机の数え方はどれが正解?脚の有無や使うシーンで判断 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE暮らし

2020.08.13

机の数え方はどれが正解?脚の有無や使うシーンで判断

机やテーブルを数えるとき「台」と「脚」のどちらを使うべきか迷った経験はありませんか?日本語には「助数詞」があり、対象の形状や用途に合わせた単位を使うのが通常です。机の助数詞は少なくとも3種類以上存在します。

Tags:

【目次】
机を数える単位って?
机の数え方は主に3種類
知っているとかっこいい数え方

机を数える単位って?

日本語では物を数えるときや数量を表すとき、対象に合わせた単位を使います。「1個」や「1つ」は使い勝手のよい単位ですが、単純に「1個、2個…」と数えるには違和感のある物もあります。机を数えるときはどんな単位を使うのでしょうか?

机 数え方

C)Shutterstock.com

助数詞とは

机を数える単位を知る前に、日本語の「助数詞」について理解を深めておきましょう。

助数詞とは「数量を表す語」に添えて、その物がどんな性質や形状の数量であるかを示すものです。ペンや傘などの細長い形状であれば「本」、皿や紙などの薄くて平たいものは「枚」、両足に履く靴や靴下は「足」といった具合です。

日本語の助数詞は500種類ほどあるといわれます。すべてを覚える必要はありませんが、日常でよく使う基本的な助数詞は覚えておきましょう。

椅子の数え方との違い

机と常にセットになる物といえば「椅子」です。机も椅子も「脚」が付いているため「助数詞は同じなのでは?」と思う人は多いでしょう。

実際のところ、机と椅子の数え方には共通点があります。たとえば、長い脚が付いたものは、机も椅子も「脚(きゃく)」という助数詞を使います。

ただ、机は椅子以上に種類が豊富です。用途や形によって使い分けるケースが多いことを覚えておきましょう。

机の数え方は主に3種類

日常的に使う机やテーブルには主に、「台(だい)」「脚(きゃく)」「卓(たく)」の3種類の助数詞が用いられます。使い分けに迷った場合は机の形状や用途をイメージするとわかりやすいです。

机 数え方

C)Shutterstock.com

事務机や学習机は「台」

会社などで使う「事務机」や子どもの「学習机」は「台(だい)」という助数詞を使います。

幕板で覆われているものや机下に収納棚や引出しが付いているものなどさまざまなタイプがありますが、これらはすべて1台、2台と数えるのが通常です。

本来、台には「物や食べ物を乗せる平たいもの」という意味があります。事務机や学習机に限らず、食べ物を乗せるテーブルやテレビを置く机にも台という助数詞が使われます。机の数え方では最もポピュラーな助数詞の一つです。

脚のある机は「脚」

細長い脚が天板を支えるタイプの机には「脚(きゃく)」を使います。代表的なのは、高さのある「ダイニングテーブル」や小物などを飾る「センターテーブル」、一本脚の「カフェテーブル」などです。

厳密にいえば、机だけでなく「ダイニングチェア」や「カメラの三脚」など、脚付きの家具・道具全般に使われる傾向があります。

台と脚の使い分けに迷ったら机の支柱を確認しましょう。学習机のように、脚であるかどうかが判別しにくいものについては台を使うのが無難です。

座卓やお店のテーブルに使われる「卓」

複数人で囲んで座るような机には「卓(たく)」を使うのが一般的です。

具体的には、和室において家族で食事をする際に使う「座卓(ざたく)」や「卓袱台(ちゃぶだい)」、複数でマージャンをするときの「麻雀卓(マージャンたく)」などです。

中華料理店や宴会場で使う大きな丸テーブルやターンテーブルにも卓が用いられます。机の形状にかかわらず、お店では注文や配膳のために机に番号を振る際「1卓、2卓…」と呼ぶことがほとんどです。

卓という助数詞には、家具としての意味だけでなく、食事やそこに集まる人々も含まれていると考えましょう。

商品には「点」が使われることも

インテリアショップの広告で「家具1点から配送」「残り1点」など、「点(てん)」という助数詞が使われているのを目にしたことはありませんか?

商品として机を数える場合は、主に点が使われます。これは、机やテーブルに限らず、家具全般に共通することです。

たとえば、机に椅子や収納ラックなどの「付属品」が付いている場合、机・椅子・収納ラックそれぞれを1点と数え、広告では「3点セット」と表記されます。

知っているとかっこいい数え方

普段の生活ではあまり使われませんが、「基(き)」や「前(ぜん)」など、覚えておくと便利な机の数え方を紹介します。とりわけ「基」という助数詞は、机以外にも多く用いられます。

机 数え方

C)Shutterstock.com

文化財など動かせない机は「基」

動かせない机は「基(き)」で数えるのが一般的です。物理的に移動が困難な「備え付けの机」はもちろん、文化財などに指定され、人が簡単に動かせないものも含まれます。

本来、基には「基礎や土台となるもの」という意味があり、そこから「動かせないもの全般を数える助数詞」として使われるようになりました。

机に限らず、公園のベンチ・エレベーター・鳥居・タワー・原子力発電所・風車・墓石・などはすべて基を使って数えます。

伝統的な数え方の「前」

和室などに置く小さな読み書き用の机や、読本を読む際に経文を載せる経机(きょうづくえ)には「前(ぜん)」という助数詞が使われます。畳に座った際に脇にかけ、体をもたれかける安楽用具「脇息(きょうそく)」の助数詞も前です。

現代ではあまり耳慣れませんが、古文書のなかにはたびたび登場するため、覚えておいて損はありません。対象が文化財などに指定されている場合は、前ではなく「基」が使われることがあります。

あわせて読みたい
▶︎「おに」のもとの言葉はなにか知ってる?【親子で楽しむ教養クイズ】
▶︎なんでも「本」と訳していない?旅行で役立つ英単語「BOOK」【デキる女の♡ひと言英会話】

写真/Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事