは『FASHION NEWS MENS』の編集長をされていて、雑誌ができるたびに私の自宅に送ってくださったり。「くらまはこんな着こなしに、こんなアクセントをつけたのが似合うんじゃない?」とか、祐真さんのアドバイスにとても影響を受けました。

コマさん 沙央くらま

コマさんのインスタを拝見していても、交友関係の広さに驚きます。

沙央:出会った人がいちばんキラキラ輝いている場に行くのが好きなんですよ。その人が、自分の本領を発揮している場所に行ったりして、どんどんご縁が深くなっている気がします。一期一会を大事にしたくて、「今度何かやりましょうね」と言ったまま何もできないのも歯がゆくて。

あと、私、引き寄せちゃうことも多いんです。「ばったり病」って呼んでいるんですけど。先日も舞台を観た帰りに真矢みきさんと歩いていたら、ちょうど祐真さんが近くにいらしてなぜか3人でお茶をして、その後真矢さんと祐真さんは別の場所でまたお会いしたそうで、そこでまたご縁がつながっていくという。周りからは「なんでそんなに知り合いなの?」と不思議らしく、しょっちゅう飲み歩いているみたいに思われることもあるのですが、「私はそういう星のもとに生まれたんだ」と開き直り、逆に紹介したりして縁を繋いでいます(笑)。

この投稿をInstagramで見る

沙央くらま(@kurama_sao)がシェアした投稿

両親が役者だったので家に役者仲間が集っていることが多く、人がたくさんいる環境に慣れていたから、人に対する興味も人一倍強いのかもしれません。(宝塚)音楽学校に入る前に通っていたのが明星学園という学校なのですが、同級生に土屋アンナがいたり、上級生に小栗 旬さんが在籍していたり、個性で自分をアピールしている人たちがいる所だったので、音楽学校に入ってからちょっと周りと感覚が違っていたのもあると思いますね。

1 2
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事