大人の引っ込み思案、治せますか?【働く女性の質問箱】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE自分磨き

2020.08.13

心療内科医が答える!「大人の引っ込み思案は治せますか?」【働く女性の質問箱】

人とフランクに話せない、緊張して引っ込み思案になってしまう…。ご相談の中でもとても多いこの問題、どう解決したらよいのでしょうか。心療内科医がお答えします。

Tags:

Q:大人なのに引っ込み思案です。どうしたら治せる?

答える人/田中茉里栄(心療内科医)

A:「挨拶プラスひとこと」から始めてみませんか

相手から話しかけてくれればもちろん答えることができるけれども、「自分から話題をふるのは苦手」「つい受け身になってしまう」という方は多いのではないでしょうか。私も昔はそんなひとりでした。

いきなり社交的になろうなどと目標を高くする必要はありません。まずは、どんなことでも構わないので「声を出す」ということを意識することから始めましょう。長い会話はちょっと難しそうと感じるのであれば、まずはひと言、挨拶だけでも「自分から行動する」ことを意識して生活してみましょう。挨拶ができたのであれば、次はそれにひと言プラスして話せるといいですね。どんなことでも大丈夫です。「今日は暑いですね」とか「月末だから忙しいですね」など当たり障りのないことでいいですし、相手を褒めるようなひと言が付け加えられたら、なおいいでしょう。ほめられて嫌な気分になる人はいませんからね、頑張って挑戦してみてくださいね。

また、自分から話題をつくれて話せそうな物を持って行くのもありですね。私は話題のお菓子や旅行のお土産などを時々差し入れとして持って行き、会話のきっかけにしています。

写真/Shutterstock.com

心療内科医

田中茉里栄(たなか まりえ)

日本精神神経学会正会員、日本医師会認定産業医
2016年信州大学医学部卒。都内大学病院勤務を経て、現在ゆうメンタルクリニック非常勤医師として0歳児を育てつつ勤務している。

●ご相談ごとは、domani2@shogakukan.co.jp までメールでどうぞ! 件名に「働く女性の質問箱」と書いてお送りください。すべてのご相談にお答えできるとは限りません。あらかじめご了承ください。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事