取材中のちえさんってどんな雰囲気!? イラストレーター春原弥生の取材日記【vol.11柚希礼音さん 】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEエンタメ

2020.08.25

取材中のちえさんってどんな雰囲気!? イラストレーター春原弥生の取材日記【vol.11柚希礼音さん 】

本連載では、毎回最後にイラストレーター春原弥生さんによる取材日記を大公開。ヴェールに包まれた元タカラジェンヌの素顔に迫ります♡

Tags:

関連記事
▶︎宝塚歌劇団出身として誇りを持って生きていきたい【柚希礼音さんスペシャルインタビュー】vol.1
▶︎少年の成長とともに大人たちの葛藤を感じる深いドラマ。ミュージカル「ビリー・エリオット」の見どころは? 【柚希礼音さんスペシャルインタビュー】vol.2
▶︎自粛中は何してた?マイブームは?元宝塚歌劇団トップスターの私生活【柚希礼音さんスペシャルインタビュー】vol.3
▶︎宝塚歌劇団 元星組トップスター・柚希礼音さんの愛用品を大公開!

全世界で80以上の演劇賞を獲得し、1,000万人以上の観客を魅了し続ける奇跡のミュージカル『ビリー・エリオット』がついに9月11日より上演!

ビリー・エリオット 柚希礼音

【STORY】
1984年の英国。炭鉱不況に喘ぐ北部の町イージントンでは、労働者たちの間で時のサッチャー政権に対する不満が高まり、不穏な空気が流れていた。数年前に母を亡くした少年・ビリーもまた、炭鉱で働く父と兄、祖母と先行きの見えない毎日を送っていた。が、偶然彼に可能性を見出したウィルキンソン先生の勧めにより、戸惑いながらも名門ロイヤル・バレエ・スクールの受験を目指して歩み始めるようになる。息子を強い男に育てたいと願っていた父や兄は強く反対したが、11歳の少年の姿は、いつしか周囲の人々の心に変化を与え…。

ミュージカル『ビリー・エリオット』2020版PV

Daiwa House presents ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』
日程:
≪オープニング公演≫2020年9月11日(金)~14日(月)
≪東京公演≫9月16日(水)~10月17日(土)
≪大阪公演≫10月30日(金)~11月14日(土)
場所:
≪オープニング公演≫≪東京公演≫TBS赤坂ACTシアター
≪大阪公演≫梅田芸術劇場メインホール

脚本・歌詞:リー・ホール
演出:スティーヴン・ダルドリー
音楽:エルトン・ジョン
主催:TBS ホリプロ 梅田芸術劇場 WOWOW MBS(大阪公演のみ)

ビリー(クワトロキャスト):川口 調、利田太一、中村海琉、渡部出日寿
お父さん(ダブルキャスト):益岡 徹、橋本さとし
ウィルキンソン先生(ダブルキャスト):柚希礼音、安蘭けい
おばあちゃん(ダブルキャスト):根岸季衣、阿知波悟美
トニー(ダブルキャスト):中河内雅貴、中井智彦
ジョージ:星 智也
オールダー・ビリー(ダブルキャスト):大貫勇輔、永野亮比己

チケット取り扱い:
≪オープニング公演≫≪東京公演≫
ホリプロチケットセンター 03-3490-4949(平日10時〜18時/土曜10時〜13時/日祝休)
≪大阪公演≫
梅田芸術劇場 06-6377-3800(10時〜18時)

イラスト/春原弥生

宝塚OG連載一覧はこちら

関連記事
▶︎宝塚歌劇団出身として誇りを持って生きていきたい【柚希礼音さんスペシャルインタビュー】vol.1
▶︎少年の成長とともに大人たちの葛藤を感じる深いドラマ。ミュージカル「ビリー・エリオット」の見どころは? 【柚希礼音さんスペシャルインタビュー】vol.2
▶︎自粛中は何してた?マイブームは?元宝塚歌劇団トップスターの私生活【柚希礼音さんスペシャルインタビュー】vol.3
▶︎宝塚歌劇団 元星組トップスター・柚希礼音さんの愛用品を大公開!

女優

柚希礼音

ゆずきれおん/6月11日生まれ・大阪府出身 85期生として宝塚歌劇団入団、男役として星組に配属。2009年『太王四神記ver.II』で星組トップスターに就任。2014年には日本武道館で『REON in BUDOKAN〜LEGEND〜』でコンサートを開催。2015年『黒豹の如く/Dear DIAMOND!!』にて宝塚歌劇団を退団。退団後も舞台を中心に活躍し、昨年上演されたミュージカル『FACTORY GIRLS〜私が描く物語〜』は第27回読売演劇大賞優秀作品賞を受賞。2021年1月より、主演を務めるミュージカル『イフ/ゼン』(シアタークリエほか)が公演予定。
▶︎公式HP
▶︎Instagram

イラストレーター

春原弥生

すのはらやよい/1980年生まれ、長野県出身。 薄毛の夫タカ氏と共に姉弟2人の子育て中。『かわいく、わかりやすく、庶民的』をモットーにコミックエッセイ、レポ、マンガなどを手掛ける。楽しくわかりやすい表現法に定評があり、活躍の場はエンタメから語学、ビジネス、実用までと幅広い。著書に『宝塚語辞典』『ふたりの薄毛物語』等、共著に『マンガでわかる! 1時間でハングルが読めるようになる本』などがある。Twitterアカウント▶︎@suno_yayoi

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事