【子どもが寝ない!】意外な対処法を友利新さんが教えてくれました | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE子育て

2020.05.14

【子どもが寝ない!】意外な対処法を友利新さんが教えてくれました

「子育て中のストレス」で大きな割合を占めた「睡眠不足」。その対処法は?医師・友利新さんが意外な提案をしてくれました。

Tags:

子育て中、どんなことにストレスを感じる?

子育て中、ストレスを感じるような場面は多々あるもの。みなさんは、特にどんなときにイライラしたり、辛いと感じますか? 今回、【ワコール】が子育て中のストレスに関するアンケートを実施。多くの人が育児でストレスを感じる場面が明らかになりました。気になる結果をご紹介します。

子育て中のストレスの原因って?

Q1:子育て中にストレスを感じることはありますか?

(回答数:546)

はじめに子育て中にストレスを感じることはあるか聞いたところ、「はい」と答えた割合は9割以上。ほとんどの人がストレスを感じる場面があることがわかりました。

Q2:どんな時にストレスを感じますか?

ということで、子育て中のどんな場面でストレスを感じるのかについても聞いてみました。その結果もっとも多かったのは「自分の自由な時間が持てない」で、その割合は38.8%。常に何かやらなければならないことに追われていて、自分の好きに使える時間がないというのがストレスになっている人が多いことがわかります。そして2位、3位は「子どもが言うことを聞かない」(33.1%)、「寝不足・自分の睡眠時間が少ない」(31.5%) という結果に。自由な時間がない、寝る間もないなど、子育て中はとにかく時間がないということがストレスの1つの原因になっているよう。そして子育て中のストレスについて、

「忙しい夕方から寝かしつけまでの時間にわがままを言われたり、言うことを聞かなかったりするとイライラします」
「かなりの寝不足で身体も怠かったのに、赤ちゃんは抱っこしてないと泣き止まず、授乳中にうたた寝しそうになると真ん中の子に起こされる」
「実家が遠いこともあり、ワンオペで辛いこともあります」
「深夜になっても泣き続けて対処方法が分からず焦りました」

と、その状況が目に浮かぶようなコメントが。なかなか思い通りにならず、その上慢性的な寝不足……これはどんな人でもストレスを感じずにはいられないですよね。さらにワンオペですぐに頼れる人がいないとなると、もちろん自分の時間を取る余裕なんてなくなってしまうはず。

Q3:子どもの寝かしつけで苦労する(した)ことはありますか?

(回答:546)

ふたつめの質問でストレスを感じる理由として挙がっていた、寝不足問題。紹介したコメントからもわかるように、子どもがなかなか寝てくれないことがその一因となっているよう。そこで、子どもの寝かしつけで苦労する (した) ことがあるか聞いたところ、「はい」と答えた割合は8割以上に。大部分の人が子どもを寝かしつけるのに何らかの苦労をしているとわかりました。

Q4:乳幼児を子育てしているときの、ご自身の平均睡眠時間を教えてください。

(回答数:546)

次に乳幼児の子育て中の平均睡眠時間を聞いたところ、57%もの人が5時間以下の睡眠時間しか取れていないことが判明。昼間も夜間も子育てや家事、仕事、その他やらなければならない様々なことに追われ、睡眠はわずか数時間……これは体が持たない!子育て中の苦労の大きさがわかります。

Q5:子どもを寝かしつける際、工夫している(していた)ことはありますか?

(回答数:455)

そんな中、「寝たふりをする」(54.9%)、「胸をトントンする」(42.9%)など、みなさん子どもが寝るようになんとか工夫をしているよう。

ここで注目したいのが、「その他」を除くともっとも少ない「寝具やパジャマを変える」(5.1%) という回答。医師である友利新 (ともりあらた) 先生によると、子どもの寝るときの習慣にはパジャマ選びも重要になってくるのだそうです。

「寝る時は必ずパジャマやロンパースに着替えさせ、『これを着たら寝る』ということを習慣化させます。また、汗をかいたり、からだに熱がこもっていたりすると、2、3 時間で起きてしまったりするので、どんな肌着を着せるか、どういうパジャマを着せるかがとても重要です。パジャマ選びのコツは、なめらかな肌ざわりと、汗をすったあともからだが冷たくならないもの。締めつけが少なく、寝返りがうちやすいものを選ぶと良いですね。」(友利新先生)

子どもの寝心地アップに!おすすめアイテム

ということで、子どもの寝心地をよりよくするためにおすすめの肌着やパジャマを、【ワコール】の人気アイテムよりご紹介!

1:短肌着/コンビ肌着

綿100%でソフトな肌ざわりの肌着。「クリーンカットコットン」という特殊紡績を使用し、ふんわり感のあるやさしい着心地に。

2:短肌着 (シルク混)

シルク混綿フライス (綿70%、シルク30%) を使用した、肌あたりのいい着心地の肌着。深い打ち合わせタイプで、赤ちゃんの成長にあわせて調節できる。

3:女児ベビーパジャマ

花柄のデザインが可愛い、長袖・長ズボンがセットになったパジャマ。綿100%天竺素材。トップスとズボンをボタンで留められ、おなかがでにくいのがうれしいポイント。

4:男児ベビーパジャマ

半袖・半ズボンがセットになったデザインパジャマ。綿100%天竺素材。こちらもトップスとボトムをボタンで留められ、さらに左肩のホックにより着脱も簡単。

5:女児トップ・女児ショーツ/男児トップ・男児ショーツ

希少性の高いオーガニック超長綿を使用した、上質なインナー。やさしくなめらかな肌ざわりで、オールシーズン使えるのがうれしい。

6:女児パジャマ/男児パジャマ

綿100%、ソフトな風合いの二重ガーゼを使用したパジャマ。

子育て中に自分の時間を持ったり、睡眠時間を確保するのがどれだけ大変かということがよくわかるアンケート結果でした。そして、子どもの寝かしつけに苦労している人が多いということも…。子どもの寝つきをよくするためにパジャマや肌着を変えてみるというのは、意外と思いつかない方法だったのでは。子どもが寝ているときに着ているものを今一度チェックしてみてもいいかもしれません。

ワコール マタニティ 特設ページ
ワコール ベビー公式ホームーページ
ワコールキッズ 公式ホームーページ

トップ・アイキャッチ画像/(C)Shutterstock.com

画像ALT
友利新(ともりあらた)先生

医師(内科・皮膚科)。2016年第9回ベストマザー賞<経済部門>受賞。医師という立場から美容と健康を医療として追求し、美しく生きるための啓蒙活動を雑誌・TVで展開中。3児の母(5歳・3歳・5ヶ月)。美と健康に関する著書も多数。新刊「やめる美容」(光文社)を発売中。

【調査概要】
・「子育て中のストレスと睡眠」に関する調査
・2020年2月 インターネット調査
・ベビカム会員 627名対象

情報提供:ワコール

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事